基礎知識 投資信託

株と投資信託の違いをわかりやすく解説【おすすめは投資信託】

株と投資信託の違いについて、解説します。

これから、投資を始めようとしている方や迷っている方は、

「投資信託ってなんだ?怪しそう…」

と考えているかもしれませんね。

しかし、

  • 株と投資信託の違いを理解すること
  • 余裕資金で投資をすること【最重要】

で、ミスマッチなしに投資を始めることができます。

そして、当ブログでは3つの理由から投資信託をおすすめしています。

本記事を読んで、投資家デビューしようと思った方は、ぜひ始めてみましょう。

スポンサーリンク

株(株式投資)と投資信託とは、そもそも何か?

株と投資信託とは、そもそも何かについて解説します。

株(株式投資)とは?

株とは、投資家が株式会社に投資して、その配当を得る投資方法です。

下の図をご覧ください。

株式投資のイメージ
株式会社のイメージ

例えば、株式会社A社に、投資家が投資するものとします。

A社の業績が良くなるなどして、株価が上昇すれば、投資家の儲け。

反対に、A社の業績が悪くなるなど、株価が下落すれば、投資家は損します。

投資信託とは?

投資信託のイメージについて、下の図をご覧ください。

投資信託のイメージ

投資信託とは、投資家の代わりに「信託会社」という株式投資を行う会社が、株式会社に投資を行うことです。

株と違い、投資家が複数いること。矢印が一つ増えて、信託会社が登場していることに気づきましたでしょうか。

信託会社は、投資のイメージが一致している投資家の代表的な存在。

信託会社が投資家の代わりに、投資してあげるよ」という話です。

例えば、

  1. 投資家が信託会社に100億円預ける(信託する)
  2. 信託会社が預かった100億円を運用する
  3. 日経平均株価と連動するような運用を目指す
  4. 運用した結果を投資家に「分配金」として配当する

といったことが投資家と信託会社の間で行われます。

※「どうやって、日経平均株価と連動するような運用をするの?」と思った人は鋭いです。

それは、信託会社が「目論見書」といって、運用方針をレポート化しているので投資家が判断することになっています。

「その方針なら問題ないね」と、投資家が信託会社を信用して、代わりに株式会社に投資してもらうのです。

株と投資信託のざっくりとした違い

株と投資信託のざっくりとした違いについて、まとめます。

  • 株・・・投資家が株式会社に投資する
  • 投資信託・・・信託会社が投資家の代わりに株式会社に投資する

株と投資信託の資産運用上の違い

株と投資信託を、投資家が実際に資産運用するとなると、具体的にどのような違いがあるのかについて解説します。

<株と投資信託の資産運用上の違い>

項目株式投資投資信託
投資方法投資家⇒株式会社信託会社⇒株式会社
手数料取引手数料(売買時)購入/換金手数料、信託報酬
リスク倒産リスク繰上償還(運用中止)リスク
購入資金会社によって異なる100円から1円単位
受け取れるお金株価 × 保有株数 + 配当評価額 / 10000 × 保有口数 + 分配金
株主優待ありなし

※表は、スクロールできます。

上の図を見ていただくと、株と投資信託では6つの違いがあることがわかると思います。

  • 投資方法
  • 手数料
  • リスク
  • 購入資金
  • 利益の還元
  • 株主優待

それぞれ順番に説明しますね。

その1:投資方法

株と投資信託の最も大きな違いは、投資方法です。

  • 株・・・投資家が株式会社に投資する
  • 投資信託・・・信託会社が投資家の代わりに株式会社に投資する

という違いがあります。

その2:手数料

株と投資信託では、手数料の形態が異なります。

  • 株・・・取引手数料(買うときと、売るときそれぞれ)
    ⇒10万円につき、売買時に500円
  • 投資信託・・・購入/換金手数料、信託報酬
    ⇒商品によって異なる。無料の場合も多い。

株と投資信託でそれぞれ呼び方は違いますが、買うときと売るときで手数料がかかるのは共通です。

株と投資信託で異なるのは、投資信託の信託報酬。

投資信託は、投資家と株式会社の間に、信託会社がいるので、信託報酬という名の手数料が余分にかかるイメージです。

信託報酬については、別の記事でまとめています。もし、よかったら見てくださいね。

その3:リスク

■株と投資信託に共通するリスク

どちらも、元本割れのリスクがあります。

後述しますが、余裕資金で投資しましょう。

■株の場合のリスク

株には、株式会社の倒産リスクがあります。

倒産リスクのイメージ

言い換えると、株券が、ただの紙くず(0円)になるリスクです。

■投資信託の場合のリスク

繰上償還リスク

対して、投資信託には、繰上償還(くりあげしょうかん)というリスクがあります。

繰上償還は、信託会社が投資家から集めたお金の運用をやめてしまうことです。

投資家が、「この信託会社は信用ならん!」と言って大量に売却すれば、信託会社は運用に使えるお金がなくなるので、運用をやめてしまうということは起こり得ます。

が、倒産よりは可能性は低いです。

繰上償還りすくについては、別の記事でまとめています。もしよかったら見てくださいね。

その4:購入資金

■株の購入資金

株の購入資金は、投資する株式会社によって異なり、購入しなければならない最低の株数が決められています。

例えば、最低でも1,000株購入する決まりがあり、1株あたりの値段が100円である会社に投資すると、1,000株×100円=10万円が必要。

近年では「単元未満株」といって1株から購入できる制度もできましたが、手数料が割高なので、株を始めるなら通常通りのルールで買うほうが良いです。

■投資信託の場合

投資信託の場合は、100円から1円単位で購入できます。

1円単位で金額を指定できるので、細かい運用をするのに向いています。

<運用の例>

  • 1万円~3万円を毎月、積み立てて投資する
  • 10万円~100万円を一括で購入する

その5:受け取れるお金

■株の場合

受け取れるお金 = 株価 × 保有株数 + 配当

株価は、一株あたりの値段。保有株数は、何株持っているか?です。

一株あたりの値段に、保有株数をかけると、今すぐ売却したときに受け取れるお金が分かります。

配当とは、会社の決算月(ほとんど3月)に、株主に還元されるお金のことです。
(注1・2)

(注1)決算月の月末まで株を持っていることが条件。
(注2)株主優待のみ、配当のみ、両方ある場合があり、会社によって配当の形態は異なります。

■投資信託の場合

受け取れるお金 =(評価額 / 10000) × 保有口数 + 分配金

評価額とは、1万口あたりの値段で、価格変動のベースとなる金額です。

したがって、評価額を10,000で割って、保有口数をかけると、今すぐ売却したときに受け取れるお金が分かります。

分配金は、投資信託の決算日に還元されるお金ですが、複雑かつ、もらえるお金は少ないので本記事では説明を省略します。

(※分配金についての説明記事は作成中)

株と同様、分配金を受け取るには、決算日まで保有していることが条件です。

その6:株主優待

■株の場合

全てではありませんが、株には株主優待があります。

例えば、クオカードや自社製品などが、決算日などに株主に還元されます。

※株主優待は、改悪(悪い方向に変更)されること、廃止されることも多々あります。

■投資信託の場合

投資信託は、「信託会社が投資家の代わりに投資する」という形態上、投資家は株主優待を受けることができません。

※信託会社が代わりに、株主優待を受けますが、ネコババすることはありません。

きちんと、投資信託の価格に反映されます。

株と投資信託、必ず余裕資金の範囲内で【最重要】

元本割れリスク

株と投資信託、どちらも必ず余裕資金の範囲内で、投資するようにしてください。

株だから、投資信託だからリスクがないわけではなく、どちらにも、元本割れのリスクがあります。

「将来に向けて貯めていたお金を全部使う」といったことは、論外です。

投資した額が最悪ゼロになる可能性もある前提で、投資しましょう。

投資信託をおすすめする3つの理由

株と投資信託の違いをふまえると、投資信託の方がおすすめです。

投資信託がおすすめの理由は、3つあります。

投資信託がおすすめの理由
  • 購入資金が100円以上1円単位
  • 購入・換金手数料が無料のファンドも多い
  • 経済指標と連動するタイプのファンドであれば、リスクは最小限

購入資金が100円以上1円単位

購入資金が100円以上1円単位であることは、最大のメリットです。

株であれば、最低限購入する必要のある株数が、壁になる人も多いのではないでしょうか。

投資信託では、100円から始めることができ、1円単位で金額指定ができるので細かい運用が可能です。

※積立投資ではなく、10万・100万などを一括購入する場合は、このメリットは当てはまりません。

購入・換金手数料が無料のファンドも多い

株と投資信託の手数料について、おさらいします。

  • 株・・・取引手数料(買うとき・売るとき)
    ⇒10万円につき、売買時に500円
  • 投資信託・・・購入/換金手数料、信託報酬

一見すると、「投資信託は信託報酬が発生するので損」に見えるかもしれません。

しかし、投資信託は、優良なファンドであるほど、「購入/換金手数料」が無料であるものが多いです。

購入/換金手数料も支払うとなると、さすがに考え物ですが、信託報酬のみであれば大きなデメリットにはなりません。

※信託報酬は、年間0.1~1.0%程度、取られ続ける手数料です。
長期で運用する場合は、株よりも手数料の額は高いです。

経済指標と連動するタイプのファンドであれば、リスクは最小限

例えば日経平均株価など、経済指標と連動するタイプのファンドであれば、リスクは最小限に抑えることができます。

※「インデックスファンド」と言います。

インデックスファンドの値動きは、株式会社1社の値動きに比べると穏やかです。

日経平均株価が、0円になることや、下がるにしても限度がありますよね。

インデックスファンドの、経済指標と連動する方針そのものが、リスクを小さくしています。

補足:アクティブファンドには手を出すな

アクティブファンドとは、信託会社が儲かりそうな株式を予想して投資します。

インデックスファンドは、指標連動型なので、機械的な投資方法。

対して、アクティブファンドは信託会社の主観なので、人手が必要な上に不確実。

インデックスファンドの手数料(信託報酬)が、1%以下。対してアクティブファンドは1%以上です。

アクティブファンドは

  • 人が予想するので不確実
  • 手数料が高い

ので、手を出さない。

と、覚えておきましょう。

株と投資信託の違いのまとめ

株と投資信託の違いについて、まとめます。

<そもそも、株と投資信託とは?>

  • 株・・・投資家が株式会社に投資する
  • 投資信託・・・信託会社が投資家の代わりに株式会社に投資する

<資産運用していくうえでの違い>

項目株式投資投資信託
投資方法投資家⇒株式会社信託会社⇒株式会社
手数料取引手数料(売買時)購入/換金手数料、信託報酬
リスク倒産リスク繰上償還(運用中止)リスク
購入資金会社によって異なる100円から1円単位
受け取れるお金株価 × 保有株数 + 配当評価額 / 10000 × 保有口数 + 分配金
株主優待ありなし

管理人は、下記3つの理由から、始めるなら投資信託だと思っていまし、実際にインデックスファンド投資を始めました。

投資信託がおすすめの理由
  • 購入資金が100円以上1円単位
  • 購入・換金手数料が無料のファンドも多い
  • 経済指標と連動するタイプのファンドであれば、リスクは最小限

>>管理人がインデックスファンド投資を始めた話:「つみたてNISAでインデックスファンド投資を始めました

投資信託を始めようと思った方は、まだまだ覚えておきたいことはたくさんあります。

次に、ファンド(投資信託の商品)を選ぶポイントについての、記事も見てくださいね。

>>sbi証券の口座開設手順へ進む

コメント

タイトルとURLをコピーしました