投資信託

これから投資信託を始めようと考えている方向けに、知っておきたい基礎知識を説明しています。

>>「株と投資信託の違いをわかりやすく解説【おすすめは投資信託】

証券口座の開設(SBI証券)は、こちらから行ってください。

>>SBI証券でつみたてNISA口座の開設から取引までの7ステップ

管理人が投資しているファンドの解説

>>「ニッセイ外国株式インデックスファンドで、利回りなどのポイントをわかりやすく解説

基礎知識

NISAとつみたてNISAはどう違う?注意点もわかりやすく解説

NISAとつみたてNISAについて説明します。どちらも、運用期間中は発生した利益が非課税になる制度で、NISAの場合は5年で120万円ずつ。つみたてNISAの場合は、20年で40万円ずつです。注意点もおさえて正しい知識を身に付けましょう。
基礎知識

投資信託の選び方のポイント6つをわかりやすく解説【2020年版】

投資信託の選び方のポイントは、6つあるので、すべて満たす投資信託を選びましょう。1.商品の種類 2.どの業種が中心であるかを理解 3.リスクを理解 4.信託報酬などの手数料が0.3%以下 5.実績があるインデックスファンドであること 6.分配金の扱い方。
基礎知識

株と投資信託の違いをわかりやすく解説【おすすめは投資信託】

株と投資信託の違いを投資初心者向けに解説します。株と投資信託とは何か、どのような違いがあるか、資産運用する上で発生する違いについて解説します。株と投資信託の違いを踏まえると、おすすめは投資信託で、おすすの理由を3つ説明します。
商品の説明

ニッセイ日経225インデックスファンドで、利回りなどのポイントをわかりやすく解説

ニッセイ日経225インデックスファンドにおける利回りなどのポイントを解説します。業種、信託報酬、純資産総額、利回り平均、ファンドのリスクの5つを解説します。総合すると、ニッセイ日経225インデックスファンドは、優良ファンドと言えるでしょう。
基礎知識

投資信託の「信託報酬」とは?計算方法も含めて、徹底解説

投資信託の「信託報酬」とは、毎日引かれる管理費のことです。信託報酬の計算方法は、信託会社が投資信託の商品の純資産総額から、管理費として毎日徴収します。信託報酬は安いほどいいに決まっているので、1円でも安いファンドにしましょう。
商品の説明

ニッセイ外国株式インデックスファンドで、利回りなどのポイントをわかりやすく解説

ニッセイ外国株式インデックスファンドで、最低限押さえるべきポイントを解説します。投資銘柄、信託報酬、純資産総額、利回り平均、ファンドのリスクの5つについて解説します。総評すると、好況時にプラスの運用益が出せる可能性が高いファンドといえます。
基礎知識

投資信託の積立投資を20年間行った場合のシミュレーション結果

積立投資を20年間行った場合のシミュレーションを100回行った結果を記します。結果は、プラスになることの方が多かったですが、マイナスになることもありました。
基礎知識

投資信託には、繰上償還(くりあげしょうかん)というリスクがある

投資信託には、繰上償還(くりあげしょうかん)というリスクがあります。繰上償還とは、投資信託の運用が突然終了することです。人気のファンドであれば頻度は低いですが、投資信託には繰上償還リスクがあることを覚えておきましょう。
基礎知識

投資信託の下落局面でやってはいけない行動と適切な対処

投資信託の下落局面でやってはいけない行動は、大量買い、焦って売却することです。投資信託が下落したときの正しい考え方は、積立であれば継続する、通常の買付後であれば待つことです。景気は変動し続けるので、長い目で待ちましょう。
基礎知識

SBI証券でつみたてNISA口座の開設から取引までの7ステップ

SBI証券でつみたてNISA口座の開設から取引までの7ステップを解説します。マイナンバーと、顔写真付きの身分証明書を準備し、SBI証券でつみたてNISAを開始しましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました