ひよコラム 読書

「3年で本を100冊読む」という目標を立てて5冊を読み終えた【随時更新】

3年で100冊読む

と宣言してから、5冊を読み終えたので報告します。(2018年12月時点)

長編小説・実用書・ブログ本と、ジャンルは様々です。

管理人ひよこのプロフィール:「世界で一番スゴイひよこ」とか言っちゃう動物のプロフィール

目標は、途中でやめにしましたが、読んだ本の更新自体はしたいと思います。

スポンサーリンク

3年で100冊、何を読むのか

3年で100冊の本を読むという目標を立てました。

その理由としては、

  • 本を読んでいるうちに時間がつぶせる
  • 教養が身につく
  • 知らなかった言葉(ことわざ、慣用句)を覚えることができる
  • 国語の授業がなくなったから本を読む機会がない
  • それを思うとなんとなく小説を読みたくなってきた

といった感じです。

ちなみに100冊という数にした理由ですが、「とりあえずたくさん読む!でも冊数は仮でも決めておいた方がいいな」と思ったのでキリの良い100冊にしました。

当時のひよこに言ってやりたい。インプットばかりして、アウトプットしなかったら意味ないぞ。

100冊の内訳:小説60冊、その他40冊

「100冊」と決めたのはいいのですが、次に考えるべきは、ジャンルですね。

3年後に、目標冊数を半分にするかもしれないし、案外2年くらいで達成できたりするかもしれないです。

※やめたのは触れないで、、、

とりあえずは

  • 小説 60冊
  • その他 40冊

としておきます。

「3年で本を100冊読む」の途中経過

※2020/1/13現在、未読の3冊も読破のため文章変更

2020/1/13 現在、5冊読破したので、というわけで、5/100冊達成です。

読み終えた5冊について、簡単に紹介します。

1冊目:スマホを落としただけなのに【3作全部読んだよ】

スマホを落としただけなのに

北川景子さん主演の映画としても上映されました。

スマホの管理やセキュリティ意識一つで、「ここまで最悪の事態が起こりうるのか」と考えさせられます。

  • 主要人物の、麻美と富田が命の危険にさらされる
  • クレジットカードや各種アカウントの管理
  • 狡猾なサイバー犯罪の手口
  • ダークウェブ(ふつうにアクセスすることができないサイト)の闇

などなど見どころはたくさんあります。

ちなみに、1・2・3作すべて読みました。感想を書いた記事も、ぜひご覧ください!

2冊目:難しいことは、わかりませんがお金の増やし方を教えてください

難しいことは、わかりませんがお金の増やし方を教えてください

お金の運用の仕方についての本。

  • いくら貯金するべきか
  • 投資の考え方と投資するべき銘柄
  • あとは実行に移すだけ

となっています。

儲かる確率が低かったり、ただの博打のような投資をしないように、

  • 買ってはいけない金融商品とその理由
  • 購入ルート(主に手数料のお話です)

についても述べられているので、勉強になります。

実際に、この本に書いてある通りに、外国株式のインデックスファンドに投資しました!

(正直、日本は経済成長「し続ける」かが疑問だったので投資対象から外しました。)

なお、この本では投資の話だけでなく

  • 保険
  • ローン
  • マイホーム

といった、人生で高い買い物についての話もあるので、社会人になりたての人は読んだ方がいいと思いまいた。

3冊目:「みかづき」【長編小説】

みかづき

大島吾郎と、千秋の夫婦による塾経営の物語です。

成績至上主義の千秋と、ポテンシャルを引き出す吾郎の教育方針の対立や、塾経営が日常的に話題となる家族の行く末に注目です!

ただ、1章ごとのスパンがおおよそ10年なので時間経過が早いです。

吾郎と千秋の出会いから、二人が老夫婦になるまでの時間が短いため、頭の中を整理するのが大変でした。

4冊目:珈琲の大事典

珈琲の大辞典

よりおいしい珈琲を飲めるようになるのと、基本的な知識を求めて買いました。

この本に書いてある内容を参考に書いた記事は、有料級の情報です。(笑)

5冊目:SEO内部対策

SEO対策

ブログについて、勉強しました。(よくわからんかったですが・・・)

実行に移して、成果が出たら記事にしようと思います。

6~10冊目の紹介

ここからは、ダイジェストにします。

  • 「スマホを落としただけなのに」の2作目
  • 「スマホを落としただけなのに」の3作目
  • 白鯨(上・下、角川書庫)
  • 人間失格

「人間失格」の中盤の、ツネ子と、太宰のとった行動に震えました。

11~15冊の紹介

11~15冊目の紹介です。

  • 入社1年目の教科書
  • パラレルワールド・ラブストーリー
  • 音楽(三島由紀夫)
  • このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む転職の思考法
  • 星の王子様

星の王子様は、考えさせられます。大人として、きちんと生きないと。

暗夜行路は、一度読んだだけではよくわかりませんでした。いつかもう一度読みたい。

16~20冊目の紹介

  • 暗夜行路
  • また、同じ夢を見ていた
  • しょぼい起業で生きていく
  • 友情(武者小路実篤)
  • 入社1年目のお金の教科書

この辺で、「インプットのし過ぎ」(似たようなことが書かれている本が多い)ということに、気づいて読みまくるのをやめたんですよねぇ、、、。

しょぼい起業は、

  • 経費をかけすぎず
  • 一人または友人と

みたいな、文字通り「しょぼい企業」です。いつかやってみたい。

「3年で本を100冊読む」のまとめ

「3年で本を100冊読む」という目標をたてて、メインで

  • スマホを落としただけなのに
  • 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!
  • みかづき
  • 珈琲の大辞典
  • SEO内部対策

の5冊を紹介しました。

一番役に立つと感じたのは、2冊目の「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」です。

投資関連の本ではありますが

  • 保険
  • ローン
  • マイホーム

など、社会人であれば知っておきたいことが書かれており、投資しない人でも一読の価値があると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました