コーヒー 豆選び

ブレンドコーヒーとは?2つ以上の産地の豆を混ぜたもので味はいろいろ

どうも!ひよこSE(@PiyoOct)です。

ブレンドコーヒーって何?

簡単に言うと、「複数の産地の豆を混ぜたもの」です。

ブレンドコーヒーの反対となるのが、ストレートコーヒー。

  • 【ストレートコーヒー】1つの品種で作られたコーヒー
  • 【ブレンドコーヒー】2つ以上の産地を混ぜて作られたコーヒー

本記事では、ブレンドコーヒーとは何なのかということについて説明します。

スポンサーリンク

ブレンドコーヒーとは?2つ以上の産地の豆を混ぜたもの

ブレンドコーヒーとは、2つ以上の産地の豆を混ぜたものです。

その反対となるストレートコーヒーについて理解した方が早いです。

ストレートコーヒーは、1種類の豆のみ

ブレンドコーヒーの反対の「ストレートコーヒー」は、1種類の豆のみで作れらています。

コーヒー豆の代表な産地といえば、ブラジルグァテラマコロンビアなど。

ブラジルの豆であれば、「ブラジル100%」ですし、グァテラマの豆であれば、「グァテラマ100%」です。

ストレートコーヒーは基本的には、良質な豆100%です!

なので、値段的にはちょいと高めなのが難点。

コーヒーの酸味が少ない5品種を厳選【大人の味が味わえる】」や、「コーヒー豆の種類はアラビカ種とロブスタ種の2つ。おすすめは8品種」という記事で紹介しているコーヒー豆については、ストレートコーヒーで良質。

ぜひ飲んでみてください!

ブレンドコーヒーは、ストレートコーヒーの反対

ブレンドコーヒーは、ストレートコーヒーの反対です。

2つ以上の産地のコーヒー豆を混ぜています。

例えば、

  • ブラジル産:50%
  • グァテラマ産:30%
  • コロンビア産:20%

みたいに、配分を自分で決めてそれぞれの豆をミックスします。

ブレンドコーヒーは産地や品種ごとの特徴を活かしてブレンドする

どの豆をどれくらい混ぜるってどうやって決めてるの?

結論から言えば、コーヒー豆の特徴が活かせるように、その人が最もいいと思ったようにブレンドします。

基本的には、

  1. ベースとなるコーヒー豆を決める
  2. そこから、引き立てたい味を決める

イメージです。

ブレンドコーヒーの配合例

先ほどの、ブラジル産:50%・グァテラマ産:30%・コロンビア産:20%を例に説明します。

てきとうに書いたわけではないですよ~

ブラジルコーヒーは、酸味も苦みも弱めだけど、果物のような香りがするコーヒー豆。

グァテラマコーヒーは、酸味が弱めで、苦みがやや強い。チョコレートのような香りが特徴。

コロンビアコーヒーは、酸味味が弱めで、苦みがやや強い。ナッツのような香りが特徴。

ベースは、ブラジルコーヒー(クセが最もないから)。

ある程度、苦みを引き立てて、ナッツチョコの風味を出ししたいから、グァテラマを多めに配合。

【最終結果】

  • ブラジル産:50%
  • グァテラマ産:30%
  • コロンビア産:20%

みたいに、その人が演出したいコーヒーの味によって、ブレンドコーヒーの配合を変えます

それぞれのコーヒー豆の特徴を最大限に発揮できるように、ブレンドします!

産地ごとのコーヒー豆の特徴がわかれば、ブレンドコーヒーの味の見当もつく

それじゃあ、産地や品種ごとの特徴を覚えておけば、ブレンドコーヒーの味もわかるってこと?

その通りです。

コーヒー豆の産地は約60か国で、品種はほぼ無限にありますが、主要生産国のものだけを覚えておけば大体問題ナシです。

それぞれの特徴を、順番に覚えておけば、コーヒー通の仲間入り。

コーヒーの主要生産国はとにかくたくさんある!

コーヒーの主要生産国はとにかくたくさんあります!

そのうちの、メジャーなものをいくつか紹介します。

  • ブラジル(ブルボン)・・・酸味も苦みも弱い
  • コロンビア(スプレモ、エメラルドマウンテン)・・・酸味弱、苦み少し強め
  • グァテラマ(レインフォレスト)・・・酸味弱、苦み少し強め
  • エルサルバドル(パカラマ)・・・酸味中、苦み弱め
  • タンザニア(キリマンジャロ)・・・酸味強、苦み強
  • パナマ(ゲイシャ)・・・酸味強、苦み弱
  • ジャマイカ(ブルーマウンテン)・・・酸味少し強め、苦み弱
  • マンデリン(リントン)・・・酸味中、苦みやや強め
  • ペルー(ビクトル)・・・酸味弱、苦み強め

結構な数の産地を、別の記事で紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

※管理人の個人的な感想なので、何回か飲んでいるうちに書き換わる可能性大です。あくまでも参考にしてくださいね(´▽`*)

ブレンドコーヒーとは何かについてまとめ

ブレンドコーヒーとは何かについてまとめます。

  • ストレートコーヒー:1つの品種でつくられたコーヒー
  • ブレンドコーヒー:複数の種類の品種を混ぜて作られたコーヒー

ストレートコーヒーとは何かがわかれば、ブレンドコーヒーはその逆です。

ブレンドコーヒーの配合は、

  1. ベースとなるコーヒー豆を決める
  2. そこから、引き立てたい味を決める

ようにすればできます。

ベースは、ブラジルとなることが最も多いです。

▼それぞれの産地の特徴

  • ブラジル(ブルボン)・・・酸味も苦みも弱い
  • コロンビア(スプレモ、エメラルドマウンテン)・・・酸味弱、苦み少し強め
  • グァテラマ(レインフォレスト)・・・酸味弱、苦み少し強め
  • エルサルバドル(パカラマ)・・・酸味中、苦み弱め
  • タンザニア(キリマンジャロ)・・・酸味強、苦み強
  • パナマ(ゲイシャ)・・・酸味強、苦み弱
  • ジャマイカ(ブルーマウンテン)・・・酸味少し強め、苦み弱
  • マンデリン(リントン)・・・酸味中、苦みやや強め
  • ペルー(ビクトル)・・・酸味弱、苦み強め

ブレンドコーヒーを飲むときは、

どこの豆をブレンドしているんだろう?

みたいに考えると、コーヒー通の気分が味わえます。

いろんな種類のコーヒー豆を飲んでみましょう!

【次の記事】コーヒーは最高の趣味だ。極めれば極めるほど奥深く一生楽しめる趣味

コメント

タイトルとURLをコピーしました