アレンジ・豆知識 コーヒー

コーヒーはブラック派?砂糖・ミルク派?【おすすめはブラック】

普段飲むコーヒーは、ブラック派ですか?

それとも、砂糖派・ミルク派ですか?

管理人の個人的な見解となりますが断然、ブラック派です。

なぜ、砂糖・ミルクよりブラックの方がおすすめなのか、双方のメリット・デメリットを挙げながら理由について説明していきます。

スポンサーリンク

ブラックコーヒーのメリット

ブラックコーヒー

ブラックコーヒーのメリットは、次の2つです。

ブラックコーヒーのメリット2つ
  • コーヒー本来の酸味・苦み・コク・風味を味わえる
  • 「大人になったよ」気分が楽しめる

コーヒー本来の酸味・苦み・コク・風味を味わえる

ブラックコーヒー最大のメリットは、コーヒー本来の酸味・苦み・コク・風味を味わえることです。

コーヒー専門店や喫茶店は、カッピング評価(味の評価)といって、コーヒー豆の特徴が簡単に記されています。

<カッピング評価の例>

  • スッキリとした酸味
  • 柑橘系の酸味とほのかな甘み
  • チョコレートの風味
  • ワインのような後味
  • 花のような香り

※専門店ではもちろん、コーヒーにこだわっている喫茶店では記載されているはず。
⇒記載されていないということは、あまりコーヒーにはこだわっていないのかも。

ブラックコーヒーなら、実際に飲んで書いてある内容が本当か、自分で確かめることができます。

「『花のような香り』って書いてあるけど、わかりづらいな~」

とか、

「『ワインのような後味』ってあるけど、赤ワインかな?」

みたいな感想を持つと、コーヒー通への一歩を踏み出したことになりますね。笑

「大人になったよ」気分が楽しめる

「大人になったよ」気分が楽しめるのも、ブラックコーヒーのメリットです。

「気分?」と思った人もいるかもしれませんが、気分は大切です。

小さいころは苦くて、砂糖入れたり飲めなかったコーヒーが、大人になってブラックで口にできる。

なんとなく、うれしくなりますよね!!!

(表現力があれなので、わからなかったらすみません、、、。)

ブラックコーヒーのデメリット

ブラックコーヒーのデメリットは、1つです。

ブラックコーヒーのデメリット
  • 苦みが苦手な人は、コーヒーが嫌いになる

苦みが苦手な人は、コーヒーが嫌いになる

苦みが苦手な人は、コーヒーが嫌いになります。

当たり前ですが、無理してコーヒーをブラックで飲む必要はありません。

<砂糖・ミルクの方がむしろいい場合>

  • そもそもコーヒーをブラックで飲めない人
  • 苦みやエグみが強いコーヒーだった場合

上記2つの場合は、砂糖とミルクを入れてしまって問題ないと思います。

コーヒーに砂糖・ミルクを加えるメリット

コーヒーに砂糖・ミルクを加えるメリットは、2つです。

砂糖・ミルクを加えるメリット
  • 苦みが苦手な人でも、コーヒーを楽しめる
  • ブラックで一口飲んでからでも遅くない

苦いのが苦手な人でも、コーヒーを楽しめる

コーヒーに砂糖・ミルクを加える最大の利点は、苦いのが苦手な人でも、コーヒーを楽しめることではないでしょうか。

特に、本格的なコーヒーを初めて飲む人は、まずは砂糖・ミルクを加えてみるのもありだと思います。

「ブラックで、そのままの味を味わいたい」

と思うようになってからでも全然遅くないですし、むしろ砂糖・ミルクを加えた方がおいしいコーヒーもあります。

※例えば、モカや、キリマンジャロ。

さらに言えば、「コーヒー」には、10通りの楽しみ方があります。

無理せずに、自分のコーヒースタイルを確立しましょう。

ブラックで一口飲んでからでも遅くない

ブラックで一口飲んでから、砂糖・ミルクを加えても遅くありません。

  • 味に変化をつけたいとき
  • ブラックで飲んでみたけど、好みに合わないとき

は、砂糖・ミルクを入れると、最後まで無理なくコーヒーを楽しむことができます。

コーヒーに砂糖・ミルクを加えるデメリット

コーヒーに砂糖・ミルクを加えるデメリットは、1つです。

コーヒーに砂糖・ミルクを加えるデメリット
  • コーヒー本来の酸味・苦み・コク・風味が感じにくくなる

コーヒー本来の酸味・苦み・コク・風味が感じにくくなる

コーヒー本来の酸味・苦み・コク・風味が感じにくくなるのは、コーヒーに砂糖・ミルクを加える、唯一にして最大のデメリットです。

  • ミルクの風味とコーヒーの風味が混ざったり
  • 砂糖を入れて苦みが弱くなった分だけ、酸味が変に強くなったり

するのが、管理人は気に入らないですね。

まずは、本来の味わいで楽しみたいところです。

ブラックと、砂糖・ミルクを比較するとブラックがおすすめ

ブラックと、砂糖・ミルクを比較したとき、どちらにもメリットはあります。

しかし、砂糖やミルクを入れる最大のデメリットである

  • コーヒー本来の酸味・苦み・コク・風味が感じにくくなる

というのがあるので、管理人はブラック派をおすすめします。

苦いのが苦手でない限りは、少なくとも一口目は、ブラックをおすすめします。

まずは、ブラック。飲めそうになかったら、砂糖・ミルクを入れてもいいのですから。

コーヒーは、ブラック派か、砂糖・ミルク派かのまとめ

結論は、ブラック派。

本記事では、ブラックコーヒーや、砂糖・ミルクのメリット、デメリットについて説明しました。

まずは、ブラックコーヒーのメリット・デメリットです。

ブラックコーヒーのメリット2つ
  • コーヒー本来の酸味・苦み・コク・風味を味わえる
  • 「大人になったよ」気分が楽しめる
ブラックコーヒーのデメリット
  • 苦みが苦手な人は、コーヒーが嫌いになる

次に、砂糖・ミルクを加えるメリット・デメリットです。

砂糖・ミルクを加えるメリット2つ
  • 苦みが苦手な人でも、コーヒーを楽しめる
  • ブラックで一口飲んでからでも遅くない
コーヒーに砂糖・ミルクを加えるデメリット
  • コーヒー本来の酸味・苦み・コク・風味が感じにくくなる

砂糖・ミルクを加えると

  • コーヒー本来の酸味・苦み・コク・風味が感じにくくなる

というデメリットがあるので、苦いのが苦手でない限りは、少なくとも一口目はブラックで飲むのをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました