アレンジ・豆知識コーヒー

コーヒーはブラック派?砂糖・ミルク派?【ブラック一択】

普段飲むコーヒーは、ブラック派ですか?

それとも、砂糖派・ミルク派ですか?

ひよこSE(@PiyoOct)の個人的な見解となりますが断然、ブラック派です。

なんでなの?

シンプルに、コーヒーの特徴を存分に楽しめるから!

なぜ、砂糖・ミルクよりブラックの方がおすすめなのか、語っていきたいと思います!

スポンサーリンク

ブラックと、砂糖・ミルクを比べると、コーヒーはブラックがおすすめ

ブラックと、砂糖・ミルクを比較したとき、どちらにもメリットはあります。

砂糖・ミルクもおいしいじゃん

キリマンジャロのように、砂糖・ミルクを入れたほうがいい場合もありますね(´▽`*)。

※「カフェオレに合うコーヒー豆は?苦味が強めのキリマンジャロ」もみてね

しかし、ひよこSE的には、砂糖やミルクを入れるのは、

  • そのコーヒーが本来持つ、酸味・苦み・コク・風味が感じにくくなる

というデメリットが嫌。

よほど口に合わないコーヒーでない限りは、一口目はブラックです!

だから、少なくとも一口目は、ブラック。そこから、砂糖・ミルクで味を調整していくイメージです!

ブラックコーヒーのメリット

ブラックコーヒー

ブラックコーヒーのメリットは、次の2つです。

ブラックコーヒーのメリット2つ
  • コーヒー本来の酸味・苦み・コク・風味を味わえる
  • 「大人になったよ」気分が楽しめる

コーヒー本来の酸味・苦み・コク・風味を味わえる

ブラックコーヒー最大のメリットは、コーヒー本来の酸味・苦み・コク・風味を味わえることです。

コーヒー専門店や喫茶店では、カッピング評価(味の評価)といって、コーヒー豆の特徴が簡単に記されています。

カッピング評価の例

コーヒー豆の専門店ではもちろん。

コーヒーにこだわっている喫茶店では、ほぼ確実に書いてあるはず。

書かれていなかったら、あまりコーヒーにはこだわっていないのかも。

ブラックコーヒーなら、実際に飲んで書いてある内容が本当か、自分で確かめることができます。

「花のような香り」って書いてあるけど、わかりづらいな~

とか、

「ワインのような後味」ってあるけど、赤ワインかな?

みたいに考え出すと、コーヒー通への一歩を踏み出したことになりますね。笑

「大人になったよ」気分が楽しめる

「大人になったよ」気分が楽しめるのも、ブラックコーヒーのメリットです。

気分は大切です。

「気分ってなんだ?」と思った人もいるかもしれませんが、気持ちよく、優雅な気分でコーヒー豆を飲めるのは幸せなこと。

小さいころは苦くて、飲めなかったコーヒーが。

大人になってブラックで飲むことができる。

なんとなく、うれしくなりますよね!!!

(表現力があれなので、わからなかったらすみません・・・。)

【関連記事】優雅な休日におすすめなのはコーヒー。朝の一杯から最高の一日が始まる

ブラックコーヒーのデメリット

ブラックコーヒーのデメリットは、1つです。

ブラックコーヒーのデメリット
  • 苦みが苦手な人は、無理すると余計にコーヒーが嫌いになる

当たり前ですが、無理してコーヒーをブラックで飲む必要はありません。

インスタントコーヒーみたいに、苦みやエグみが強いコーヒーだったら。

なおのこと、無理する必要ないですね(´▽`*)。

インスタントは、むしろ入れたほうがいいかも・・・。

【さらっと、スーパーのおすすめのコーヒー豆】スーパーで買えるおすすめのコーヒー豆はただ一つ。小川珈琲のコーヒー豆

コーヒーに砂糖・ミルクを加えるメリット

コーヒーに砂糖・ミルクを加えるメリットは、2つです。

砂糖・ミルクを加えるメリット
  • 苦みが苦手な人でも、コーヒーを楽しめる
  • ブラックで一口飲んでからでも遅くない

苦いのが苦手な人でも、コーヒーを楽しめる

コーヒーに砂糖・ミルクを加える最大の利点は、苦いのが苦手な人でも、コーヒーを楽しめることです。

本格的なコーヒーがそもそも口に合うか不安な人は、まずは砂糖・ミルクを加えてみるのもあり。

ブラックで、そのままの味を味わいたい

と思うようになってからでも全然遅くないですし、むしろ砂糖・ミルクを加えると、アレンジができるのも面白いですよね!

ブラックは、あくまでそのうちの1つ!

ブラックで一口飲んでからでも遅くない

ブラックで一口飲んでから、砂糖・ミルクを加えても遅くありません。

  • 味に変化をつけたいとき
  • ブラックで飲んでみたけど、好みに合わないとき

は、砂糖・ミルクを入れると、最後まで無理なくコーヒーを楽しむことができます。

コーヒーに砂糖・ミルクを加えるデメリット

コーヒーに砂糖・ミルクを加えるデメリットは、1つです。

コーヒーに砂糖・ミルクを加えるデメリット
  • コーヒー本来の酸味・苦み・コク・風味が感じにくくなる

コーヒー本来の酸味・苦み・コク・風味が感じにくくなる

コーヒー本来の酸味・苦み・コク・風味が感じにくくなるのは、コーヒーに砂糖・ミルクを加える、唯一にして最大のデメリットです。

  • ミルクの風味とコーヒーの風味が混ざったり
  • 砂糖を入れて苦みが弱くなった分だけ、酸味が変に強くなったり

するのが、コーヒーの味に慣れてしまったひよこSEからしたら、気に入らないですね。

まずは、本来の味わいで楽しみたいところです。

コーヒーは、ブラック派か?砂糖・ミルク派か?についてまとめ

結論は、ブラック派。

本記事では、ブラックコーヒーや、砂糖・ミルクのメリット、デメリットについて説明しました。

ブラックコーヒーのメリット2つ
  • コーヒー本来の酸味・苦み・コク・風味を味わえる
  • 「大人になったよ」気分が楽しめる
ブラックコーヒーのデメリット
  • 苦みが苦手な人は、コーヒーが嫌いになる

次に、砂糖・ミルクを加えるメリット・デメリットです。

砂糖・ミルクを加えるメリット2つ
  • 苦みが苦手な人でも、コーヒーを楽しめる
  • ブラックで一口飲んでからでも遅くない
コーヒーに砂糖・ミルクを加えるデメリット
  • コーヒー本来の酸味・苦み・コク・風味が感じにくくなる

砂糖・ミルクを加えると

  • コーヒー本来の酸味・苦み・コク・風味が感じにくくなる

というデメリットがあるので、苦いのが苦手でない限りは、少なくとも一口目はブラックで飲むのが一番です。

スポンサーリンク

おすすめのコーヒー豆
コーヒー豆の産地
スポンサーリンク

▼この記事がいいと思ったら、下の画像をクリックしてくれたら励みになります!

にほんブログ村 グルメブログ ドリップコーヒーへ
スポンサーリンク
ひよこSEのつぶやきブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました