コーヒー 産地の紹介

グァテマラコーヒーの特徴は?ワインのような風味

グァテマラコーヒーってなんだか、響きがかっこいい!

どうも!噛まずに「グァテマラ」ということができないひよこSE(@PiyoOct)です(´▽`*)。

さて、グァテマラコーヒーは、「コクがしっかりしていて、ワインのような風味がする」のが特徴です。

口当たりは軽やかで優しく、それほどクセがない。ベリー系の後味がどっしり来る。

どっしりとした後味と、スイーツが大変によく合うので、スイーツのお供と一緒にグァテマラコーヒーを飲んでやってください。

スポンサーリンク

グァテマラコーヒーの特徴は、少し苦くワインのような風味

グァテマラコーヒーの特徴

グァテマラコーヒーの特徴について、簡単にまとめました。

  • 原産国:グァテマラ(首都:グァテマラ。メキシコのすぐ南)
  • コーヒーのランク:スペシャルティコーヒー
  • 口あたり:軽やか
  • 苦み:中間か、やや強め(3/5点)
  • 酸味:控えめ(2.0/5点)
  • 後味:しっかりしている。ベリー系のコク
  • 香り:ワインのようなのような香り
  • おすすめの焙煎度:中深煎り
  • おすすめの飲み方:ブラックか、微糖

酸味は控えめで、口当たりは軽やか。

口に含むと、ワインのような香りがスッと広まって、優雅な気分になれます。

しばらく余韻を楽しんでいると、ベリーのような、少し苦さを覚えるような後味がやってきます。

ワインの風味の後の、こってりした後味とのギャップがたまらない!

ちなみに、グァテマラといえば、コーヒー・バナナ・砂糖の生産量が多く、人口の約半数が農業従事者らしいです。

グァテマラコーヒーを淹れてみる

早速、グァテマラコーヒーを淹れてみます。

グァテマラコーヒーの外袋

あざやかな色をした粉です。

グァテマラコーヒーの抽出前

蒸らしの様子。よく膨らんでいますね。

グァテマラコーヒーの蒸らし

抽出完了です♪

グァテマラコーヒーの抽出後

グァテマラコーヒーのおすすめの飲み方は、ブラックか微糖

グァテマラコーヒーのおすすめの飲み方は、ブラックか微糖。今回はブラック飲みました。

グァテマラコーヒーの抽出後

一口目はそのまま飲んで、香りとほのかな苦みを、存分に楽しんでください。

よほどクセがあるコーヒーでなければ、一口目はブラック!

「後味が少し、くどいなぁ」と感じてきたら、お砂糖を入れて別の味を楽しむ。

多少酸味が出てくる可能性がありますが、元の酸味が弱いのでそれほど気にならないかと。

ブラック&微糖の楽しみ方で、あっという間に飲み終えていることでしょう。

グァテマラコーヒーによく合うスイーツは、ベリーチョコ

個人的にはブラックでも十分だとは思うのですが、グァテマラコーヒーに合いそうなのは、ベリーチョコだと思います。

単純に、ベリーonベリーで、味を楽しむ!

こってり系のコーヒーに対しては、しっかりと甘さのあるチョコレートで対抗、コーヒーの風味と合わせて楽しんでやりましょう!

グァテマラコーヒーの特徴についてまとめ

グァテマラコーヒーの特徴についてまとめます。

  • 口あたり:軽やか
  • 苦み:中間か、やや強め(3/5点)
  • 酸味:控えめ(2.0/5点)
  • 後味:しっかりしている。ベリー系のコク
  • 香り:ワインのようなのような香り

グァテマラコーヒーであれば、クセも少ないし、優雅なコーヒータイムをチョコレートとともに、楽しめること間違いなし。

迷った時の、甘々のスイーツのお供は、グァテマラコーヒーで決まりです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました