コーヒーハンドドリップ

自宅で簡単!アイスコーヒーの淹れ方とコツを紹介【すぐに氷で冷やす】

暑くなってきた。アイスコーヒー飲みたいなぁ・・・。

という人向けに、ハンドドリップでアイスコーヒーを淹れる方法とそのコツを説明します。

言葉だけで書くと、ざっくりとこんな感じ。

  • 焙煎度(ばいせんど)が高めのコーヒー豆を選んで
  • 豆の量の半分~6分目をハンドドリップで抽出(5杯分の豆なら2.5~3杯分)
  • 残りの半分を、すぐに氷を入れて冷やす

豆の量に対して、コーヒーを半分淹れたら、すぐに氷を入れて冷やしてあげましょう!

スポンサーリンク

アイスコーヒーのコツは、豆の半分の量を抽出してすぐに氷で急冷

豆の半分の量をまずは、ホットコーヒーを淹れるのと同じように、ふつうに抽出。

必要なもの
  • ハンドドリップの器具一式(ドリッパー・サーバー・フィルター)
  • アイスコーヒー用の豆(後で書きますが、焙煎度が高い豆)
  • 氷(スーパーで買える食用の氷)

【器具を持っていない人向け】ハンドドリップに必要な器具は全部で5つ。予算5,000円で購入可能

5杯分(50g)のアイスコーヒーを淹れるなら、半分の2.5~3のめもりにあわせて、普通にドリップします。

普段の半分から6分目

苦いのが好きな人なら、6分目のほうが良きです!

そしたら、すぐに氷(スーパーとかで買ったやつ)を直接入れて冷してあげます。

マドラーで氷を混ぜる

コンビニでコーヒーを飲む人なら、マドラーももらっておくと、こういうときに便利かと!

ぐるぐるとかき混ぜて、めもりが5の近くになっていれば、完成です。

氷で残り半分を入れる

氷の量はお好みで。面倒でなければ、アクを取ってあげるとさらによきです!

スポンサーリンク

アイスコーヒーは、焙煎度の高い豆にするべし

ところで、どんなコーヒー豆がアイス合うの?

焙煎度(ばいせんど)が高くて、カフェオレ・エスプレッソに向く豆です!

コーヒー豆の専門店に行くと「アイスブレンド」なるものが、たいていは売られているので、それでもいいのですが、いつも同じ豆だと飽きますよね(´▽`*)。

基本的に、アイスコーヒーは苦さが命なので、カフェオレやエスプレッソに向いて、酸味が少ない豆を選んであげるといいです。

ちなみに、「名古屋でコーヒー豆が安く買えるオススメの専門店は全部で3つ。」(ローカルネタすみません 汗)でも紹介してる、ゴールデンミルというお店なら、専門店ブレンドあたりがいけそうです。

ゴールデンミル以外なら、大阪と名古屋にあるハマヤコーヒーのヘイシャンブルーが高めだけど、最高においしいです(´▽`*)。

専門店ブレンドエキストラ

▼コーヒー豆の説明

専門店ブレンドエキストラの説明

カプチーノは、エスプレッソ用の豆に、ミルクを泡立ててあげる!(ホットコーヒーの飲み方の記事もみてね)

実際にアイスコーヒーを淹れてみる

実際にアイスコーヒーを5杯分(豆は50g)淹れてみます♪

基本的にはホットコーヒーと同じ

まずは、ホットコーヒーを淹れるのと同じように、粉をセット。

アイスコーヒーの豆の量

焙煎度が高い豆を選んでいるので、少し黒い感じです。

そして、蒸らしの様子です。

アイスコーヒーの蒸らし

アイスコーヒーに適している豆は、蒸らしが膨らみにくいことがありますが、気にしなくていいです!

そして、少しだけ勢いつけてお湯を入れる2投目。

アイスコーヒーの2投目

2投目を入れ終わるとこんな感じになります。

アイスコーヒーの3投目

この後は、1~2回に分けて、少しずつお湯を入れてください。

豆の量の半分~6分目で止める

それで、豆の量に対して半分~6分目に達したところで、お湯を入れるのをやめます。

普段の半分から6分目

そのあとは、スーパーとかであらかじめ氷を買っておいて。

スーパーの氷

アツアツのうちに、なるべく早く氷を入れてあげて、ぐるぐるとかき混ぜます。

マドラーで氷を混ぜる

今回は5杯分をの豆を使っているので、氷を入れて、5のめもりに達すれば完成です!

氷で残り半分を入れる

ふつうに飲んでもおいしいし、カフェオレにしてもおいしい

実際に飲むときは、氷なしでもありでもどちらでもいいです。

喫茶店で飲むときとおなじように、ガムシロップやミルクもお好みでどうぞ。

ふつうに飲んでもおいしいし。

アイスコーヒー

牛乳を入れて、カフェオレにしてもおいしいです。

アイスカフェラテ

冷蔵庫に入れて48時間以内に飲み切る!

さて、アイスコーヒー淹れるのがめんどくさいので、ふつうは3~5杯くらいまとめて淹れちゃいます。

余った分は、どうするの?

余った分は、空のペットボトルに移すなり。

コーヒーサーバーに入れたままでも、冷蔵庫で保存してあげれば2~3日は持ちます。

※3日目くらいから急にマズくなるので注意!できれば、48時間以内で飲み切ってください!

もう一度だけ繰り返しになりますが、アイスコーヒーの淹れ方のコツは

  • 焙煎度(ばいせんど)が高めのコーヒー豆を選んで
  • 豆の量の半分~6分目をふつうに抽出(5杯分の豆なら2.5~3杯分)
  • 残りの半分を、すぐに氷を入れて冷やす

がポイントです。

暑くなり始めたら、アイスコーヒーを淹れて乗り越えましょう!

((((((((((っ・ω・)っ ブーン

スポンサーリンク

▼この記事がいいと思ったら、下の画像をクリックしてくれたら励みになります!

にほんブログ村 グルメブログ ドリップコーヒーへ
スポンサーリンク
ひよこSEのつぶやきブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました