コーヒー 産地の紹介

ケニアコーヒーの特徴は?酸味控えめのビターな味わい

どうも!ひよこSE(@PiyoOct)です。

ケニアコーヒーの特徴は?

ケニアコーヒーは、キリマンジャロと味がよく似ていて、「苦みが比較的強く、ビターな味わい。キリマンジャロの酸味が2段階くらいマイルドになって、飲みやすい」という特徴があります。

今回飲んだのは、「ケニア マサイAA」という品種。それほどメジャーではないかもしれませんが、見かけたらぜひ買ってみてください。

スポンサーリンク

ケニアコーヒーの特徴

ケニアコーヒーの特徴

ケニアコーヒーの特徴は、下記のとおりです。

  • 原産国:ケニア(首都:ナイロビ)
  • コーヒーのランク:スペシャルティコーヒー
  • 口あたり:ビターな味わい。
  • 苦み:強め(4.5/5点)
  • 酸味:普通(3/5点)
  • 後味:やや苦めで、ほんのりと酸味がやってくる
  • 香り:ベリー系の香り・・・(?)
  • おすすめの焙煎度:中深煎りか、深煎り
  • おすすめの飲み方:ブラックか、カフェオレ

ケニアコーヒーの全体的な雰囲気としては、ビターな味わい。

キリマンジャロと比較して、酸味がマイルドになった分、苦味が際立ちます。

後味にほんのりと、ふわっと酸味を感じます。

苦味とマッチしていて最高!

香りは、ベリー系の香りと書いてありましたが、「言われてみればそうだね」というくらい。あまり、強くは感じませんでした。

ケニアってどんな国?

ケニアは、アフリカ大陸の東側にある国。

北にはモカイルガチェフェを生産するエチオピア、南にはキリマンジャロを生産するタンザニアがあります。

アフリカは、コーヒー生産国が多い!ケニアの「マサイ族」が、そのままコーヒーのブランド名に!

また、ケニアといえば、野生動物が多く生息するサファリが有名。

ライオン・ヒョウ・アフリカゾウ・サイを近くで見ることができるみたいです。

ケニアコーヒーを淹れてみる

早速、ケニアコーヒーを淹れてみます。

今回購入したのは、「ケニア マサイAA」という品種です。

ケニアコーヒー

大量に仕入れたらしく、よく行くゴールデン・ミルという名古屋市のお店で、200g972円(税込)という信じられない価格で売られていたので買いました。

ドリッパーにセットして、豆の様子を確認します。

ケニアの豆の様子

焙煎度は中煎り、8段階あるうちの5段階目くらい。中深煎りの色合いです。

ちょいとダークな色合いで、苦さのありそうな感じ。

抽出を開始。蒸らしの様子です。

ケニアコーヒーの蒸らし

豆のふくらみはそこそこ。焙煎するほど、ふくらみは弱くなりがちです。

ケニアコーヒーのおすすめの飲み方

ケニアコーヒーのおすすめの飲み方は、ブラックで飲むか、カフェオレで楽しむかです。

ビターではありますが、クセがあるわけでもなく、ブラックでも全然いける印象でした。

写真のように、栗きんとんと食べるのも最高です!

ケニアコーヒーを飲む

もし、ケニアコーヒーの苦味が苦手な人は、カフェオレに合う豆だと思うので、ぜひ試してみてください。

関連記事:カフェオレに合うコーヒー豆は?苦味が強めのキリマンジャロ

ケニアコーヒーについてまとめ

ケニアコーヒーの特徴についてまとめると、次のようになります。

  • 原産国:ケニア(首都:ナイロビ)
  • コーヒーのランク:スペシャルティコーヒー
  • 口あたり:ビターな味わい。
  • 苦み:強め(4.5/5点)
  • 酸味:普通(3/5点)
  • 後味:やや苦めで、ほんのりと酸味がやってくる
  • 香り:ベリー系の香り・・・(?)
  • おすすめの焙煎度:中深煎りか、深煎り
  • おすすめの飲み方:ブラックか、カフェオレ

ケニアコーヒーの特徴は、「苦みが比較的強く、ビターな味わい。キリマンジャロの酸味が2段階くらいマイルドになって、飲みやすい」というものです。

ビターといっても、いやな苦さではなくエグみはなし。

むしろ、コーヒーの苦味が好きで、ブラック派の方にはピッタシだと思います!

ブラック・カフェオレ・スイーツと一緒など、いろんな飲み方が合うコーヒーなので、一度飲んでみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました