コーヒー 産地の紹介

モカマタリコーヒーの特徴は?花のような香り

モカマタリコーヒーってどんな味がするの?

モカマタリコーヒーの特徴は、「花のような香り」がします。

産地は中東のイエメンで、中央の高原地帯で栽培されたもの。

口当たりは軽やかで、ほんのり苦い。どこか甘く、花のようなさわやかな香りと酸味する。ふわっとした余韻が続く香りに特化したコーヒーです。

スポンサーリンク

モカマタリコーヒーについて

モカマタリコーヒーの特徴

モカマタリコーヒーについて、産地等の情報をまとめます。

  • 原産国:イエメン(首都:サナア。中東でサウジアラビアの近く)
  • コーヒーのランク:スペシャルティコーヒー
  • 口あたり:軽やか
  • 苦み:中間くらい(2.5/5点)
  • 酸味:やや強い(3.5/5点)
  • 後味:ふわっとした余韻が続く
  • 香り:花のような、ほんのり甘い香り
  • おすすめの焙煎度:中煎り
  • おすすめの飲み方:ブラックか、はちみつを入れる

モカマタリの「モカ」とは、港の名前だそうです。

イエメンについて

イエメンについて簡単にどのような国であるか解説します。

イエメンは、中東のサウジアラビアの南に位置する国。

ザビードという都市の街並みは、世界遺産で有名です!

食べ物でいえば、サルタと呼ばれるシチューに似たものが主食。パンとともに食べるのがおいしそうです。

基本的には、イエメンは砂漠地帯が多いのですが、中央にはコーヒーの栽培に適している高原地帯(ハラズ、ハイマ、バニ・マタル)が広がっています。

モカコーヒーの種類は主に2つある

モカコーヒーには、「モカマタリ」以外にも、「モカイルガチェフェ」が有名です。

コーヒー豆屋さんで、「モカコーヒーをください」というと、

どちらの産地のモカでしょうか?

と聞かれる可能性が高いです。

モカマタリとモカイルガチェフェのちがいは産地

モカマタリとモカイルガチェフェのちがいって何?

「モカマタリ」と「モカイルガチェフェ」のコーヒーの味は大体同じ。ちがいは、産地です。

  • モカマタリ:イエメン産
  • モカ・イルガチェフェ:エチオピア産

同じ「モカ」でも、産地が違うのは割とめずらしいと思います!

どちらも飲んでみた感想としては、味はほとんど似ているように思えました。

やはり、「花のような香り」が特徴で、モカマタリのほうが、若干苦くコク深いように感じました。

モカマタリコーヒーのおすすめの飲み方は、はちみつを入れる

モカマタリコーヒーのおすすめの飲み方は、はちみつを入れて飲みます。

モカマタリとはちみつ

花のような香りとの相性が抜群!

ほんのり苦い味も打ち消してくれますし、まさに花の蜜(みつ)を味わっているような感覚が最高。

はちみつがなければ、砂糖でもいいと思います。

スイーツと一緒に食べるよりも、香りを楽しみつつ、味に変化をつける飲み方がおすすめです。

モカマタリコーヒーの特徴についてまとめ

モカマタリコーヒーの特徴についてまとめます。

  • 原産国:イエメン(首都:サナア。中東でサウジアラビアの近く)
  • コーヒーのランク:スペシャルティコーヒー
  • 口あたり:軽やか
  • 苦み:中間くらい(2.5/5点)
  • 酸味:やや強い(3.5/5点)
  • 後味:ふわっとした余韻が続く
  • 香り:花のような、ほんのり甘い香り
  • おすすめの焙煎度:中煎り
  • おすすめの飲み方:ブラックか、はちみつを入れる

特におすすめなのは、はちみつを入れること。

花の香りとの相性が抜群なので一度ためしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました