カフェや専門店コーヒー

コーヒーのサブスクPostCoffeeを飲んでみた【口コミ・評判】

※この記事は、POST COFFEE株式会社様より実際に商品提供を受けて作成している記事です。

サブスク(サブスクリプション)でコーヒーを楽しむ流れが、Amazonプライムなどや、時計などと同様に広まっています。実際に、TBSの「がっちりマンデー」で特集されました!

PostCoffeeもコーヒーのサブスクで、月に1回、150g(50g×3袋)の定期便が届く仕組み。

今回は、実際に飲んでみたので、その感想を書きたいと思います。

まずは、コーヒー診断で好みのコーヒー診断。タイプに合った産地のコーヒー届いてきます。

酸味のあるコーヒー・中間のコーヒー・少しだけコクのあるコーヒーの3つが届いてきて、バランスが取れていると思いました。

150gなので、コーヒー10~15杯ほど。毎日飲む人であれば、PostCoffeeで味変するのにちょうどいい感じです!

【コーヒーのサブスクを始める】PostCoffee

スポンサーリンク

PostCoffeeから届いてきたコーヒー3品種

PostCoffeeから届いてきたコーヒー3品種は、こんな感じ。

PostCoffeeの箱
  • パプアニューギニア・コルブラン
  • インド・チャンドラヒルズ
  • ヴァーヴコーヒーロースターズ

【その1】パプアニューギニア・コルブラン【バランスが一番取れてた】

まず1つ目が、パプアニューギニア・コルブラン。

postcoffee_パプアニューギニア_コルブラン

個人的には、一番味のバランスが取れていました。

マンゴーとりんごを混ぜたような味わい。

袋を開けたときに広まった、果物のような香りが印象的です。

【パプアニューギニア産のコーヒーの特徴】パプアニューギニア産コーヒーの特徴は?程よい苦味とマンゴーのような味わい

PostCoffeeさんのコーヒー全般に言えることですが、苦味はひかえめです。

【その2】インド・チャンドラヒルズ【ややコクあり】

2つ目は、インド・チャンドラヒルズ。

postcoffee_インド・チャンドラヒルズ

ベースの味わいはサッパリしていますが、後味(コク)がしっかりとした味わい。

苦さは、中くらい。クルミかどうかはわからないけど、落ち着いた感じがします。

今回届いた3つの品種で、いちばん喫茶店のブレンドコーヒーに近い(なじみのある味わい)と思います。

【その3】ヴァーヴコーヒーロースターズ【若干、酸味強め】

3つ目は、ヴァーヴコーヒーロースターズ。

postcoffee_ヴァーヴコーヒーロースターズ

どちらかと言えば、酸味は強め。書いてある通り、りんごのような甘さと酸味がありました。

ブラックで飲むのもいいけど、カフェオレにしたり(キリマンジャロの記事より)。

コーヒーサーバーでカフェオレにもできる

カフェモカにアレンジして楽しむとより一層、美味しくいただけます(東ティモールの記事より)。

東ティモールとカフェモカ
スポンサーリンク

PostCoffeeでサブスクを始めるメリット・デメリット

ひよこSEが感じた、PostCoffeeでサブスクを始めるメリット・デメリットを1つずつ書いていきます。

  • 【メリット】150gなので、普段飲むコーヒーの味変に使える
  • 【デメリット】通販なので、配送日時の指定ができない

【メリット】150gなので、普段飲むコーヒーの味変に使える

150g(50g×3袋)なので、毎日飲む人からしたら、量は少なめ。

ひよこSEは、1日2杯飲むので、単純計算で10g×2杯×30日=600g。

PostCoffeeは、ふだん飲んでいる(買っている)コーヒーの味変に使えると思いました。

【ひよこSEが普段飲んでいるコーヒー】名古屋でコーヒー豆が安く買えるおすすめの専門店は全部で3つ。ゴールデンミル・ハマヤ・やなか珈琲

150gで1,598円(税込)なので、値段もお手頃。

色んなコーヒーを楽しみたいと考えていたころだったので。

PostCoffeeさんのサブスクは、商品提供いただいたついでに、しばらく継続しようかなと考えています。

【コーヒーのサブスクを始める】PostCoffee

【デメリット】通販なので、届くまで待つ必要がある

個人的に不便に感じたのが、届くまで待つ必要があります(Amazonでいう「お急ぎ便」はあります)。

近所のコーヒー専門店に直接、買いに行くのであれば、その日にコーヒー豆を買えます。

サブスクの発送予定日(3~4日のスパン)があって、実際に発送されてから、1~2日くらいで届くイメージ。

通販全体に言えることではあるけれども、飲みたいときにすぐに飲めない点は、要注意です。

PostCoffeeのコーヒーを飲んでみた

というわけで、PostCoffeeのコーヒーを飲んでみました。

蒸らしの様子です(パプアニューギニア産)。

postcoffee_蒸らし

泡がプクプクっと立っていて、おいしそう。

3杯、抽出しました。

postcoffee_抽出

あとは、プレスバターサンドを友人からもらったタイミングだったので、一緒にいただきました。

postcoffeeとお菓子

パプアニューギニア産は、こってり系のコーヒーなので、ブラックで飲むもよし。

甘々のスイーツで、贅沢しちゃうもよしです!

PostCoffeeのサブスクの始め方

最後に、PostCoffeeのサブスクの始め方を簡単に書きます。

コーヒーを診断

「コーヒーを診断する」をタップします(画像は、スマホ)。

PostCoffeeのLP

色々と食べ物の好みを聞かれたりするので(確か4~5問)、答えます。

PostCoffeeの簡単な質問に回答

診断結果の画面から、そのまま購入へ

診断結果の画面が出たら、そのまま下にスクロールすれば、購入画面が現れます。

PostCoffeeの診断結果

豆の挽き具合を聞かれるので、そのとおりに。お砂糖などは、お好みで。

postcoffeeの豆の状態をえらぶ

決済が終わったら、後は待つのみ

コーヒー豆の診断が終わって、購入画面からは、よくある通販の決済です。

“Thank You!!”の画面が出たら、あとは届くのを待つのみです。

postcoffeeの購入完了

まとめ

PostCoffeeさんのコーヒーで、はじめに届いてきた豆は、苦さ控えめでした。

コーヒーの診断で、酸味ややありがピッタリと出たのは意外だったけど(*´ω`)。

PostCoffeeの診断結果

サブスクのお値段も150gで1,598円なので、普通くらい。

解約したいときは、いつでもゼロ円でやめることができます。

実際に届いたら、ブラックで飲んだりカフェラテにしてみてくださいね!

普段飲むコーヒーとは別の1杯として、ぜひぜひ。またね!

(((((((((((っ・ω・)っ ブーン 

【コーヒーのサブスクを始める】PostCoffee

スポンサーリンク

▼この記事がいいと思ったら、下の画像をクリックしてくれたら励みになります!

にほんブログ村 グルメブログ ドリップコーヒーへ
ひよこSEのつぶやきブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました