コーヒー ハンドドリップ

ハンドドリップを抽出するお湯の温度は80~90℃が最適。高すぎも低すぎもNG

ハンドドリップを淹れる際に重要なポイントとして、抽出するお湯の温度があります。

お湯を何℃にして抽出するのが、一番バランスの良い味になるかというと、80~90℃です。

  • お湯の温度が80℃以下だと酸味が強い
  • お湯の温度が低いほど、カフェイン少なめ
  • 50~60℃でカフェインレスコーヒーに
  • お湯の温度が90℃以上だと苦みが強い
  • 90℃以上の抽出はアイスコーヒー向き

本記事では、お湯の温度と、コーヒーの味について説明します。

スポンサーリンク

ハンドドリップを抽出するお湯の温度は80~90℃が最適

ハンドドリップを抽出するお湯の温度は、80~90℃が最適です。

下の図をご覧ください。

お湯の温度と苦味の関係
お湯の温度と苦味の関係

好みの温度は個人差がありますが、80~90℃台であれば、苦みと酸味の両方がバランスよく抽出できます。

高すぎても、低すぎても本来の味を楽しむことができません。

ホットコーヒーを飲む場合は、80~90℃のお湯で抽出して飲むのがオススメです。

ハンドドリップのお湯の抽出温度とコーヒーの味の関係

お湯の抽出温度とコーヒーの味の関係について説明します。

お湯の抽出温度とコーヒーの味の関係
  • 80℃より抽出温度が低いと酸味が増して、カフェインが少なめに
  • 90℃より抽出温度が高いと苦みが増して、アイスコーヒー向き

ポイントは、苦み成分のカフェイン

カフェインは、高温であるほど水に溶けやすい性質があります。

低温であればカフェインの量が少なくなり、コーヒー本来の酸味が強くなります。

高温であればあるほど、コーヒーがより濃く抽出されるうえに、カフェインによる苦味が増すのです。

80℃より抽出温度が低いと酸味が増して、カフェインが少なめに

80℃よりも抽出温度が低いと酸味が増します。

お湯の温度が低いと、それだけカフェインも溶けにくくなるので苦み成分が少なくなります。

コーヒー豆は、もともと「コーヒーチェリー」という赤い果物の実であり、酸味が強いみたいです。

下の写真が、コーヒーチェリーです。

コーヒーチェリー
コーヒーチェリー

カフェインの苦み成分が弱いほど、もとからある果実の酸味も際だつので、苦いコーヒーが苦手な人は、80℃よりも低い温度で抽出しましょう。

お湯の温度を50~60℃で抽出すればカフェインレスコーヒーに

なお、お湯の温度を50~60℃で抽出すると、酸味は強いですが、カフェインレスコーヒーができます。

カフェインが気になる方は、ぜひ50~60℃のお湯で抽出してください。

90℃より抽出温度が高いと苦みが増して、アイスコーヒー向き

コンビニコーヒーをよく飲まれる方は、買うと出てくるのが、アツアツで苦めだと思っている方も多いのではないでしょうか?

苦めのコーヒーが好きな人は、熱々のお湯で抽出しましょう。

90℃よりも高い温度でコーヒーを抽出すると、コーヒーそのものが濃く抽出されますし、より多くのカフェインが水に溶けて、苦味も強くなります。

なお、アイスコーヒーは独特の苦味を出すために、90℃の以上のお湯で抽出しています。

焙煎度(豆の焼き具合)が高い豆を使って、90℃のお湯で抽出したあとに、急冷することで、苦みをそのままに冷たく飲むことができます。

ハンドドリップの抽出に適したお湯の温度にする方法

80~90℃を毎回、はかるのは面倒

という人のために、おおむね80~90℃を作る方法があります。

  • (真冬の場合)ぬるま湯でドリップポットを温める
  • 沸騰したお湯をドリップポットに移して
  • そのまま1分待つ

※ぬるま湯は、真夏であれば不要です。ドリップポットをどの程度温めるかは好みに合わせて調整してくださいね。

たったこれだけです。

この方法なら簡単だし、管理人も面倒なので、特に確かめたりせずに抽出しています。

ハンドドリップの抽出に最適なお湯の温度についてまとめ

ハンドドリップコーヒーの抽出温度は、80~90℃のお湯がオススメです。

お湯の温度と、コーヒーの味の関係をまとめます。

  • お湯の温度が80℃以下だと酸味が強い
  • お湯の温度が低いほど、カフェイン少なめ
  • 50~60℃でカフェインレスコーヒーに
  • お湯の温度が90℃以上だと苦みが強い
  • 90℃以上の抽出はアイスコーヒー向き

80~90℃のお湯にする方法は、さほど難しくありません。

  • (真冬の場合)ぬるま湯でドリップポットを温める
  • 沸騰したお湯をドリップポットに移して
  • そのまま1分待つ

ホットコーヒーを自宅で淹れて飲む人の知識となれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました