コーヒー 産地の紹介

タイコーヒーの特徴は?お茶のような香りと和菓子の相性が抜群!

どうも!ひよこSE(@PiyoOct)です。

タイコーヒーの特徴は?

タイのコーヒーは、あまり見かけないですよね。

よく行くゴールデン・ミルという名古屋市のお店で売っていたので買いました。

タイコーヒーは、「お茶のような香り。苦味も酸味も控えめで飲みやすい」という特徴があります。

アラビカ種のコーヒー豆の産地」としては、それほど有名ではなく、「タイコーヒー」として売っているところはあまり見かけないですが、見かけたらぜひ買ってみてください。

スポンサーリンク

タイコーヒーの特徴

タイコーヒーの特徴

タイコーヒーの特徴は、下記のとおりです。

  • 原産国:タイ(首都:バンコク)
  • 栽培地区:ウサミ農園(1,500M)
  • コーヒーのランク:スペシャルティコーヒー
  • 口あたり:くせがなく優しい。スッと飲める。
  • 苦み:少なめ(2/5点)
  • 酸味:少なめ(2/5点)
  • 後味:ほんのりと苦い
  • 香り:お茶のような香り
  • おすすめの焙煎度:中煎りか、中深煎り
  • おすすめの飲み方:くせがないので、ブラックでいける。スイーツは和菓子。

タイコーヒーの全体的な雰囲気としては、かなりマイルドな印象。

とにかくクセがなく、ブラジルコーヒーに似た味わいです。

徐々にお茶のような香りが広まって、後味にほんのりとした苦みがするのが、タイコーヒーの特徴です。

緑茶でもない、麦茶でもない。ほうじ茶?

あいまいですが、茶葉のようなにおいを感じました。

お店の説明にあった、「スパイシーでしっかりとしたコク」らしき味は、よくわかりませんでした。

フレーバーティの雰囲気をそのまま、コーヒーに乗せたような味の印象のコーヒーです。

タイってどんな国?

タイは、東南アジアの中部にある国。近隣国は、ミャンマー・カンボジア・マレーシアです。

日産ホンダトヨタなどの自動車メーカーもタイに拠点を用意しており、輸出入・観光で日本とも関わりが深い国です。

観光で訪れたことがある人もいると思いますが、タイは仏教の国。

涅槃寺(ワット・ポー)みたいな寺院、エレファントレスキューパーク(象の保護を目的とした公園)といった娯楽施設が有名です。

いつか観光してみたいですね!

タイコーヒーを淹れてみる

早速、タイコーヒーを淹れてみます。

今回購入したのは、「タイ ドンチャン ウサミ農園」という品種です。

タイコーヒーの外袋

袋(今回は粉で購入)を開けてみたところです。

タイコーヒーの粉

焙煎度は中煎り、8段階あるうちのちょうど真ん中くらいの色合いです。

ドリッパーにセットします。

タイコーヒーの抽出前

こうしてみてみると、色が鮮やかで抽出後が楽しみ♪

抽出を開始。蒸らしの様子です。

タイコーヒーを蒸らす

豆がよ~く膨らんでいます。蒸らしとしては大成功!

今回は、3杯分のコーヒーを抽出しました。

タイコーヒーの抽出完了

タイコーヒーのおすすめの飲み方

タイコーヒーのおすすめの飲み方は、ブラックで飲むか、和菓子とセットです。

まずは、そのままの味を楽しむべく、ブラックで一口目は飲みます。

タイコーヒーの味の特徴は、「お茶のような香り。苦味も酸味も控えめで飲みやすい」というもの。

ブラックでも全然いける印象でした。

さて、スイーツと一緒に楽しむなら、お茶の香りの雰囲気にあわせて和菓子がピッタリ。

スーパーで半額で売っていた栗きんとん大福を買ってきて、一緒にいただきました。

タイコーヒーと栗きんとん大福

ちなみに、外は薄皮。中身はぎっしりの栗きんとん大福です(撮ろうとしたらつぶれてしまいました汗)。

栗きんとん大福の中身

タイコーヒーについてまとめ

タイコーヒーの特徴についてまとめると、次のようになります。

  • 原産国:タイ(首都:バンコク)
  • 栽培地区:ウサミ農園(1,500M)
  • コーヒーのランク:スペシャルティコーヒー
  • 口あたり:くせがなく優しい。スッと飲める。
  • 苦み:少なめ(2/5点)
  • 酸味:少なめ(2/5点)
  • 後味:ほんのりと苦い
  • 香り:お茶のような香り
  • おすすめの焙煎度:中煎りか、中深煎り
  • おすすめの飲み方:くせがないので、ブラックでいける。スイーツは和菓子。

タイコーヒーは、苦味や酸味、雑味がそれほど強くなく、そのままでも飲みやすいコーヒーです。

ひよこSEが購入したお店の説明にあった、「スパイシー」がどんな感じなのか、よくわからなかったのが心残りですが、お茶のような香りにあわせて和菓子で味わうのがよさげ。

タイでは「ロブスタ種」といって、他の豆とブレンドされるのが前提の、安い豆の生産が中心。

タイコーヒーとして売り出されているのは、お目にかかれる機会が少ないと思います。

和菓子と一緒にぜひ、一度を飲んでみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました