SEプログラミングスクール

プログラミングスクールは結局どこがいい?失敗しない選び方について解説

「手に職をつけよう」と思って、プログラミングスクールを探してみたものの

結局どこがいいのか、わからん!

と悩んでいる、IT業界への転職を考えている社会人向けに書きます。

選び方のポイントですが、ざっくりといえば

「需要のある言語が学べるスクール」

です。

そして、需要のあるプログラミング言語といえば、JavaとPython。

JavaとPythonのどちらを学ぶかを自分で決めることができるのと。

何よりも質問しやすいというメリットがある点で、まずはテックアカデミーから検討するのが吉です。

スポンサーリンク

プログラミングスクールの選び方のポイント

プログラミングスクールって結局どこがいいのか

プログラミングスクールの選び方のポイントを一言で言えば、「需要のある言語が学べるスクール」です。

なんで?

需要があるということは、それだけ求人(案件)も多いからです!

シンプルな話ですが、下の2つの場合。

  • 案件が1,000件あるプログラミング言語A
  • 案件が5,000件あるプログラミング言語B

のどちらを学ぶ方がいいか?といえば、案件が5,000件あるプログラミング言語Bを学ぶ方が有利です。

※一定以上のスキルと経験は、案件数に関係なく求められますが、その上で話をするのなら、やはり案件が多い方が有利です。

プログラミング言語の現状から言えばJavaとPython

ITのフリーランスサイト大手のレバテックフリーランスの案件を見てみると、下記の通りとなります。

フリーランスの言語別案件
  • Java:6,000件(最もメジャーな言語)
  • C#:1,700件(昔からある言語だけど、減少傾向かつ保守案件も多い)
  • Python:1,600件(トレンドで2020年より基本情報技術者試験の科目に)
  • Ruby:1,600件(もっと最近のトレンドで、これからどうなるかは不明)

という、プログラミング言語の現状から言えばJavaとPythonを学ぶべきです。

JavaScriptとPHPは単独というよりは、別の言語とセットで学ぶ

JavaScriptとPHPが4,000件以上あるけど、それはどうなの?

JavaScriptとPHPは少し特殊で、単独で勉強するというよりは、Java・Python・Rubyといった、メインの言語とセットで学ぶイメージです。

かなりざっくりと書くと

  • JavaとJavaScript
  • PythonとPHP

のように、「メイン言語(Java・Python・Ruby)+ HTML/JavaScript/PHP(サブ)」となるパターンが多いです。

つまりは、HTML/JavaScript/PHPだけで開発するのは、よっぽど小規模でない限りはレア。ひよこSEも、JavaScriptを書く機会があれば都度、勉強している感じです!

JavaとPythonならどちらがよい?

それじゃあ、JavaとPythonはどっちを学ぶべきなの?

結論から言えば、

  • 20代前半でWebエンジニアとして活躍するならPython
  • 30代前後で未経験の社会人の方が転職するならJava

です。

20代前半ならPython

ひよこSEが今の会社に入社する前は、Java学んどけばいいよ的な空気感があったのですが。

ここ数年で、Pythonの案件が徐々に増えている印象。

例えばYouTube APIと呼ばれるもので、YouTubeデータをPythonで取得する方法が紹介されてますね~。大量データの集計や加工が得意な言語で、これから主流になりそう!

20代前半であれば、Pythonを学ぶのがスタートを切りやすいです。

※余談ですが、20代後半になったひよこSEもJavaだけでなくPythonを勉強したほうがいいかもと最近思ってたりします(*´ω`)。

30代前後の社会人の方ならJava

30代だとPythonはダメなのか!

という声が聞こえてきそうですが。

新卒~3年目くらいの人と混じって、Pythonで開発をゴリゴリと進めていくのをイメージしてください。

そもそもですが、システム開発は一人で黙々と開発するというよりは、チーム戦

開発メンバーと「どんなプログラムにするのか?」を話し合いながら進めていきます。

「お互いに協力しながら開発する」ことを考えると、Javaのほうがまだまだ需要も多いし、年代も近いし、やりやすいのかなと思ったりします(汗)。

【おまけ】Rubyは今後伸びるかものイメージ

個人的な印象でしかないのですが、最近はRubyを推すスクールが増えてきた印象。

ひよこSEの知人のエンジニアは、Rubyの案件に参画していた時期があったみたいで。

チェリー本」と呼ばれるRubyの入門書を持ち歩いているのを見たことがあります。

ベンチャー寄りの企業に就職するのが目的ならRubyを学ぶのも選択肢の一つで、大手だとDMM WEBCAMPが有名です。

プログラミングスクールは結局どこがいいのか?

プログラミングスクールは結局どこがいいの?

一つだけ選べと言われたら、JavaとPythonが選べるのと、質問しやすい環境が整っているという点で、テックアカデミーです。

Javaの場合

Javaのスクールについて、「Javaが学べるオンラインのプログラミングスクール4選を社会人向けに紹介」でも書いていますが、テックアカデミーです。

Javaを学べるスクールは、ひよこSEが探した限りは下記の4つです。

テックアカデミーCodeCamp侍エンジニア塾ウズウズカレッジ
入会金0円33,000円98,000円0円
料金4週間 174,900円
8週間 229,900円
12週間 284,900円
2か月 165,000円
4か月 275,000円
4週間 58,000円
8週間 190,000円
330,000円
受講期間1か月~4か月2か月,4か月1か月, 2か月3か月
受講方法オンラインオンラインオンラインオンライン
無料体験の有無××
強み疑問点をチャットで
すぐに解決できる
最安値。
7時~23時まで
受講可能
教材は
オーダーメイド
(講師と一緒に選ぶ)
Java特化のスクール。
UZUZ就活チャンネル
を運営
  • テックアカデミーは、知名度もあるし、不明点をいつでも聞ける
  • CodeCampは、自主学習の側面の側面が強い分、値段が安いのが強み
  • 侍エンジニア塾は、何するかが説明のページを見てもよくわからない
  • ウズウズカレッジは、これからのスクールでとりあえず話を聞きに行く感じ

テックアカデミーなら一通りの基礎は学べるし、チャット(Slack)でいつでも質問できるので「エンジニア目線のスクール」の印象です。

Javaのスクールであれば、知名度という点でもテックアカデミーの無料体験は行くべきです。

Pythonの場合

Pythonでデータの解析をするカリキュラムが学べるスクールは、下記の3つです。

テックアカデミーCodeCampAidemy
入会金0円33,000円0円
料金4週間 174,900円
8週間 229,900円
12週間 284,900円
165,000円528,000円
受講期間1か月~4か月2か月3か月
受講方法オンラインオンラインオンライン
無料体験の有無×(カウンセリング無料)
強み疑問点をチャットで
すぐに解決できる
最安値。
7時~23時まで
受講可能
Pythonに特化。
受講後8日以内
の返金保証付き。

とすでに決めているのなら、24時間以内に質問の返信がくるチャット機能もあるので。

Pythonに特化したAidemyでみっちり鍛えてもらうのが良さげですが。

「なんかAIとか聞くし、Pythonかな~」くらいの感覚であれば、Aidemyは料金も高いというのもあって(汗)。

CodeCampのほうが値段が安くても、わからないところを気軽に聞きづらいという点で、テックアカデミーのほうがよいかと。

プログラミングスクールはカリキュラムを消化して終わりではない

プログラミングスクールはカリキュラムを消化して終わりではないです。

特に転職する場合には即戦力に近いものが求められるので、そこを忘れちゃダメです(-_-;)。

スクールの卒業後は、新人研修が終わった状態

スクールで面倒を見てくれるのは、手っ取り早く基礎を身に付けるところまで。

スクールと実務の差

「スクール卒業後」≒「新人研修を終えた状態」

なので、実用できるレベルにまで鍛え上げる必要があります。

卒業後も勉強し続ける

卒業後も勉強し続けて

  • 勉強会に参加して、スキルをさらに磨く
  • スクールのポートフォリオ(作品)でダメな点を振り返り改善する
  • ココナラやクラウドワークスの案件を見て求められるレベルを知る

くらいの心構えは必要です。

地道に積み重ねつつ、

「まだまだ未熟者ですが、●●という点があって、貴社に貢献できます。作品を自作したり、勉強会に参加するなどして、スクール卒業後もプログラミングを学び続けています」

みたいに転職の面接の場で言えたら、

ポテンシャルあるんじゃね?若いし、うまくやってくれそうだな

みたいに、興味を持つ企業も出てくるといったところです。

まとめ:スクールはJavaとPythonを学べるところから選ぶべし

プログラミングスクールって結局どこがいいの?というのをまとめると、「需要のある言語を学べるスクール」を選ぶべしという話をしました。

そして、現時点で言えば

Java・Python(これからはRubyも入るかも)

の2つが、案件が多いという点から需要のある言語と言えます。

そして、20代前半であれば、トレンドに乗ってPython。

Pythonは、基本情報技術者試験の選択科目に追加されたことから、露出が増える可能性大です。

30代前後であれば、安定感のある、Javaを勉強するのが現実的かと。

そして、知名度という点からも、テックアカデミーの無料体験で雰囲気を確かめてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました