SE 仕事内容とキャリア

SEとしてやっていくには「質問の仕方」をどんなスキルよりも先に身に付ける

システムエンジニアの方、特に新人の方は、仕事する上でわからないことだらけですよね。

例えば、

作ったソースをデプロイしといて

なんて、先輩に言われても、

デプロイ?ナニソレ???・・・

日本語しゃべれや( `ー´)ノ
↑自分が分かってないだけ…

ってなります。

※デプロイ = 作ったプログラムを、サーバーに配備すること。

結論です。新人システムエンジニアなら、時間を決めて作業してダメなら

わかりませーん(*´∀`*)

と素直に先輩に頼りましょう。(ただし、丸投げはダメ)

若手は必見!SEに必要なスキルは3つ。3年目のSEが経験をもとに解説」という記事でも解説しましたが、質問力はかなり大切です。まずは、これを身に付ける。

3年目以降のシステムエンジニアならググって(ネットで調べて)解決、同意を得る質問を心がけましょう。

スポンサーリンク

新人SEは、質問の仕方の4つのポイントを押さえる

新人のシステムエンジニアなら、調べてダメなら素直に先輩に質問しましょう。

  • 時間を決めて調べる
  • つまったところを押さえて先輩に聞く
  • 聞いた後にお礼を言う
  • なんで調べて解決できんかったかを後で考える(これ、割と重要)

この4つを押さえれば、OKです。

はっきり言って、まだ仕事に慣れきっていない状態でわからないところを、

1人でウンウン唸(うな)っている時間が超絶もったいない

です。

新人SEが一人で考え込んでも問題は解決しない。時間を決めて質問する

こんなオチになるのが見えてきます。

(新人:考えまくって半日とか使っちゃう)

色々考えてみたんですが、わかりませんでした(;´∀`)

なんでもっと早く聞いてくれんかったんや( `ー´)ノ

この後に、先輩が一瞬で解決すると、

「初めからSOSを出せばよかった(>_<)」

となるのが、オチです。

時間を決めて調べてわからないことは、素直に先輩に質問しましょう。

(2回目。こういう先輩、ウザイよね。笑)

新人のSEが先輩に質問する際は、つまったところを明確にする

わからない箇所は素直に質問しろと言いましたが、

丸投げは怒られます。

質問するにしても、「どこまで理解できていて、どこからが理解できないのか」ということは、なるべくはっきりさせましょう。

理由は簡単。

質問される側の立場に立てば、どこまでできてるか、わからないと答えようないです。

※明確にできない場合は、どのようにアプローチしたかを簡単に説明して「考えたけど何もわかりませんでした」と説明するしかないですが…。

質問したら、きちんとお礼を言う

○○がダメだったら、××でやってみようか!

わかりました。ありがとうございます。

意外と忘れがちなのが、あいさつ。

「ありがとうございます。」は必ず言いましょう。

SEに限った話ではありませんが、先輩の時間をとっているので当然です。

なんで調べて解決できんかったかを後で考える【重要】

なんで調べて解決できんかったかを後で考えましょう。

これを怠ると、成長できません。

例えば、

  • 先輩がネットを使っていたら「検索窓に何を打ち込んだか?」
  • どのように考えて、その結論に達したか?
  • 先輩が使っている参考書に書いてあることではないか?

などをかならずその場で確認しましょう。

「先輩がSQLの参考書を極めて実務でも応用できているから、SQLの質問に強い」のであれば、その参考書を買って自分もSQLに強くなればいいわけですからね。(´▽`*)

新人SEが、先輩に質問するときの質問の仕方の例

例えば、

「Tomcatのサーバーに、バッチファイルでwarファイルをデプロイしたいが、できない」

という場合を考えてみます。

<用語メモ>

  • Tomcat :Webサーバーで、Javaを動かすソフト。
  • バッチファイル:Windowsに実行させたい命令を記したもの。
  • warファイル:zip(圧縮)ファイルみたいなやつ。中身は、Javaのクラス。
  • デプロイ:作成したプログラムを、サーバーに配備すること。

さて、システムエンジニアの卵であるあなたは、Windowsバッチをなんとか作り終えました。

しかし、サーバーにwarファイルのデプロイが、なぜかできないと仮定します。

絶対にしてはいけない質問の仕方

絶対にしてはいけない質問の仕方は、

やってみたけど、できませんでした。

っていう聞き方。

聞かれた方からしてみれば

へ?何が?(´▽`*)

となります。

考えてみてください。

「やってみたけど、できなかった」のは

  • バッチファイルの構文に詰まっているのか?
  • デプロイができないのか?
  • はたまた別の何かで詰まっているのか?

どこがネックになっているか、まったくわからないから答えようないです。

答えやすい質問ができるようにしましょう。

正しい質問の仕方

正しい質問の仕方は、こんな感じ。

「デプロイができません。TOMCATは、デプロイするので停止しています。WARファイルをデプロイするパスも、間違ってないことを確かめたのですが、見ていただけないでしょうか?」

って言う感じですね。

質問から

  • とりあえず、構文エラーはなし。
  • TOMCATは停止させていた。
  • パス(ファイルのあるべき場所)は間違っていない。

という状況が分かるので、次に見るべき点が指示できます。

ちなみに、管理人だったら次に、「フォルダの権限見て(読み取り専用になっていないか)」って指示を出します

3年目以降のSEは、基本的には自己解決。それでも質問の仕方は重要

3年目以降のシステムエンジニアでも、質問の仕方は重要です。

勘違いしないでほしいのが、3年目以降となれば、調べて解決する(ググる)能力が極めて重要です。

※3年もすれば、簡単に聞くと、めちゃくちゃ怒られます。泣

3年目だろうが、わからないことだらけ。

いや、むしろ増えます。

システムエンジニアの卵から進化して、少し知識がついてくると、ネットで調べて出てきた内容が、自分に使えるかの判断ができるようになります。

自分でググって、自己解決が基本です。

ありがたいことに、ネットにはたくさんの知恵が転がっています。(いつも感謝です。)

ネットに頼りましょう。 笑

※新人のシステムエンジニアは、勝手な判断でネットを参考に成果物を作っちゃダメですよ。

3年目以降のSEは、同意を得る質問の仕方が重要

3年目以降のシステムエンジニアは、同意を得る質問が重要です。

2つのことを心がけると良いでしょう。

  • 参考にした内容が正しいといえる根拠をもつ
  • 先輩のフィードバック、同意を得る

これができれば、OKです。

参考にした内容が正しいといえる根拠をもつ

ネットに書いてあるソースや解決策は、記事なりを書いた人の環境でやった場合の話です。

自分の環境でそのまま使えないことの方が多いです。

必ず、

  • 応用すること
  • 正しいと言える根拠を持つ

ことを心がけましょう。

先輩のフィードバック、同意を得る

作業をするときは、先輩のフィードバック、同意を得ましょう。

※勝手な判断でやると、のちに大問題になりかねません。

<同意を得る質問>

「〇〇ということがしたくて、××という方法で解決しようと思いますが問題ないですか?」

といった質問の仕方がベターです。

きっと、年次が上の先輩から

  • 「どうしてそう思った?」
  • 「△△の方がいいんじゃない?」

という、フィードバックが得られるはずです。

フィードバックをもらうときに、「参考にした内容が正しいといえる根拠をもつ」ということが重要になるのは、なんとなく理解できますよね。

※これがないと、3年目以降は確実に怒られます。

まとめ:SEは質問の仕方をまず初めに覚えることが重要

システムエンジニアは質問の仕方が重要です。

特に新人なら、

  • 時間を決めて調べる
  • つまったところを押さえて先輩に聞く
  • 聞いた後にお礼を言う
  • なんで調べて解決できんかったかを後で考える(これ、割と重要)

ということを心がければ、たいていの場合はどうにかなります。

3年目以降になると、自分で調べて自己解決が基本になりますが、それでも同意を得る質問の仕方は身に着けてください。

他にも必要なスキルを別記事で書いてますが、とりあえず「質問の仕方」だけは、最重要なスキルなので、覚えておいてください。

仕事で、悩んでいる人の参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました