SE基本情報に出るIT用語

第一正規化とは?すべてのデータを同じ形に整えること

第一正規化っていうのが、データベースのところで出てきたけどよくわからん!

という人向けの記事です。

そもそも、正規化とは、「余分だったり、ダブってたり、回りくどい部分をなくすこと」です。

文字通りではありますが、第一正規化は、正規化の第一段階で、余分な部分をなくすのが目的。

わかりやすく言うと、「すべてのデータを同じ形に整えること」だと思ってください。

スポンサーリンク

第一正規化とは、すべてのデータを同じ形に整えること

第一正規化とは、すべてのデータを同じ形に整えることです。

なんで、同じ形に整えるかといえば、データベースにデータを入れるためですね(*´ω`)。

第一正規化とは同じ形に整形

データベースって何?

データベースって何?となっている人向けに簡単に説明します。

DB(データベース)とは?データを保存しておく入れ物や箱のこと」でも書いていますが、データベースとは「データを保存しておく入れ物や箱のこと」です。

データベースとはデータを入れる入れ物のこと

誰かの名前だったり性別だったり年齢のようなデータをポイっと投げて、保存。

その時の入れ物の役割をするのがデータベースです。

正規化とは?

正規化についても、いまいちピンとこない人がいると思います。

ざっくりと言ってしまえば、「余分だったり、ダブってたり、回りくどい部分をなくすこと」です。

試験的には「冗長性(じょうちょうせい)をなくす」みたいに言ったりします!

なぜ正規化をする必要があるのか?

なんでダブってたらダメなの?

「データを直したいと思ったときに不便だし、つじつまが合わなくなるから」です。

例えば、ある企業が、”ABC”という商品を販売してて、途中で”ABD”に変わったとします。

データベースというデータを入れる箱のあちこちに、”ABC”という名前が使われていたら、すべて”ABD”に直さないといけません。

商品名が変わるたびに、あちこち修正するのは面倒です。

不便だし、修正モレが発生すれば、つじつまが合わなくなります。

なので、ABCという名前をデータベースで管理するなら、なるべくダブりが発生しないように管理する必要があります。

第二正規化以降のポイントとなる話なので、いまは頭の片隅に!

第一正規化は、データベースに入るようにすべて同じ形に整形する

そして、第一正規化は、正規化の初歩的な段階です。

ちょっと混乱するかもしれませんが、第一正規化とは、データベースにデータが入るように、すべてのデータを同じ形に整えることです。

え?どういうこと?

データの項目の数は、同じである必要があります!

そもそもですが、データベースは、データの項目の数は先に決める必要があります。

例えば、「社員番号」と「氏名」と「部署コード」と「部署名」と「担当商品コード」と「担当商品」の6つを保存するとします。

これらを保存するための箱をデータベースに用意します。

Aさんはりんごとバナナ、Bさんはみかん、Cさんは桃とパイナップルが、それぞれの担当商品!

みたいに、「担当商品」が複数ある場合は、1つのデータとしたいところなのですが。

データの項目数は同じ

データの項目数は、同じでないといけないので、データベースでは上の図のようなデータは保存できません。

「担当商品」が複数ある、AさんとCさんについては、下の図のように。

データの整形

第一正規化では、データベースに入るように、別のデータとして切り分けて整形する必要があります。

スポンサーリンク

第一正規化というからには、第二・第三の正規化がある

第一正規化というからには、次の段階である、第二正規化と第三正規化があります。

  1. 第一正規化:同じ形に整えること
  2. 第二正規化:社員番号と社員名のような主キー関連のデータを整理
  3. 第三正規化:主キーでないデータに関連するものを整理する

試験では、第二と第三が圧倒的に出る!

まとめ

第一正規化とは、すべてのデータを同じ形に整えることです。

なんで、同じ形に整える必要があるのかといえば、データベースは、異なる形の(項目数がちがう)データを保存することができないからです。

そして、第一正規化の次に、第二・第三正規化があるんだな~くらいに思ってくださいまし(-_-;)。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

▼この記事がいいと思ったら、下の画像をクリックしてくれたら励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ
スポンサーリンク
ひよこSEのつぶやきブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました