SEプログラミングスクール

【文系大学生用】プログラミングスクールのおすすめは?言語とコスパ別に解説

プログラミングスクールってどこがおすすめなの?

大学3年生の文系、学習する時間が3か月くらいとれる人向けに紹介します。

まず、本題の前にひよこSE(@PiyoOct)より、おせっかいながら、1つ確認させてください。

【確認したいこと】志望する企業は、本当にプログラミングスキルを求めているか?

例えば、SIer(最大手だと、NTTデータとか)への入社、「SE職」への就職を考えている場合。

募集要項に「プログラミング必須」とない場合は研修後にみっちり教えてもらえます。

SIer志望なら、インターンに行ったり、自己PRや志望動機を作るのが最優先。

Web系のノっている企業(楽天やDeNa)だと、プログラミングが必須なことが多いイメージ。

なんなら、「ポートフォリオ(作品)提出」みたいなのがある可能性大です。

企業が求めるものは、しっかりと把握しておくこと!

新卒文系でwebエンジニアになるには?全5ステップを徹底解説」という記事でも書いていますが、どの言語を勉強すればよいかは、なりたいエンジニアの種類によって異なります。

  1. フロントエンド:Html・CSS・JavaScript
  2. バックエンド:Java/Python/Ruby
  3. アプリ開発:Java(アンドロイド)/Swift(iOS)

例えば、バックエンドのエンジニアになるのであれば、Java・Python・Rubyというプログラミング言語を勉強するのが第一にやること。

ひよこSE(@PiyoOct)は、SIerのJavaのエンジニアなので。

Javaと、今後も注目されそうなPython(2020年に基本情報技術者試験の言語に追加)の2つの言語に特化して説明すると、次の5つがおすすめです。

Javaが学べるプログラミングスクールは3つ

Javaが学べるプログラミングスクールは全部で3つです。

テックアカデミーCodeCampウズウズカレッジ
入会金0円33,000円0円
料金4週間 163,900円
8週間 196,900円
12週間 229,900円
2か月 165,000円
4か月 275,000円
198,000円
受講期間1か月~4か月2か月,4か月3か月
受講方法オンラインオンラインオンライン
無料体験の有無×
強み疑問点をチャットで
すぐに解決できる
最安値。
7時~23時まで
受講可能
Java特化のスクール。
UZUZ就活チャンネル
を運営

Javaが学べるオンラインのスクール4選を社会人向けに紹介」でも書いていますが、Javaを学べるプログラミングスクールはそれほど多くないです 汗。

Pythonが学べるプログラミングスクールは5つ

Pythonが学べるプログラミングスクールは全部で5つです。

テックアカデミーCodeCampAidemyAIジョブカレkredo
入会金0円33,000円0円0円0円
料金4週間 163,900円
8週間 196,900円
12週間 229,900円
165,000円528,000円機械学習:96,000円
ディープラーニング:118,400円
SQL:26,950円
4週間:313,000円
8週間:593,000円
受講期間1か月~4か月2か月3か月講座によるが2~5か月1~2か月
受講方法オンラインオンラインオンラインオンライン教室
(フィリピンのセブ島)
無料体験の有無×(カウンセリング無料)×(説明会は無料)×(説明会は無料)
強み疑問点をチャットで
すぐに解決できる
最安値。
7時~23時まで
受講可能
Pythonに特化。
受講後8日以内
の返金保証付き。
目的の講座のみを選択できる。
日程を自分で決められない代わり安め
レッスンは英語でセブ島。
語学留学の側面も強い。

結局どこがおすすめなの?と言われたらコスパ的にテックアカデミー

もし、ひよこSEが1つだけ選べと言われたら、テックアカデミー。

理由は、値段が8週間で196,900円と、わりと安めだし、わからないところはいつでもチャットで質問できるから。

ひよこSEが大学生なら、コスパ良さげだし無料体験あるので、テックアカデミーから検討します。

テックアカデミーの特徴

テックアカデミーは、オンラインプログラミングスクールの受講者数No.1。

オンラインなので、日本全国どこでも受講可能!

現役のプログラマーがメンターとして、マンツーマンでサポートしてくれて、無制限で質問や課題のレビューを受けることができます。

そして、オリジナルのWebサービス作成までサポートしてくれるのが強み!

テックアカデミーのカリキュラム

テックアカデミーでJavaを学ぶ場合「Javaコース」というカリキュラムを選択します。

・HTML/CSSの理解とコーディングスキル
・Git/GitHubを利用したソースコードのバージョン管理
・Javaの理解とプログラミングスキル
・Servlet/JSPを使ったWebアプリケーションの構築

テックアカデミーより引用

よくわかんない。

なんかもっともらしいこと言ってますが、要するに

「簡単な画面を作って、そっからJavaであれこれ処理する技術を学びましょう。ついでに、実際のプロジェクトっぽく、バージョン管理(バックアップみたいなやつ)をするよ」

ということです。

ひよこSEは、SIerの人間ですが、業務の内容そのまんまですね(´▽`*)。

テックアカデミーの料金

テックアカデミーの「Javaコース」の料金は、下記のとおりです。

  • 4週間コースの場合:学生:163,900円(税込)
  • 8週間コースの場合:学生:196,900円(税込)
  • 12週間コースの場合:学生:229,900円(税込)
  • 16週間コースの場合:学生:262,900円(税込)

4週間コース・8週間コース・12週間コース・16週間コースの4種類ありますが、カリキュラムの内容はどれも同じです。

8週間コースで基礎を身に付けて残り1か月で実力を磨く

どうすればいいの?

8週間コース!

もし、ひよこSEなら、冒頭でもチラッと言った通り

プログラミングスクールを検討している

プログラミングが求められる企業を志望している+作品提出が問われる状況

ということが言えるのと。

「学習する時間が3か月ある」と仮定すると、8週間プラン。

さっさと基礎を身に付けて、「こんなポートフォリオを作りました」と胸を張って言えるように。

スクール卒業後も作品(ポートフォリオ)を、残りの1か月で、自分だけのものに仕上げます

もし目指せるのであれば、コスパ的にも最短の4週間プランにしてほしいくらいですが。

まずは、無料体験で軽く感触を確かめてみてください。

一番コスパがいいプログラミングスクールは?

一番コスパがいいプログラミングスクールについて、言語別に解説します。

Javaの場合

Javaの場合、一番安いプログラミングスクールはテックアカデミーの4週間コースの163,900円です。

CodeCampは、165,000円に対して15%の割引があるので、165,000×0.85=140,250円。

入会金33,000円を足すと、173,250円です。

そして、ウズウズカレッジは198,000円。

社会人の方であれば、テックアカデミーの方が174,900円なのでCodeCampの方が安いですが。

この記事を読んでいるのは大学生だと思うので、テックアカデミーが最安値だし、コスパもよしです。

テックアカデミーの8週間コースの場合は196,900円なので、8週間なら173,250円のCodeCampが最安値。ただ、質問が何度でもできるメリットを考えると、コスパ的にはテックアカデミーです。

Pythonの場合

Pythonの場合は、AIジョブカレが最安値です。

ただ、習得できるスキル単位で講座が分かれていて、1講座だけ受けるならの話です。

機械学習(初級)もディープラーニング(中級)も学びたいとなると、214,400円。

それに、講座の日程はあらかじめ決められている点に注意です。

結果的には、テックアカデミーのほうがコスパ的にも値段的にも安く済む可能性大です。

無料のスクールは、転職したい人向けで大学生向けでない

無料のスクールもあるにはあります(Zスクールとか)。

ただ、ハッキリと言えばおすすめできないです。

無料のプログラミングスクールは怪しいの?おすすめしない3つの理由」でも書いていますが、「転職保証を前提としている」ので、そもそも大学生向けではないですね。

▼プログラミングスクールのビジネスモデル

無料スクールのビジネスモデル

もし、お金がないという理由なら気持ちはわかるけど・・・。

なんとか稼ぐしかないので、「プログラミングスクールに通うお金がない大学生はどうする?短期のバイトで稼ぎきる」も読んでくださいまし(-_-;)。

あと、無料で学びたいならpaizaのようなサービスもあるけど。

途中から有料になったりするので、結局一緒やんとなります 汗。

【番外編】テックキャンプはどうよ

サッカーの本田圭佑さんも利用したことがあり、そこそこ有名なプログラミングスクールのテックキャンプ。

▼本田圭佑さんが出ている動画

有名人を使ってイメージアップを図ってますね。

なぜか炎上しているイメージもあるので、番外編ということで軽く説明します。

テックキャンプの特徴

テックキャンプでは、テックアカデミーと同じく、現役のプログラマーがメンターとして。

マンツーマンでサポートしてくれて、無制限で質問や課題のレビューを受けることができます。

プログラミングスクールのレビューは無料

また、動画のオリジナルの教材が充実しているのも強み!

オンラインだとモチベーションがなぁ・・・

という人には、

  • 渋谷/大手町/新宿・池袋(東京)
  • 名古屋
  • 梅田

で学習できる、テックキャンプがおすすめです(もちろんオンラインも可能)。

テックキャンプのカリキュラム

大学生がテックキャンプのカリキュラムを受講する場合、「プログラミング教養」というカリキュラムを選択します。

「プログラミング教養」のコンテンツには、

  • Webサービス開発
  • AI(人工知能)入門
  • Webデザインサービス

がありますが、目的別に選ぶイメージ。

  • Python:Webデザインサービス+AI
  • Ruby:Webデザインサービス+AI
  • フロントエンド:Webデザインサービスのみ

テックキャンプの料金

テックキャンプの料金は、入会金+月額方式で、自主学習。

カリキュラムをすべて消化したら修了のサブスク型です。

  • 入会金:219,780円(税込)
  • 月額:21,780円(税込)

合計で60~180時間くらいかけて、しっかりと学習を行います。

カリキュラムを自主的に消化する仕組みなので、毎日2時間確保できるとして、90日程度。

テックキャンプは3か月

3か月でカリキュラム修了したとすると料金は、合計285,120円(税込)です。

【無料のカウンセリングを予約する】プログラミング教養

ゲッ!高いなぁ・・・。

7日間の全額返金保証はあるし、知名度はあるから、そこで判断ってところです。

【注意】プログラミングスクールの就職紹介はあてにするな!

さて、プログラミングスクールをどこにするかを決めたら、いよいよカリキュラムの申し込みです。

実際に、1~3か月かけてみっちりと、Javaの基礎を勉強すると思います。

雰囲気だけ書くと(内容は適当)

torokuEm entity = mapper.getTorokuEm(torokuYmd);
String XX = emtity.getXX();

みたいなコーディングは一瞬でできるようになるかと!

・・・が、一点だけおせっかいを言うと、プログラミングスクールの就職紹介はあてにしないでください

プログラミングスクールの就職紹介は玉石混交

なんであてにしちゃいけないの?

プログラミングスクールが紹介する企業は、玉石混交だから!

そもそも論ですが、現役SE目線からすると、「数か月プログラミングの基礎を学んで、すぐに業務に応用できるか?」と言われれば、疑問視せざるを得ないし、企業も同じように考えています。

ええっ?

ひよこSE自身、未経験から6か月間、会社の研修でプログラミングの基礎を学びました。そこから先輩に怒られながら、少しずつ業務で使える形になって・・・が普通です。

多少は、目玉求人はあるかもしれません。

が、「スクールの卒業生全員が一流といわれている企業に行けるか?」と言われれば、たぶん無理です。

下手したら、変な企業を紹介される可能性すらあります。

もし、「ぐるなび」や「クックパッド」みたいに超有名な企業だったり。

有名でなくても独自のサービスを持っている企業が紹介されたら喜んで就職しましょう(*´∀`*)。

プログラミングスクールに通う目的はコーディングの基礎を学ぶこと

じゃあ、プログラミングスクールに通う意味はないじゃん・・・。

意味はある!

プログラミングスクールに通うのは、「目的を達成する手段」です(一度言ってみたかった(´▽`*))。

できることと言えば、「コーディングの基礎を手っ取り早く学べること」。

手っ取り早く?

一流のWeb系企業では、ポートフォリオ(自分の作品)の提出が求められる!さっさと基礎を身に付けて、そこから磨きをかけるべし!

プログラミングは、「スクールで学んで終わり」ではありません( `ー´)ノ。

そこからさらに、ステップアップしていく気持ちを忘れちゃダメです!

それで、やっと業務に使えるレベルに。スタートラインに立てます

もし、

スクールの就職紹介に期待していたのに・・・。プログラミングだけなら、時間はとれるし、自分の力でやれる!

この記事を読んでそう思ったのであれば、UdemyというEラーニングのHTML/CSS/JavaScriptコースのような、Eラーニング講座のほうがむしろおすすめ。

もう一度だけ言いますが、プログラミングスクールのメリットは、「コーディングの基礎を手っ取り早く学べること」です。

作ったポートフォリオをブラッシュアップさせるのを忘れるな!

基礎を学んで終わりじゃないんだ…。

んじゃ、どうすればいいの?

ポートフォリオをブラッシュアップする!

プログラミングスクールの受講期間中に、発表ないし卒業のための成果物としてポートフォリオ(自分の作品)を作るようになっているはず。

逆に言えば、作らないカリキュラムのスクールは論外!

スクール卒業後は、作ったものの完全度をさらに高めていきましょう。

開発環境とか、そこら辺も自分で調べながらながら準備。

ある程度、完成度が高まったら、GitHubにソースコードを公開するとかして、誰かにレビュー(JavaならひよこSEでも・・・?(´▽`*))をお願いしてみましょう。

間違いなく、ズタボロですが、初めはそんなもんです(汗)。

何回も言うけど、基礎を身につけたところがスタートライン!

おすすめのプログラミングスクールについてまとめ

今回紹介した、プログラミングスクールについてまとめます。

最安値はCodeCampだけど、質問のしやすさを考えるとテックアカデミーのほうがおすすめ。

どちらのスクールもJavaもPythonも学べるので、ひよこSEならテックアカデミーCodeCampから検討します。

そして、何よりも重要なのが、プログラミングの基礎を学んだ後も勉強すること。

効率よく基礎を身に付けて、Webエンジニアへの一歩を踏み出せるよう、応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました