ひよコラム 社会人

手取り20万円の20代が100万円を貯金する方法は?支出を抑えるだけでいけるというシンプルなお話

どうも!ひよこSE(@PiyoOct)です。

100万円貯めたいけどどうすればいいの?

という20代の人向けの記事です。

  • 手取り18~20万円前後
  • 一人暮らしで、家賃が5~6万円

の人を想定しています。

結論から言えば、支出を減らしましょう!

え?ありきたりじゃん・・・。

と思った人もいるかもしれません。

・・・が、結局のところは、それしかないのです(´▽`*)。

やるっきゃありません!

ただ、さすがに「支出を減らしましょう!」だと乱暴すぎるので、本記事ではどうやって100万円貯金したらいいかを説明していきます。

スポンサーリンク

20代・手取り20万円で100万円貯金するには、支出を減らす一択

20代・手取り20万円で100万円貯金するには、「支出を減らす」以外の方法は、現実的にはないと思います。

支出を減らす

そもそも貯金を作るには収入を増やすか、支出を減らすかの二択

そもそも、どうやって貯金すればいいの?

と言われれば、答えはいたってシンプルです。

  1. 収入を増やす
  2. 支出を減らす

のどちらかしかありません。

手取り20万円、家賃5万円の場合の例

例えば、月の収支が

  • 【手取り】20万円
  • 【家賃】5万円
  • 【スマホ】1万円
  • 【光熱費】1万円
  • 【生活費・食費】4万円
  • 【遊ぶお金】3万円
  • 【雑費】1万円
  • 【予備(急な交通費など)】1万円

だとしたら、手元に残るお金は

20-(5+1+1+4+3+1+1)=4万円

です。

この、「4万円」を全額貯金するとして、このままだとすると年間で48万円

年間100万円にするべく、最低ラインの貯金額「8.4万円」にするには

  1. 手取りを24.4万円にする
  2. 支出を4.4万円減らす

必要があります。

収入をバグらせるか、支出をバグらせるかしかないです!

収入を増やすのは、わりと困難な人が多いはず・・・なので、支出

え?収入増やせばよくない?

と思った人。現実的に考えて、昇給のスピード、ゆっく~りですよね。

※逆にできる人は、どんどん収入を増やせばいいと思います(´▽`*)。

なんだかんだ、年功序列・終身雇用が中途半端な状態で生き残っているので、今いる会社で収入を「すぐに」・「劇的に」伸ばすのはハッキリ言って無理ゲーです。

副業も選択肢としてはありますが、「時間の切り売り」に近い部分があるのは否めないです。

だとすると、支出に注目するしかない!

スポンサーリンク

ひよこSEの場合は、実家暮らしなので支出の少なさがバグっている

そういう、ひよこSEさんはどうなんだよ!

ひよこSEの場合は、実家暮らしだから支出が超少ない!

ひよこSEの場合は、ハッキリ言って、チートレベル。

自分で言うのもアレですが、「100万円貯める」というフィールドにおいては、支出の少なさがいい意味でバグっています。

先ほどの「手取り20万円、家賃5万円」の例で言えば、

  • 【手取り】20万円(実際の額はナイショで。)
  • 【家賃】5万円2.5万円
  • 【スマホ】1万円
  • 【光熱費】1万円0.5万円
  • 【生活費・食費】4万円1万円
  • 【遊ぶお金】3万円1万円(あまり遊ばない)
  • 【雑費】1万円
  • 【予備(急な交通費など)】1万円
  • 【親への感謝】3万円

20-(2.5+1+0.5+1+1+1+3)=10万円

年間120万円くらいのペースでたまっていく計算。

この記事を書いているときで、社会人4年目なので・・・。

単純に、計算上の貯金くらいはあります!年収の倍くらい貯まったら出ていく予定!

貯金をする上で一番手っ取り早いのは、支出を減らすこと

それはせこい!貯まるとしても、実家暮らしなんて嫌だ!

っていう人もいると思うので、「一人暮らし」という縛りがある状態ならどうするか、ひよこSEから3つ提案します。

  1. 保険には入らない
  2. 家賃を安くする
  3. 思い切って地元周辺に行く

※ぶっちゃけ、「100万円貯金」するのが「目的」なら、社会人2~3年目くらいまでなら実家暮らしも作戦としてはアリだと思いますけどね(´▽`*)。

その1:保険には入らない

ぶっちゃけ、若いなら保険いらなくないですか??

ひよこSEからすれば、ムダ、ただひたすらムダの極みです!

若いうちに必要な保険は本当に少ない

保険

個人年金とか、普通に貯金したらいいじゃんと思っちゃいます。

自動車保険も、都心に住んでいる人はそもそも車を運転する機会が少ないと思うので、よくCMで見かける「走った分だけ」みたいなのには入っとけばOKです。

生命保険?若いんだから、共済でよくないですか?

本当に必要だと思う保険は、この3つだけだと個人的には思います。

  1. 自動車保険
  2. 火災保険
  3. おまけで共済

保険の見直し相談でなく、即座に解約!

かといって、

確かに!見直さないと!

みたいな感じで、「保●の窓口」とか、「保●見直し本舗」に相談しに行くと、安くするどころか余計な保険に入らされる可能性すらあります。

いいですか?やるべきは相談しに行くのではなく、解約です!

そんなことくらいは知ってるって?

でも、気を付けましょう(´▽`*)。

【関連記事】新社会人が気を付けることは全部で3つ。環境の変化に気を付ける

その2:家賃を安くする

これも、ありきたりだけど考えたいところです。

収入が多くても支出が多ければ意味ない!

  1. 手取り18万円で家賃3万円
  2. 手取り20万円で家賃6万円

どっちが貯金しやすいかは明白です。

どう考えても手取り18万円!

もう一度言います。

  1. 手取り18万円で家賃3万円
  2. 手取り20万円で家賃6万円

貯金しやすいのは、手取り18万円で家賃3万円のほうです。

収入が多くても、その分だけ支出が多ければ意味ありません(*´∀`*)。

支出の原因が家賃なら、安いところを探すべし

アパート

何が言いたいというと、

支出の原因が家賃なら、安いところを探すべしという話です。

さて、一人暮らしなら、昼飯をおごって友達に手伝ってもらえば、それほど手間かけずに引っ越しもできるはずです!

探せば、少し離れてるだけで安い物件があるなんてことは普通なので、スーモとか、アパマンショップなどで探してみてくださいね!

【物件を探す】敷金0礼金0のお部屋探し アパマンショップ

その3:思い切って地元や地方に行く

  1. 手取り18万円で家賃3万円
  2. 手取り20万円で家賃6万円

なら手取り18万円のほうが貯金しやすい。

結局、収入が多くても支出が多ければ意味なし

2回目になりますが、収入が多くても支出が多ければ意味ありません。

となれば、そもそも論として、東京などの都市圏で仕事をするなら徹底的に稼ぎに行かないと、あまり効率が良くないみたいな可能性はあります。

年収だけにとらわれるな

大切なのは、「年収のうちいくら使えるか?」

年収はあくまでも上っ面。それだけに囚われてたらダメです(*´∀`*)。

多少、年収が下がったとしても、トータルで得するなら、思い切って地元や地方に行きましょう。

生活は楽になる、貯金しやすいでいいことずくめ!

大都市に住むのにこだわりがなければ、少し都会から離れたところに引っ越すのもアリです。

20代で手取り20万円の一人暮らしが年間100万円貯金する方法のまとめ

20代で手取り20万円の一人暮らしが年間100万円貯金する方法は、とにかく支出を減らすことにこだわることです。

  1. 収入を増やす
  2. 支出を減らす

のどちらかの方法をとるしかない。すぐに収入が増えないとなれば、注目すべきは、支出です。

  1. 保険には入らない
  2. 家賃を安くする
  3. 思い切って地元周辺に行く

保険は即解約。家賃は、スーモなどで物件を探してみる。地元転職も検討する。

これらの方法で、支出を減らして100万円貯金するのが一番手っ取り早いというお話でした。

【次の記事】貯金には物価が上昇する「インフレリスク」があり、実生活に影響する

コメント

タイトルとURLをコピーしました