SE 仕事内容とキャリア

SEの仕事内容はどんな感じ?わかりやすく4つに分けて現役SEが説明

これからSEになろうとしている方や就活生の方は、

SEって何するの?仕事内容は?

って思ってますよね。

SEと一口に言っても、めっちゃ幅広いので下記のように4つに分類します。

  • 開発系・・・プログラムの設計や開発を行う(プログラミング必須)
  • インフラ系・・・開発や運用を行う環境をつくる
  • セールス・・・顧客との折衝を行う(プログラミング必須)
  • 社内SE・・・発注サイド

社内SEは発注サイド、インフラ系は環境構築がメインなので、プログラミング能力はあまり問われません。

開発系とセールスは、開発のメインなので、プログラミングは必要不可欠。

特にこだわりがないのであれば、開発の経験を積んだ後にセールス系のSEになって、お金を動かす仕事に携わるのが、一番多いですし重宝されます。

システム開発の全体的なイメージと、SEの仕事内容について説明するので、仕事選びの参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

SEの仕事内容について、わかりやすくイメージ化

SEの仕事内容について、図にすると下記の通りとなります。

この図のうち、どの部分を担当するかで仕事内容が決まります。

SEの仕事内容についてのイメージ

上の図を見ていただくと、一番左に「社内SE」というのがいます。

社内SEは、非IT企業にいるSEで、発注者側。プログラムを書く機会はほぼありません。

非IT企業の例:トヨタ・メガバンクなどの情報通信業(IT)がメインでない会社

「社内SE」の右に「セールスSE」・「インフラSE」・「開発SE」とありますが、これらは受注側、つまりは実際にシステムを開発を行います。

システム開発の流れをざっくりと書くと下記の通り。

  1. セールスSEが、開発の要件・見積りを行う
  2. 社内SEがOKしたら、セールスSEにシステムを発注する
  3. セールスSEがインフラSE・開発SEに依頼内容の展開
  4. インフラSEがネットワークなど開発の環境を準備する
  5. システムの開発を行う開発SEが実際に開発を行う

それぞれの、仕事内容について解説しますね。

開発SEの仕事内容は要件に沿ったシステムの開発

「システムエンジニア(SE)」で、最もイメージされやすいのが開発SE。

仕事内容は要件に沿ったシステムの開発をすることです。

セールスSEが、獲得してきた案件に沿って、実際に開発を進めます。

システム開発の工程
  • 要件定義
  • 基本設計
  • 詳細設計
  • プログラミング
  • 単体テスト
  • 結合テスト
  • 総合テスト
  • 運用・保守

これらはすべて、開発SEの領域です。

当然ながら、設計・プログラミングがメインなのでまずはここを鍛えます。

プログラミングのスキルは求められるのですが、説明力・スケジュール管理能力・質問力といった能力も重要。

この話については、別の記事でまとめているので、読んでみてください。

関連記事>>若手は必見!SEに必要なスキルは3つ。3年目のSEが経験をもとに解説

将来的には、全体のスケジュールを管理するマネージャー、顧客と折衝をするセールスSE寄りのスキルが求められるのは覚えておいてください。

基本的なキャリアパスは、開発プロジェクトのまとめ役(プロジェクトマネージャー)か、セールスSEがメインだよ!

インフラSEの仕事内容はシステム開発や運用を行う環境の構築

インフラSEの仕事内容は、システム開発や運用を行う環境の構築です。

そもそも、システム開発を行う(プログラムを書いて動作させる)には、それ専用の環境が必要になります。

「それ専用の環境」とは、主に2つ。

  • 実際に顧客先でシステムが動作する環境(本番環境)
  • 本番環境を再現した自前の環境(開発環境)

本番環境・開発環境をつくるのがインフラSEの仕事。

例えば、次のようなことを考えます。

システムを動かすためのPCのスペックはどうしたらいいだろう。

導入にいくらかかるのだろう?

開発に使うツールのライセンスを管理するよ。

システム開発をしたり、完成したものを運用する環境づくりがメインの仕事だと思ってくださいね。

インフラSEは、環境づくりがメイン。

プログラミング能力はあまり問われないよ。

セールスSEの仕事内容は顧客との折衝がメイン

セールスSEの仕事内容は、顧客との折衝がメインです。

社内SEが、

自社に新たなシステムを導入して業務を効率化したい

といったときに、

このように、システム開発を行います。よろしいでしょうか?

開発規模は、××。約●か月で、金額は、■■円です。

と顧客からの要件をもとに、システム化の可否と見積もりを出して回答するのが、役割です。

当然ながら、システム開発のノウハウを知っていないと見積もりはできません。

場合によっては自らプログラムして見本を作ることもあるので、通常はインフラ・開発の経験を積んだ後にセールスSEになります。

システム開発のノウハウが問われるから、インフラ・開発SEが兼任することもあるよ。

ここでは、そういう仕事があるってことだけ覚えておいてね。

社内SEの仕事内容は、社内システムの運用と作業の発注

社内SEは、自社のシステムの運用、PCの準備やライセンスの管理など、システム関連の雑務がメイン。

プログラミングが必要となる作業はすべて外注です。

自社に新たなシステムを導入して業務を効率化したい

といった場合に、受注側のSEにシステム開発を発注します。

したがって、メインの業務は、下記の2つだと思ってください。

  • 社内のシステム周りの雑務
  • システム開発の発注

詳しくは、「社内SEはホワイトって本当なの?転職を迷っている人向けに解説」という記事でまとめているので、読んでみてください。

SEの仕事内容についてのまとめ:大きく分けて4つに分類できる

SEの仕事内容についてまとめると、大きく分けて4つに分類できます。

  • 開発系・・・プログラムの設計や開発を行う(プログラミング必須)
  • インフラ系・・・開発や運用を行う環境をつくる
  • セールス・・・顧客との折衝を行う(プログラミング必須)
  • 社内SE・・・発注サイド

システム開発のイメージは次の通り。

SEといっても、下記の図のうち、どの部分を担当するかで仕事内容が決まります。

SEの仕事内容についてのイメージ

社内SEだけ発注サイドで特殊ですが、セールス・インフラ・開発のどこを得意分野にしておきたいかは、考えておきたいところですね。

特にこだわりがないのであれば、開発の経験を積んだ後にセールス系のSEになって、お金を動かす仕事に携わるのが、キャリアとして価値があります。

※管理人は、まだまだ修行中です(´▽`*)。

ほかのSEについてのコラムもぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました