コーヒー 豆選び

コーヒー豆の「粗さ」って何?身近な豆の粗さは中細挽きと中挽き

コーヒー豆の「粗さ」って何?

コーヒーは、挽(ひ)いてから(=粉にしてから)抽出するというのは、ご存知の方も多いと思います。

コーヒー豆の「粗さ」は、豆を挽くときの話。

「お豆は、ペーパー用で挽いてよろしいですか?」と店員さんに聞かれた記憶がある人もいるはず!

さて、「コーヒー豆の『粗さ』は何か?」というと、豆を挽(ひ)くときの粉の大きさのこと。

それじゃあ、粉の大きさはどれくらいにしたらいいの?

という疑問が次に浮かんでくると思いますが、コーヒー豆の粗さは抽出方法によって異なり、全部で5段階あります。

  • 極細挽き(ごくほそびき):エスプレッソ
  • 細挽き(ほそびき):水だしコーヒー
  • 中細挽き(ちゅうほそびき):ハンドドリップ
  • 中挽き(ちゅうほそびき):ネルドリップ
  • 粗挽き(あらびき):コンロでコーヒーを抽出。屋外向けのコーヒー

さて、極細挽き(ごくほそびき)の豆が使われるエスプレッソは、専用のマシンが必要。

水だしコーヒーや、屋外でコーヒーを淹(い)れる機会は、それほど多くはないですよね。

ということは、とりあえずは中細挽き・中挽きだけ覚えておけばいいってことだね!!

したがって、コーヒー豆の「粗さ」って何?となったら、3つのポイントを覚えておけば問題ナシです!

  • コーヒー豆の「粗さ」は、「豆を挽(ひ)くときの粉の大きさ」のこと
  • 中細挽き(ちゅうほそびき)は、ハンドドリップ(コーヒーフィルターが紙)
  • 中挽き(ちゅうびき)はネルドリップ(コーヒーフィルターが布)

スポンサーリンク

コーヒー豆の粗さは、全部で5段階。身近なのは2つだけ。

コーヒー豆の粗さとは、豆を挽くときの粉の大きさのこと。

冒頭にも書いた通り、全部で5段階あり、コーヒーの抽出方法によって最適な粉の大きさは異なります。

  • 極細挽き(ごくほそびき):エスプレッソ
  • 細挽き(ほそびき):水だしコーヒー
  • 中細挽き(ちゅうほそびき):ハンドドリップ
  • 中挽き(ちゅうほそびき):ネルドリップ
  • 粗挽き(あらびき):コンロでコーヒーを抽出。屋外向けのコーヒー

5種類もあってめんどくさい・・・

と思うかもしれませんが、身近な豆の粗さは、中細挽き・中挽きの2つだけです。

コーヒー豆の粗さは、ハンドドリップ用とネルドリップ用の2つを覚えればよし

コーヒーを淹(い)れるときは、ハンドドリップ・ネルドリップのどちらかで淹れる人がほとんどだと思います。

・・・たぶん、水出しコーヒーとか淹れる人は、この記事を読んでいないはず(´▽`*)

つまりは、ハンドドリップ用の中細挽き・ネルドリップ用の中挽きについて、詳しくなっておけば「コーヒー豆の粗さマスター」です。

コーヒー豆を買うときに、店員さんの挽き具合についての質問の意味が分かるように!

これまでは、お店でコーヒー豆を買うときに、

店員さん
店員さん

「お豆は、ペーパー用で挽いてよろしいですか?」

と聞かれたら、なんとなく、「はい」と言っていたと思います。(笑)

でも、これからは・・・

「コーヒー豆の粗さは、中細挽きでいいですか?」と同じ意味だ!

みたいに、店員さんの言っていることが、わかった気になれます。いや、すでに理解していますよね!

逆に、ネルドリップでコーヒーを淹れる方は、こんな感じで店員さんに返事しましょう。

ネルドリップ用でお願いします!(キリッ)

↑ちょいと、どや顔の女性になってます(笑)

コーヒー豆の粗さは、細かいほど苦みが強い

ここからは、豆の粗さと味の関係についてです。

コーヒー豆の粗さと苦みは、理屈で言えば表面積の広さが関係する

豆の粗さとコーヒーの味には、次のような特徴があります。

  • コーヒー豆の粗さが、細かいほど苦みが強い
  • コーヒー豆の粗さが、粗いほど酸味が強い

細かいほど苦みが強くて、粗いほど酸味が強い・・・

理屈で覚えようとすると、

「粉が細かいと表面積が広いので苦さが抽出されやすい。粗い場合は、表面積が狭いので苦さが抽出されにくい」

みたいな感じになりますが、覚える必要は・・・あまりないです。

中細挽きと中挽きは、酸味も苦みも中程度だから意識する必要なし

さて、ハンドドリップとネルドリップ向けの、豆の粗さを思い出してください。

  • 中細挽き:ハンドドリップ
  • 中挽き:ネルドリップ

中挽き・中細挽きは、文字通り、真ん中の豆の粗さです。

つまり、酸味・苦みもどちらも真ん中くらい。

そっか!酸味・苦みも同じくらいなら、豆が粗いほど苦みが強い・・・

とか、わざわざ覚えなくていい!

というわけで、細挽きや、粗挽きに向く

  • エスプレッソ
  • 水出しコーヒー
  • アウトドア用のコーヒー

を「自分で作りたいなぁ」ってなったときに、

  • コーヒー豆の粗さが、細かいほど苦みが強い
  • コーヒー豆の粗さが、粗いほど酸味が強い

というのを一緒に覚えたほうが効率的ですし、ムダな知識を吸収せずに済みます。

・・・なんか、最後は、受験勉強のノウハウっぽくなりましたね(汗)

コーヒー豆の粗さについてまとめ:中挽きと中細挽きだけ覚えればよし

コーヒー豆の粗さとは、何か?について、結論をまとめます。

  • コーヒー豆の「粗さ」は、「豆を挽(ひ)くときの粉の大きさ」のこと
  • 中細挽き(ちゅうほそびき)は、ハンドドリップ(コーヒーフィルターが紙)
  • 中挽き(ちゅうびき)はネルドリップ(コーヒーフィルターが布)

中挽き・中細挽きは、どちらも酸味も苦みも中程度。粗さと味の関係はそれほど意識する必要はありません。

最後になりますが、コーヒー豆を買うときに、店員さんから

店員さん
店員さん

「お豆は、ペーパー用で挽いてよろしいですか?」

と聞かれたら、

「コーヒー豆の粗さは、中細挽きでいいですか?」と同じ意味だ!

とか、

ネルドリップ用でお願いします!(キリッ)

と、理解できてドヤ顔ができるようになってもらえたら、カンペキです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました