アレンジ・豆知識 コーヒー

コーヒーのコスパは、美味しくて安いハンドドリップが最強

「コーヒーをコスパよく、おいしく飲みたい!!」

コーヒー好きの人なら皆、そう思っているでしょう。

コーヒーといっても、お店に売っているコーヒーは様々。

管理人の知る限りこれだけあります。

  • 喫茶店
  • 「セブンカフェ」などのコンビニカフェ
  • 缶コーヒー
  • インスタントコーヒー
  • スティックコーヒー
  • ドリップパック
  • 紙パック
  • ハンドドリップ

さて、この中で一番コーヒーのコスパが最強なのは(美味しく、かつ安く飲める方法は)、ハンドドリップコーヒーです。

  • 1杯30~50円で
  • 味は最上級
  • (友達に自慢できる)

ハンドドリップを始めない手はありません。

ぜひ、器具をそろえましょう。

スポンサーリンク

コーヒーのコスパは、美味しさと値段で決まる

さて、冒頭でも述べたコーヒーの飲み方ですが、全部で8つあります。

  • 喫茶店
  • 「セブンカフェ」などのコンビニカフェ
  • 缶コーヒー
  • インスタントコーヒー
  • スティックコーヒー
  • ドリップパック
  • 紙パック
  • ハンドドリップ

この8つの飲み方を、

  • 美味しさ(横軸)
  • 値段(縦軸)

で分類しグラフにすると、コスパが一番いいのは、

  • 1杯あたりの値段がやや安めで美味しいハンドドリップ

になります。

コーヒーの飲み方別のコスパ

コーヒーのコスパを、飲み方ごとに美味しさと値段で分類

さて、コーヒーのコスパを、飲み方ごとに美味しさと値段で4つに分類します。

  1. 美味しくて安い
  2. 苦くて安い
  3. 苦くて高い
  4. 美味しくて高い

1.美味しくて安い

美味しくて安いということは、コスパとしては最高。

  • ハンドドリップ
  • ドリップパック
  • 缶コーヒー

が当てはまります。

2.苦くて安い

苦くて安いということは、味に難点はあるけど、価格は安い。

  • スティックコーヒー
  • インスタントコーヒー
  • 紙パック

が当てはまります。

3.苦くて高い

苦くて高いコーヒーは、ないでしょう 笑

4.美味しくて高い

美味しくて高いということは、味はおいしいけど、一杯当たりの値段が高い。

  • コンビニカフェ
  • 喫茶店

が当てはまります。

コスパの良いコーヒーは、美味しくて安いことが条件

コスパの良いコーヒーの飲み方は、

  • 「美味しくて安いコーヒー」

です。したがって、

  • ハンドドリップ
  • ドリップパック
  • 缶コーヒー

が当てはまります。

ハンドドリップとドリップパックと缶コーヒーで迷うところです。

缶コーヒーは、ハンドドリップ・ドリップパックと比べると微妙

まずは、缶コーヒー。再度、この図をご覧ください。

コーヒーの飲み方別のコスパ

缶コーヒーは、「美味しくて安い」に当てはまっていますが、ドリップパックとハンドドリップには及びません。

ハンドドリップとドリップパックは、甲乙つけがたい。味では、ハンドドリップの圧勝

ハンドドリップとドリップパックの両者は、なかなかいい勝負。

人によって、値段をとるか、味を取るかによります。

しかし、味という点では、ハンドドリップの圧勝。

少し強引ですが、

  • 味と値段のコスパが一番いいのは、ハンドドリップ

というのが結論です。

コーヒーのコスパを美味しさから見た時

コーヒーのコスパの一つである「美味しさ」について、コーヒーの飲み方ごとに表にしました。

コーヒーの飲み方美味しさ
ハンドドリップおいしい
喫茶店おいしい
ドリップパックまあおいしい
コンビニカフェまあおいしい
缶コーヒーふつう
紙パックふつう
インスタントコーヒーにがい
スティックコーヒーにがい

おいしいコーヒー

ハンドドリップコーヒー・喫茶店のコーヒーは、人の手で淹れたてのコーヒーが飲めるので、おいしいと思います。
(例外:コ●ダ)

コーヒー豆にも風味や酸味、苦みの強弱といった特徴があります。

本格的に楽しむのであれば、ハンドドリップコーヒー・喫茶店のコーヒーがオススメです!

★喫茶店のコーヒーは一杯400円程度するのが難点ですが、ハンドドリップは値段という弱点をカバーしています。

まあおいしいコーヒー

コンビニカフェ・ドリップパックのコーヒーは、まあまあ美味しいと思います。

セブンカフェであれば、キリマンジャロのような高級感を演出しているコーヒーが販売されていますし、そこそこ美味しいと思います。

ドリップパックのコーヒーは、味のバランスは良いです。

しかし、お湯の調整が難しくエグみが出やいのが難点です。

ふつうのコーヒー

缶コーヒーと紙パックはふつうの味です。

ブラックで楽しもうとすると、苦味とか強い酸味があるので、砂糖とミルクを入れて飲むイメージが強いです。

苦いコーヒー

スティックコーヒーやインスタントコーヒーは、苦みが強いです。

手軽にコーヒーを飲みたい場合や、砂糖をたっぷり入れて飲むイメージです。

コーヒーのコスパを値段から見た時

コーヒーのコスパの一つである「値段」について、飲み方別に一杯あたりのおおよその値段を表にしました。

コーヒーの飲み方一杯当たりの値段
スティックコーヒー10円~20円
紙パック10円~30円
インスタントコーヒー20円~40円
ドリップパック30円~50円
ハンドドリップ50円~70円
缶コーヒー80円~100円
コンビニカフェ90円~150円
喫茶店400円~450円

値段が高いコーヒー

値段が高いコーヒーの飲み方は、缶コーヒー・コンビニカフェ・喫茶店で、一杯当たりの値段が100円を超える(超えやすい)飲み方です。

やや安めの値段のコーヒー

ドリップパック・ハンドドリップは、一杯当たりの値段が、30~70円程度であり、やや安めの値段と言えます。

※ハンドドリップの豆は、コーヒー屋さんで 100g 500円~700円程度の豆を購入する場合を想定しています。

値段が安いコーヒー

値段が安いコーヒーの飲み方は、粉末コーヒー・紙パック・インスタントコーヒーの3つで、一杯10~40円程度です。

※紙パックのコーヒーは安売りされることもよくあるので、一杯10円もかからず飲めるかもしれません。

まとめ:コーヒーのコスパは、ハンドドリップが1番いい

コーヒーの飲み方ごとに、美味しさと値段ごとに見たとき、コスパが最強なのは…。

  • 値段がやや安めで美味しいハンドドリップ

となります。

そして、それをグラフにすると下のようになるわけです!

コーヒーの飲み方別のコスパ

まだハンドドリップコーヒーを自宅で飲んでいない方は、ぜひコスパのいいハンドドリップコーヒーを初めてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました