豆選び

コーヒー

コーヒー豆の「粗さ」って何?身近な豆の粗さは中細挽きと中挽き

コーヒー豆の「粗さ」とは、「豆を挽(ひ)いた後の粉の大きさ」のことです。コーヒー豆の「粗さ」について、中細挽きはハンドドリップ用、中挽きはネルドリップ用です。コーヒー豆の粗さをどうするか、店員さんに聞かれたときに答えられるようになります。
コーヒー

コーヒー豆の種類はアラビカ種とロブスタ種。おすすめも紹介

コーヒー豆の種類はアラビカ種とロブスタ種の2つがメイン。アラビカ種は、ストレートコーヒーとして販売されており、ロブスタ種は安価な缶コーヒーや、インスタントコーヒーに使われます。アラビカ種の中で、おすすめのコーヒー豆も紹介します。
コーヒー

プレミアムコーヒーの特徴は、価格は安めでおいしい。おすすめの品種5つを紹介

プレミアムコーヒーの特徴は2つ。1.コーヒーの味は、最高級のスペシャルティコーヒーと同等。2.流通量が多く、価格も安め。プレミアムコーヒーのおすすめの5つの品種の紹介もするので、比較的安く買えるものも、高級なものも飲んでみてくださいね。
コーヒー

コーヒー豆の選び方は、値段・味のバランス・焙煎度の3つがポイント

コーヒー豆の選び方を3つのポイントから解説します。コーヒー豆の選び方は、1.値段、2.酸味と苦味のバランス、3.焙煎度(ばいせんど)の3つの観点か選ぶのがポイントです。値段に関して、100g400円以上するコーヒー豆は本格派です。
コーヒー

コーヒー粉の保存方法を保存期間別に解説【基本は密閉】

コーヒー粉の保存方法を保存期間別に解説します。密閉するのが基本です。コーヒー粉の保存期間が1週間以内の場合は常温、保存期間が1~2週間の場合は冷蔵保存、2週間以上は冷凍保存すると鮮度を保てます。1週間以内で飲み切れるコーヒー粉を買いましょう。
コーヒー

スペシャルティコーヒーとは、流通量が5%以下の最高級のコーヒー豆

スペシャルティコーヒーとはカッピングの評価が80点以上の最高級のコーヒー豆で、流通量が少ない貴重な豆です。例えば、ケニアマサイAA、パナマ・ラ・エスメラルダ・ダイヤモンドマウンテン、モカイルガチェフェG2、などが有名なブランドです。
コーヒー

コーヒーの焙煎度(ばいせんど)とは?【おすすめは中煎り~中深煎り】

コーヒーの焙煎度(ばいせんど)とは、豆の焼き加減のことです。コーヒーの焙煎度は大きく分けると5段階、さらに細かく分けると8段階で、焙煎度が低いほど酸味が強く、強いほど苦みが増します。ホットコーヒーの焙煎度は、中煎り~中深煎りがおすすめです。
コーヒー

ブレンドコーヒーとは複数の種類の豆を混ぜたもの。味はブレンドする品種によって異なる

ブレンドコーヒーとは複数の種類の豆を混ぜたものです。産地によって、味や香りに特徴があるので、味が引き立つように豆を選びます。ブレンドコーヒーのベースとなるのは、ブラジルが多いです。産地ごとの特徴を覚えて、ブレンドコーヒーを楽しみましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました