SE 仕事内容とキャリア

社内SEはホワイトって本当なの?転職を迷っている人向けに解説

「社内SEはホワイトなのか、ブラックなのかわからない」と、思い悩んでいるシステムエンジニアは多いと思います。

そもそもの話ですが、社内SEになるということは、

  • 自動車メーカーの情報システム部門
  • メガバンクの情報システム部門

のように、本業がITでない企業のためのシステムエンジニアになるイメージです。

結論について先に言うと、ありきたりではありますが、「その会社次第」です。

口コミ等を確認しながら、社内SEの企業内の立ち位置をチェックするようにしてください。

企業の口コミサイト>>転職会議

本記事では、「社内SEはホワイトであるか?」という疑問に対して、社内SEの仕事内容や適性を説明した上で、可能な限り答えたいと思います。

スポンサーリンク

開発未経験で社内SEは、「ホワイトであるか」以前の問題

未経験で社内SEは難しい

まず肝心なことですが、システムエンジニアの開発の経験(IT企業に勤めていた経験)がないと、社内SEは苦労します。

ホワイトであるかを考える以前に、仕事についていけない可能性が高い。

繰り返しになりますが、社内SEとは

  • どこか(非IT企業)の情報システム部門で働くこと

を指します。

業務内容の一例を挙げると、こんなことをします。

業務内容の例
  • PCのセットアップ
  • ソフトウェアのライセンスの管理
  • 社内LANの管理
  • 社内メールの管理
  • 社内システムの運用・トラブル対応

実務経験のあるシステムエンジニアであれば、仮にこれらの仕事が初めてであったとしても、「何から手を付けたらいいか?」はイメージできるはず。

未経験の方で、例に挙げた5つの業務内容すら、具体的なイメージできないとなると、入社後に苦労する可能性大です。

※新卒はきちんと教育してもらえるはずなので例外です。ただ、新卒で社内SEは間接部門だし、もったいないな、、、

社内SEに向いているシステムエンジニア

社内SEは、「開発の実務経験があったほうがいい」という話をしましたが、どのようなシステムエンジニアが向いているかについて説明します。

社内SEに向いているシステムエンジニア
  • 大企業に勤めたい人
  • プログラミングから解放されたい人

上記2つについて説明したのちに、どのような点がホワイトかを掘り下げていきます。

大企業に勤めたい人

社内SEは、とにかく大企業に勤めたい、安定志向の人に向いています。

少し、イメージしてみてください。

IT企業でない企業が、「社内SE」という自社のエンジニアを雇えるということは、それだけお金持ちである(業績がいい)可能性が高いです。

間接部門ではありますが、だれもが知っているような会社で、働ける可能性があるのは魅力的です。

プログラミングから解放されたい人

社内SEは、プログラミングする機会は、ほとんどないです。

プログラミングは、管理人が勤めているようなIT企業のシステムエンジニアに外注

「開発という仕事自体にうんざりしてきた」という、システムエンジニアが鞍替えするのに適している仕事だといえます。

逆に言えば、「プログラミング1本。自分の腕で稼ぐ!」みたいな意思を持っている人は、社内SEに向きません。

社内SEがホワイトであると思う点は3つ

社内SEがホワイト
社内SEがホワイトである点3つ
  • 社内SEは間接部門であり、プレッシャーは少ない
  • トラブルさえ起きなければ、残業は少ない
  • プログラミングから解放される

社内SEは間接部門であり、プレッシャーは少ない

社内SEは、どこか(非IT企業)の情報システム部門。

直接、売上を左右するわけではない、間接部門です。

なので、

  • 営業ノルマ
  • システム開発に必ずある納期

といったプレッシャーは比較的少ないといえるでしょう。

トラブルさえ起きなければ、残業は少ない

何かしらのトラブルが発生しない限りは、残業は少ないことが予想されます。

基本的には、社内SEは

  • システムの運用
  • IT企業への外注業務

がメインなので、何もなければ帰れます。

トラブル云々の話は、センシティブな話になるので、詳しい説明は省略します。(SE経験者ならわかってください、、、。)

プログラミングから解放される

社内SEは、基本的にプログラミングをする機会はありません。

開発業務が苦痛でしかなかった場合は、最大のメリットかもしれません。

設計やプログラミングは、IT企業のシステムエンジニアの仕事。

社内SEは、こんな感じのお仕事。

  • PCのセットアップをしたり
  • 社内システムの運用・問い合わせ対応
  • 難しいことは、すべて外注

ただし、「トラブルに対してプログラムの解析が必要になった場合」など、「システムエンジニアに依頼する作業内容」については、社内SEが考える領域。

こういう場面は結構な頻度であるので、システム開発の経験(依頼を受けた経験)が活用できます。

社内SEがイマイチだと思う点は3つ

社内SEがイマイチ
社内SEがイマイチである点3つ
  • 社内SEで高年収は難しい
  • いろんな雑務が回ってくる可能性あり
  • ジョブローテーションがある会社だと、社内SEから異動するかも

社内SEで高年収は難しい

社内SEは、あくまで間接部門なので、高年収は難しいです。

非IT系の会社が、ITに関する知識・コストについて、正しく理解できているとは限りませんよね。

理解していたとしても、あくまで「縁の下の力持ち」なので、それほどお金を使えるとは思えない。

つまり、高年収を目指そうとしているなら、忙しくとも開発で踏ん張ったほうがいいです。

いろんな雑務が回ってくる可能性あり

システム周り以外の仕事が回ってくる、「なんでも屋さん」になる可能性もゼロじゃありません。

社内SEは、システム周りの仕事しかできないということをきちんと理解している会社でないと、仕事ばかりが増えていきます。

少し極端なたとえですが、プリンタの使い方を社内SEに聞いちゃうような会社だと大変です。

ジョブローテーションがある会社だと、社内SEから異動するかも

定期的なジョブローテーションがある会社だと、「社内SEとして働き始めたが、いつの間にか他の部署に異動になる」ということもあり得ます。

適正や能力関係なしに、いきなり

  • 営業
  • 人事
  • 経理

などを、経験のない分野の仕事を可能性がないかは要チェックです。

企業の口コミサイト>>転職会議

最後に:社内SEがホワイトであるかは、結局は企業次第

社内SEになるというのは、どこか(非IT企業)の情報システム部門で働くことを意味します。

システムエンジニアの経験があるという前提で、社内SEに向いているのは、

  • 大企業に勤めたい人
  • プログラミングから解放されたい人

に当てはまる人です。

社内SEがホワイトである点は、

  • 社内SEは間接部門であり、プレッシャーは少ない
  • トラブルさえ起きなければ、残業は少ない
  • プログラミングから解放される

の3つです。

社内SEにはデメリットもありますが、結局は企業次第。

大企業に行けば行くほどホワイト率が高まりますし、実際にホワイトかをチェックするには、口コミチェックは必須です。

企業の口コミサイト>>転職会議

すぐに転職を決めるのではなく、ミイダスのようなスカウト型の転職サイトに登録して、オファーを待ってみるのがいいでしょう。

玉石混交ではありますが、結構な数のオファーが来ますよ。

登録だけなら無料ですし、登録後に電話がかかってくることもないのが安心です。

オファー型サイト>>MIIDAS(ミイダス)でオファーを待つ

コメント

タイトルとURLをコピーしました