SE副収入

Java初心者が副業で稼ぐには?実務未経験なら腰をすえて実力をつける

Javaを学んだばかりで「副業で稼ぎたい!」と考えている初心者向けの記事です。

「初心者」というのが、「Javaの実務経験はあるけど、3年未満(実際にどこかのプロジェクトに業務として参画してプログラムを組んだ経験が3年未満)」という意味なら、大いに副業で稼ぐべし

例えばクラウドテックの「お仕事を探す」から週1~2の案件があるので、SNSアカウントで登録して、職務履歴書を入力。

スキルとマッチするかをチェックしてみてください。

月10万円、いや20~30万円なら余裕で行けるかと。

ただ、独学で実務経験なしの場合。

まずは、ココナラなどのクラウドソーシングで獲得できそうな案件を探すところから。

「本を読んでJavaを学んで1か月目です!」みたいな状態でガチの案件を獲得して、いきなり稼ぐのは厳しいので、腰をすえて実力をつけるようにしてください。

Java初心者が副業で稼ぐには、実務経験があったほうが断然有利

Java初心者が副業で稼ぐには、PG(プログラマー)・SE(システムエンジニア)としての実務経験を持つのが一番手っ取り早いし、断然有利です。

今からの話のざっくりまとめ
  • 本を読んだだけじゃ甘すぎる。データベースとか画面(JSP,JavaScript)などの知識もいる
  • ゆえに実務でのプログラム経験者がある人が断然有利
  • スクールを活用したり勉強会に足を運びつつレベルアップする

Java以外にも学ぶべきことがたくさんある

覚えるべきことは、Javaというプログラミング言語以外にも、まだまだたくさんあります。

本業がシステムエンジニア・プログラマーでないとすると、

  • データベースの知識(Oracle・postgreSQLあたり。SQLは書けないとダメ!)
  • フレームワークの知識(Mybatisとかの知識)
  • html/jsp/JavaScriptの知識(画面からJavaに処理を投げる。バッチ処理系ならいらんけど)

ここらへんのことを言われても、本を読んだばかりの初心者なら。

はて?それなんだ?

みたいに、なっちゃいますよね(´▽`*)。

クラウドテックの「お仕事を探す」から案件を探しても、プロジェクトで使うフレームワークへの対応(最近だと、AWSを使ってるのが多い)が求められているのがわかるかと。

Java以外に、データベースなり画面があって初めてシステムとして成立

そして、プログラムというのは、Javaだけでは完結することは、ほとんどないです。

ざっくりとですが

画面の処理(html, JavaScript)+プログラム本体(Java)+データベース(データを保存する箱)

みたいな、一連の流れがあって、初めて実際に使えるシステムとして成立します。

イメージとしては、「画面に入力した値をJavaで処理してデータベースという入れ物に保存する」みたいなもの。

Javaの開発の流れ

※かなりざっくり書いています(-_-;)。

「本を読んだ状態」というのは、上で言うところの、「Javaで『あいうえお』を処理するだけならなんとかなる状態」なのです。

画面を作ったり、データベース関連は、別で勉強が必要です。

いっそのこと、SEになって実務経験積んだ方がいいよねって話

「Javaの基礎は知っています。それ以外は・・・ちょっと。」っていう人が、活躍できる場所は、正直少ないです。

まぁ、この記事を書いているひよこSE自身、ひよっこプログラマーで。

会社に育ててもらいながら、これらのことを1つずつ覚えていってる感じなので(´▽`*)。

Javaで副業したいなら、マイナビエージェントなどを活用して、実際にSEとして働いてシステム開発の全体の流れを知る。

実務経験を積んでいる方が、仕事を依頼する側も信用できるし、一番手っ取り早いよねって話になります。

実務未経験でもできるJavaの副業があったとしても勉強は大事

う~ん。そういうガチなやつじゃなくて、趣味的な副業でいいんだけど。

みたいな感じで、実務未経験でもできるJavaの副業がないかと考えた人という人もいると思います。

クラウドソーシングサービスで合う案件を探すのが第一歩

だとすると、ココナラクラウドワークスのようなクラウドソーシングサービスに無料で登録。

「大学の課題の製作を手伝って(代行して)くれる人探しています」みたいな案件ならいくらでもあります。

自分にできそうな案件があったら、そこで応募して、1万円前後を稼ぐ。

みたいなやり方なら、勉強しまくれば、なんとかいけると思います。

ただ、仕事を引き受けたからには、「必ず最後まで責任をもって」とだけ・・・。

プログラミングを仕事にするならどのみち勉強はしないとダメ

一つ余談ですが、会社の理系の後輩に、大学のJavaの課題をチラッと見せてもらったことがあって。

ちょいと見てみると、「なんじゃこりゃ」の一言。

パッと見て、難し・・・そうでした(汗)。

ココナラにあるjavaの課題の依頼を見てみると、実業務では、出てこない shape とか出てきますからね・・・。線形工学とかやってるのかなと想像しちゃいます。

文系出身のひよこSEがやるなら、調べながらじゃないと無理な世界(´▽`*)。

プログラマーとしてお金をもらうなら、どのみち勉強しまくらなきゃダメですね。

本当にガチになるなら、スクールで基礎を身に付けて勉強会に行く

本当にガチになるなら、スクールで基礎を身に付けて勉強会に行くのも選択肢。

今は1万円とかでもいいけど、10万とか稼いで、ゆくゆくは本格的な副業にしていきたいなら。

社会人の方であれば、「Javaが学べるオンラインのスクール4選を社会人向けに紹介」でも書いていますが、テックアカデミーのJavaコースに通うなりして。

本業の合間に、2か月程度でさっさと基礎を身に付けたほうがいいかと。

プログラミングスクールの卒業後に副業案件を獲得する3つの戦略」にも書いてますが、それで終わりじゃないです。

Javaの勉強会(「Java 勉強会 東京」などでググって)に参加して、エンジニアと交流しつつスキルアップすれば、なんとか稼げる水準にいくイメージです。

ちなみに、友人の話ですが、副業でなくそのままプログラマーになったという汗

未経験からガチで稼ぎたいなら、それくらいの覚悟は必要ってことです!

副業で稼いだら住民税の申告・確定申告は忘れないように

副業で稼いだら、会社の源泉徴収とは別に、住民税の申告・確定申告を行う必要があります。

  • 確定申告:年20万円以上から必要。20万円以下の場合は不要
  • 住民税:額にかかわらず、1円でも稼いだら申告が必要

ええっ?面倒!

・・・まぁ、仕方ないっす(´▽`*)。

今どきは、E-taxで、確定申告できたり。

お住まいの市町村によっては、eLTAXで住民税もネットで納税できるかもしれないので、それlで窓口に行く手間を省くしかないですね(汗)。

副業分の住民税は、「特別徴収」で会社が納付しないよう(住民税の額で会社にバレないよう)に、「普通徴収」にすることが基本です。

まとめ:Java初心者が副業でいきなり稼ぐのは厳しい。

Java初心者が、仮にJavaが書けることだけを武器に副業で稼ごうとしているなら、いきなりは厳しいです。

なので、やるなら

  • 本を読んだだけじゃ甘すぎる。DBとか画面などの知識もいる
  • ゆえに実務でのプログラム経験者がある人が断然有利
  • スクールを活用したり勉強会に足を運びつつレベルアップする

このイメージで、覚悟を決めて腰をすえてやるようにしてください。

その上で、クラウドテックにあるような副業案件がとれるスタートラインに立てるイメージ。

ガチではなく、趣味的な副業でやるなら、ココナラクラウドワークスのようなサービスに登録。

趣味的なプログラミングでも、求められるレベルがそこそこ高いので、やはり勉強をし続けるように、いろいろな人の話を聞いて動くようにするのが良きです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました