SESEのキャリア

システムエンジニア(SE)の転職は当たり前?同期の半分は辞めていく世界

新卒文系・未経験でIT業界に入社し、同じ会社で6年SEをやっているひよこSE(@PiyoOct)です。

システムエンジニア(SE)の転職は当たり前か?といえば、タイトルの通り、同期の半分は辞めていく世界です。低く見積もっても。

「新しいことにチャレンジしたくなったとのことで、主に○○プロジェクトで活躍されていたAさんですが、3月末をもって退職となります」

的な文言を、何度見たことか(*´ω`)。ちょうどぴったし、同期は今、半数残っています。

ひよこSEが今、転職するつもりがあるかといえば、微妙なところだけど(あるとしても、ブログでは書けない 笑)。

統計を出してズバッみたいな話ではないけど、「現場からお届けします」的な読み物として、楽しんでもらえればと思います(多少のフェイクは混ぜるけど許してね)。

スポンサーリンク

システムエンジニアの転職は、当たり前といえる

同期の半数が辞めていく世界なので、システムエンジニアの転職は、当たり前といえるかと。

歩む道は違えど、いまのところ下記の3パターンです。

システムエンジニアが転職していくパターン
  • 【パターン1】「新しいことにチャレンジ」する
  • 【パターン2】炎上プロジェクトを経験してIT業界から抜ける
  • 【パターン3】結婚と同時に退社(寿退社)

【パターン1】「新しいことにチャレンジ」する

「新しいことにチャレンジ」するパターンが、同期や先輩社員をふくめて一番多いです。

「あれ?残業10~20時間くらいで、ほぼゼロのときもあったはず。稼働も安定していたのに突然、やめちゃった・・・」

みたいな人は、ほぼこのパターン。

同業のもっと給料が高いところに転職したのか、IT業界から抜けたのかは分かりません。

同期ですら、聞いても教えてくれないことあるので。言わないってことは「前者かなぁ」って気はします。

「新しいことにチャレンジ」は、何とでも解釈できるので、もう聞きなれちゃいました(*´ω`)。

【パターン2】炎上プロジェクトを経験してIT業界から抜ける

もう、ITエンジニアは疲れちゃいました。もっといろんなことを教えたかったけど、ごめんね」

とだけ言い残して、退職していった先輩の言葉が今でも忘れられないです。

そのときは、ひよこSEは新卒1年目のピチピチのひよっこで、とにかく単体テストをやりまくってました。

もうお察しだと思いますが、炎上プロジェクトに入ると、21時~23時が退社時間のボリュームゾーン。終電うんぬん言うけど、スケジュール次第では、わりとあり得る話。

個人的には、「プロジェクトが炎上するのはなぜ?逃げ方も解説【結論は見積もりが甘い】」でも書いている通り、プロジェクトの開発期間が終わるのと同時に暇になったり。

時間が解決してくれるケースも「無きにしも非(あら)ず」なので。

先輩が退社したあとどうなったかと言うと、3か月後くらいに信じられないくらいヒマになって。

(本当はそのプロジェクトにのこりたかったけど)別のプロジェクトに異動したひよこSEです。

※炎上プロジェクトしか経験してない人は、この限りではないので逃げてくださいね!

【パターン3】結婚と同時に退社(寿退社)

勘違いしないでほしいのが、「結婚したら退職してね」的な雰囲気があるわけではありません。

育休は普通にあるし、当たり前に申請して、1年後に開発の現場に戻ってくる人もいるなかで。

2~3年に1人、いわゆる「寿退社」をします。

スポンサーリンク

自社の管理職になるか?他の会社に転職するか?

さて、システムエンジニアが転職するのは、パターンは違えど当たり前で普通と言えます。

ただ、いざ自分はどうればいいのか問題はつねに付きまとうし、選ぶのはなかなか難しい。

具体的には、自社の管理職になるか?他の会社に転職するか?の2つ。

自社の管理職になる場合【そもそもなれるのか?】

自社の管理職(あるいは、プロマネ的な立場)になる場合。

  • そもそも、自社の管理職になれるのか?
  • 中間層の人が少ない会社だけど大丈夫か?
  • 年収が低すぎず高すぎずだけどいいのか?

くらいが問題かな。

他の会社に転職する場合【年収が低すぎるなら】

シンプルにめんどいです。転職活動。

ひよこSEはこの記事を書いたときで大卒6年目の28歳になる年。

平均年収.jp」を現実を見ると、今の年収はそのあたりより若干、多いくらい。できればもうちょっと欲しいけど。

もし今の年収が300万円前半だったり。

ヒマになったことが一度もない感じなら、マイナビITエージェントやレバテックキャリアあたりを使って転職活動しているかと 笑。

転職したくないシステムエンジニアなら、他にも方法はある

人間関係はふつうだし。残業は・・・まぁ、「波がある」と思えばなんとか。

個人的には、今の会社に対する不満は、あともうちょいだけ給料が高ければくらい。

お給料だけが不満だとすれば、「SEにおすすめの副業は3つ。在宅で休日に1~10万円稼ぐ方法を現役SEが解説」でも書いているような副業で、足りない分は稼いじゃえ理論。

SEが月1万円を稼げる副業3選
  • ココナラ(趣味活用型。マクロ組んであげたり)【おすすめ】
  • ブログ(趣味ブログで1万円を稼ぐ。ひよこSEは月1~3万円を行ったり来たり)
  • データ入力/記事作成(タイピング速いはず。クラウドワークスも登録)

「月10万円以上稼ぎたいなぁ~」と思えば、ITプロパートナーズクラウドテックあたりのエージェントに週2~3の副業案件を紹介してもらえばいいし。

まとめ

「システムエンジニアは転職するのは当たり前だ!」というのは事実です。

システムエンジニアが転職していくパターン
  • 【パターン1】「新しいことにチャレンジ」する
  • 【パターン2】炎上プロジェクトを経験してIT業界から抜ける
  • 【パターン3】結婚と同時に退社(寿退社)

ただ、特に会社に不満がないなら、副業してみてもいいかもだし。

正直、その人次第。たしかに同期はどんどん辞めていく世界だけど、ひよこSEは、いまのところ後者と言うだけのお話でした。

▼この記事がいいと思ったら、下の画像をクリックしてくれたら励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ
スポンサーリンク
ひよこSEのつぶやきブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました