プログラミングスクール社会人

無職・ニートでもプログラミングスクールに通えば正社員としてIT企業に就職できる?行動は1秒でも早いほうがいい

「無職・ニートでもプログラミングスクールに通えばIT企業に正社員に就職できるかどうか?」をこの記事で、言い切ることはできません。

ただ、「行動は1秒でも早いほうがいい」ことだけは、言い切れます。

何かしないと変われない。あきらめたら、そこで終わりです。

この記事を書いているひよこSE(@PiyoOct)が、たった今、無職だとしたらどうするか。

無職・ニートでもプログラミングスクールに通うべきか

プログラミングスクールだけがIT企業の正社員になるための選択肢ではないので・・・。

まずは、マイナビITエージェントなどの転職エージェントに相談するか。職業訓練校やハローワークを活用しつつ動き始めます。

それでもダメなら、テックアカデミーテックキャンプの転職保証コース、無料のスクールのGEEK JOBを使うことを検討。ある程度は、時間とお金はかかるけど、スクールのコネを活用します。

スポンサーリンク

IT企業はプログラミングスクールの卒業生を採用したいわけではない

大前提として知っておきたいのが、「IT企業はプログラミングスクールの卒業生を採用したいわけではない」事実。

スクールで学べるのは基礎

スクールで学べるのはプログラミングの基礎の基礎。

実際の業務、お仕事とはレベルがかけ離れています。

スクールと実務の差

プログラミングだけでなく将来的に設計などのお仕事も任されるSEになる

さらに言うと、IT企業に入ると、”PG(プログラマー)”から”SE(システムエンジニア)”になることが、求められます。

「たんに、プログラムを書ければいい」わけではないのは、知っておくべき事実。

システムエンジニアとプログラマーの仕事内容

【関連記事】SEとプログラマーの違いは業務の幅広さ。プログラマーは開発が主体

SEになれば、お客様の業過の知識も覚えるし、やることばかりです。

■SEの仕事内容はシステム開発の工程をほぼすべてやる

システム開発の工程
  • 要件定義(どんなシステムを作るか、決めること。「ドラクエを作るのか?FFを作るのか?」みたいな、「そもそも論」)
  • 基本設計(見た目の部分、ざっくりのストーリーを決める。)
  • 詳細設計(そのストーリーは、プログラムでどうやって実現するのかを書く)
  • プログラミング(ソースコードを書いて、プログラム(製品)にする
  • 単体テスト(1つのプログラムを単体で動かすんだな~くらいでOK)
  • 結合テスト(複数のプログラムを合体させるテストがあるんだな~でOK)
  • 総合テスト(使い物になるかを確認して仕上げるんだな~でOK)
  • 運用・保守(ドラクエを発売した後に、バグがあったら直さないかん)

スクールではなく、はじめから転職エージェントを活用するのも手

言い方は悪いけれども、IT企業(システム開発の現場)からしたら「プログラミングスクールで、学んだことをアピールされてもなぁ」というのが本音。

ひよこSEから見ても、「スクールで学んだので自信あります!」は、ズレています。

だとすれば、あまり時間をかけずに1秒でも早く行動して、内定を取りに行きます。

冒頭で書いたように、マイナビITエージェントなどの転職エージェントにいきなり相談するか。職業訓練校やハローワークを活用しつつ動き始めたほうがいいというのがひよこSEの考えです。

IT業界のお仕事を理解して、続けていけるかを答える

スキルをアピールするよりも、上で書いたようなIT業界(SE)のお仕事を理解しつつ。

  • なぜ、ITに興味をもったのか?
  • これからつらいことばかりだけど続けていく覚悟はある?

あたりの質問に答えられるように準備してくださいね。

スポンサーリンク

プログラミングスクールに通うメリットは、コネを利用できること

プログラミングスクールに通うメリットあるにはあって、スクールがもっているコネ(転職保証)を利用できます。

コネ(転職保証)はあるけど・・・

ただ残念なことに、「プログラミングスクールの転職先はSESばかり?9割は「はい」、1割は「自社開発」」でも書いているように、コネを持っている企業は、SESがわりと多いのと(SESが悪いわけではない)。

プログラミングスクールの転職先

スクールに通う(スクールのコネを使うと)と、それなりにお金と時間がかかるのが、難点です。

お金と時間をかけるか?

いろんなカリキュラムがあるけれども、3か月で60万円が相場。

裏を返せば、「お金と時間さえかければ、転職保証を活用できる」という見方もできます。

あくまでも、ひよこSEの考えですが・・・。

「いきなり高いお金を出すよりマイナビITエージェントなどの転職エージェントにいきなり相談するか、職業訓練校やハローワークを活用したほうがスピード感があるし、決まったらそれで終わり。ダメなら、お金と時間をかけてスクールに通う」

というものです。

無職・ニートにおすすめのプログラミングスクール3選

「いやいや、やっぱスクールにするよ!いきなり、ハローワークに行ってもダメそうだし!」と思った人に、スクールを3つ紹介します。

無職・ニートだとしたら、プログラミングスクールの転職保証コースを選ぶようにしてください。

※在職中の社会人であれば、転職保証コースではなく、じっくり学ぶほうがいいです。

テックアカデミー

テックアカデミーの転職保証コース
スクール名テックアカデミー(転職保証コース)
運営会社キラメックス株式会社(HP)
学べる言語Java
学習期間16週間(4か月)
料金¥547,800
※専門実践教育訓練 給付金制度で70%還元

テックキャンプ

テックキャンプの転職保証コース
スクール名テックキャンプ
運営会社株式会社div(HP)
学べる言語Ruby
学習期間10週間(2.5か月)
料金¥657,800
※専門実践教育訓練 給付金制度で70%還元

GEEK JOB

geekjobの転職保証コース
スクール名GEEK JOB
運営会社グルーヴ・ギア株式会社(HP)
学べる言語Java/Ruby/インフラなど
学習期間1か月~3か月
料金無料

最後に

よく、某知恵袋で「今の年齢では無謀に近い」とか書かれてるのを見るけど、まぁ・・・当たっています(長くなるので、あえて冒頭では書かなかった)。

ひよこSEから見て、「IT業界未経験」・「無職(ニート)」という2つの条件がそろっていたら。

正直に言えば、「面接すらしてもらえない可能性高いだろうなぁ」と思っちゃいます(20代ならまだしも、30歳以上だとなおさら・・・)。

ただ、この記事にたどりついたということは、「厳しいのはわかっているけどダメ元で。もうわかってるし、覚悟はしているから、どうしたらいいか教えてくれ!」と言う気持ちがあるのだと思います。

だとしたらまずは、転職エージェントに相談する・ハローワークに行くのが先です。

プログラミングスクールに行くなら、の3つだけど。

ひよこSE的には、スクールに通ってる間にも時間が過ぎていくので、少しでも早く就活を始めるほうがいいかなと思ったりします。

最後に面接の話をすると、「IT業界未経験」・「無職(ニート)」というハンデがあるのは事実なので。

変に背伸びせずに、言われたことは、なんでもやるつもりで行動してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました