プログラミングスクール社会人

【2023年】30代向け転職保証付きのプログラミングスクールは3つ。テックアカデミーと侍エンジニア塾とテックキャンプ

転職保証付きのプログラミングスクールは多いですが、「30代」に限定すると、選択できるスクールは少ないです。

テックアカデミー侍エンジニア塾テックキャンプ
料金547,800円【16週間】473,000円
【24週間】649,000円
【通学】657,800円
【オンライン(夜間)】877,800円
※14日以内の返金保証付き
割引1か月前の申込
で5%OFF
(27,390円引き)
なし
(88,000円分のレッスンを
追加で受けられるおまけ付き)
①通学プランを選択で10万円引き
②夜間は1月31日まで5万円引き
受講期間4か月(16週間)4か月(16週間)
or 6か月(24週間)
【通学】70日
【オンライン(夜間)】182日
転職保証
(受講条件)
①20歳以上32歳以下
東京で勤務できること
③メモリが8GB以上の
PCを持っていること
①20歳以上31歳以下
②学生でないこと
③首都圏で勤務できること
(東京、埼玉、千葉、神奈川)
①18歳以上40歳未満
②メモリが8GB以上の
PCを持っていること
学習内容Java・Python【16週間】AWSのみ
(≒インフラエンジニア)
【24週間】AWS・Ruby
Ruby
教育訓練
給付金制度
詳細
受講中に50%
1年以内に採用で20%
支給される
なし受講中に50%
1年以内に採用で20%
支給される
公式テックアカデミー侍エンジニア塾テックキャンプ

転職「支援」と記載されているスクールは除外しています。その結果が、上記3社のみでした。

転職「支援」と「保証」は、似ているようで別物。返金保証があるかないかの違いがあります。

また、テックアカデミーの場合は「32歳」、侍エンジニア塾の場合は「31歳」が年齢制限です。

※39歳でも転職保証がつくのは、テックキャンプだけ。

その他、細かい条件があるのが普通(例えば、「選考は最低、10社以上受けること」、「離職期間が長すぎないこと」とか「短期の転職をくりかえしていないこと」)。

「転職保証の条件に当てはまるかどうか?」は、無料カウンセリングのときに聞くなりして注意してくださいね。

スポンサーリンク

30代で転職支援付きのプログラミングスクールは全部で3つ

30代で転職支援付きのプログラミングスクールは全部で3つです。

1.テックアカデミー【Javaエンジニア】

1つ目は、テックアカデミー。

テックアカデミーの転職保証
テックアカデミー
料金547,800円
割引1か月前の申込で5%OFF(27,390円引き)
受講期間4か月(16週間)
転職保証
(受講条件)
①20歳以上32歳以下
東京で勤務できること
③メモリが8GB以上のPCを持っていること
学習内容Java・Python
教育訓練給付金制度
詳細
受講中に50%、1年以内に採用で20%支給される
公式テックアカデミー

テックアカデミーの転職保証コースでは、JavaとPythonを学習します。

Javaは、システム開発で一番使われる言語と言われており、大規模なシステム開発(いわゆるウォーターフォールモデル)もJavaによる開発が多いです。

お堅い企業ほど、実績のある言語を選びます。

地盤がしっかりしている企業で働くのであれば、Javaを選ぶのは理にかなっています。

こんな人におすすめ
  • システム開発の言語で王道のJavaを学んでエンジニアになりたい人

2.侍エンジニア塾【AWS(インフラ)エンジニア】

2つ目は、侍エンジニア塾。

侍エンジニア塾の転職保証
侍エンジニア塾
料金【16週間】473,000円
【24週間】649,000円
割引なし(88,000円分のレッスンを追加で受けられるおまけ付き)
受講期間4か月(16週間)or 6か月(24週間)
転職保証
(受講条件)
①20歳以上31歳以下
②学生でないこと
③首都圏で勤務できること(東京、埼玉、千葉、神奈川)
学習内容【16週間】AWSのみ(≒インフラエンジニア)
【24週間】AWS・Ruby
教育訓練給付金制度
詳細
なし
公式侍エンジニア塾

侍エンジニア塾では、AWSについて学習します。

AWSは、プログラミング言語ではなく、システム開発する環境づくりをする、インフラ寄りの話です(プログラミングしたい人は要注意!)。

最近のシステム開発は、PaaS(システム開発する土台や動かす場所をネット上で借りること)が進んでいるので、トレンドに乗っていると言えます!

こんな人におすすめ
  • 話題のAWSのエンジニアになりたい人

3.テックキャンプ【Rubyエンジニア】

3つ目は、テックキャンプ。

テックキャンプの転職保証
テックキャンプ
料金【通学】657,800円
【オンライン(夜間)】877,800円
※14日以内の返金保証付き
割引①通学プランを選択で10万円引き
②夜間は1月31日まで5万円引き
受講期間【通学】70日
【オンライン(夜間)】182日
転職保証
(受講条件)
①18歳以上40歳未満
②メモリが8GB以上のPCを持っていること
学習内容Ruby
教育訓練給付金制度
詳細
受講中に50%、1年以内に採用で20%支給される
公式テックキャンプ

テックキャンプは、RubyというWeb系の言語を学習。ひよこSEの偏見かもしれませんが、短納期で小規模な開発(アジャイル開発)に使われる言語のイメージです。

Rubyは、Javaとくらべると手軽に学ぶことができます。

夜間プラン(仕事しながらのプラン)だと、182日かかってしまうので、相当な長期戦になります。

通学プランの場合は、70日の詰め込み教育で、その後転職活動をします。

こんな人におすすめ
  • なるべく短期間でエンジニア転職を決めたい人
スポンサーリンク

プログラミングスクールの教育訓練給付金制度について

プログラミングスクールには厚生労働省のお墨付きの「教育訓練給付制度」という制度があります。

受講料の70%がカリキュラム修了後に給付される制度

教育訓練給付制度」について、ざっくりと言えば、

  • カリキュラムの受講中に受講料の50%
  • カリキュラム修了後に1年以内に、雇用保険加入で受講料の20%

の合計70%が支給される制度です。

実際の申請は、プログラミングスクールではなく、ハローワークで行います。

侍エンジニア塾のみ制度が使えるスクールでない

2023年1月現在では、侍エンジニア塾のみ、教育訓練給付制度の対象外のスクールなので、注意してください。

※今後、変わる可能性もゼロではないので、「講座を探したい(mhlw.go.jp)」をご覧くださいね。

制度が使える条件

※正確な情報は、「教育訓練給付制度のご案内」のPDFをご覧ください。

教育訓練給付金制度の条件
制度が使える条件
  • 事前に(受講開始日の1か月前に)」ハローワークで、申請をすること
  • 現在、在職中であるか、離職して1年以内である
  • 雇用保険の加入期間が2年以上ある(アルバイトやパートでも可能)
  • (過去に制度を使ったことがある場合のみ)前回から3年以上が経過している

30代の場合は転職保証が付かないスクールが多い点に注意

29歳までであれば、転職保証がつくスクールでも、30代の場合は(あるいは、ある年齢を境に)、転職保証が付かないスクールに申し込まないように注意してください。

■転職保証の年齢制限

また、サポートが「転職保証」ではなく、「転職支援」(履歴書とかの添削はやるけど、内定でなくても知らん)までであるスクールは、わりと多いので、同じく注意してください。

30代でプログラミングスクール経由で転職した後のキャリアについて

無事に、30代でプログラミングスクールに入学。

・・・で、終わりではありません。エンジニアとしてのキャリアの始まりです。

少し耳が痛いかもしれませんが、転職保証つきのスクールに通った後に、内定。

実際に、エンジニアとして働きはじめた後の話を少しします。

プログラマーやエンジニアが「楽な世界」だと思っているなら誤解

そもそもですが、プログラマーやエンジニアが「楽な世界」だと思っているなら誤解です。

Twitterや知恵袋あたりで探せば、耳が痛くなるほど、この手のお話が書かれていますが、筆者のひよこSE(@PiyoOct)も「楽な世界か?」と言われれば、「それは違う」と思っています。

エンジニアは甘くない世界なのか?5年以上業界で働いてみたので考えてみた」というひよこSEが書いたnoteの記事がありますが、新卒の同期の半分はやめていく世界です。

【関連記事】システムエンジニア(SE)の転職は当たり前?同期の半分は辞めていく世界

ちなみに、エンジニアとしていい感じのお給料、キャリアを積みたいのであれば、

  • 運用保守エンジニア
  • ヘルプデスク
  • テスター(単体結合総合テスト)

「だけをやる」エンジニアにはならないほうがいいです(*´ω`)。

※上のnoteでも書いていますが、「言われたことしかやらないから、困ってる。プログラミングは任せられない」と裏で言われている人(それも、そこそこいい年齢)を何人も、ひよこSEは見てきています・・・。

エンジニアを続けていけそうな人

エンジニアを続けていけそうな人は、こんな感じ。

問題なしの例
  • エンジニアになりたいからなる!昔から、誰かのために何かを作るのが好きだった
  • 期限内に仕事するスキルはあるので、自分のペースで仕事がしたい
    (ひよこSEの偏見だけど、営業の外回りよりは、自分のペースで仕事ができるはず・・・)

エンジニアにならないほうが良さげな人

エンジニアにならないほうが良さげな人は、こんな感じ。

問題ありの例(言ってしまえば、誤解)
  • エンジニアは人間関係に縛られない⇒むしろ、コミュ力がいる世界
  • エンジニアは楽してそう⇒炎上プロジェクトもわりと多くて忙しい

30代は、要件定義や設計・工数見積りが求められるころ

さらに言うと、30代、遅くとも40代には、プログラミングだけでなく、要件定義や設計・工数見積りが求められます。

【関連記事】30代からプログラミングを学ぶのはもう遅い?やるなら知っておきたい3つの事実

ある程度プログラミングができる前提

「お客様から頂いた要望、実現するのにどれくらいかかる?」とお偉いさんに聞かれたら。

今までの設計(どんなプログラムにするかを決める作業)やプログラミングの経験から・・・

要件定義基本設計で0.5か月、詳細設計0.5か月。設計作業をある程度、簡素化するとしても1か月です。

プログラミング・テストでリリース準備も入れて1か月で、合計2か月です。

改修規模は、ステップ数ベースで、1KStepです」

みたいに答えることが求められます。

ひよこSEも簡単なものであれば、30代の上司は、規模が大きい開発でも当たり前にやります。

※見積もりを間違えると、開発プロジェクトの炎上の始まりで、メンバーに睨(にら)まれる。

それでも一から始めるなら全力で

30代で一からプログラミングを学び始めるとしたら。

「おれは、前職の経験があって・・・」なんていうのは、もってのほかですよ(ひよこSEみたいに20代のメンバーもたくさんいる)。

追いつくためになんでもやったるぞ」くらいの気持ちで、お仕事してもらいたいというのが、ひよこSEの願いです。

まとめ

「30代」に限定したときの転職保証付きのプログラミングスクールは、下記の3つです。

テックアカデミー侍エンジニア塾テックキャンプ
料金547,800円【16週間】473,000円
【24週間】649,000円
【通学】657,800円
【オンライン(夜間)】877,800円
※14日以内の返金保証付き
割引1か月前の申込
で5%OFF
(27,390円引き)
なし
(88,000円分のレッスンを
追加で受けられるおまけ付き)
①通学プランを選択で10万円引き
②夜間は1月31日まで5万円引き
受講期間4か月(16週間)4か月(16週間)
or 6か月(24週間)
【通学】70日
【オンライン(夜間)】182日
転職保証
(受講条件)
①20歳以上32歳以下
東京で勤務できること
③メモリが8GB以上の
PCを持っていること
①20歳以上31歳以下
②学生でないこと
③首都圏で勤務できること
(東京、埼玉、千葉、神奈川)
①18歳以上40歳未満
②メモリが8GB以上の
PCを持っていること
学習内容Java・Python【16週間】AWSのみ
(≒インフラエンジニア)
【24週間】AWS・Ruby
Ruby
教育訓練
給付金制度
詳細
受講中に50%
1年以内に採用で20%
支給される
なし受講中に50%
1年以内に採用で20%
支給される
公式テックアカデミー侍エンジニア塾テックキャンプ

料金的には侍エンジニア塾ですが、給付制度があるので、転職を必ず成功させるという前提で、テックアカデミーが一番安いです。

記事の後半では、エンジニアとしてのキャリアの話になりましたが、スクールを卒業してからが勝負

せっかく高いお金を出してエンジニアを目指すのに、「思ってたのと全然違う!」となってほしくないというひよこSEの想いがあります。

「問題ない。エンジニアになる!」と決心できた人は、全力で、3~6か月、勉強してくださいね。

将来、もしかしたら開発プロジェクトの現場で、お会いするかもしれません。

そのときは、よろしくお願いいたします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました