SE基本情報に出るIT用語

結合テストとは?複数のプログラム(モジュール)をつなげて動作確認

結合テスト(結合試験)とは、「複数のプログラム(モジュール)をつなげて動作確認するテスト」のことです。

IT(Integration Test)と呼ばれたり、SI(System Integrationt Test)と呼ばたりするけど、なんて呼ぶかはその時次第。

ひよこSE(@PiyoOct)が経験したプロジェクトでは、”SI”と呼んでいます(“IT”と呼ぶことの方が多いらしい)。

「モジュール」なんて難しい言葉が出るとビビりがちだけど、簡単に言えば「単体テストをくぐりぬけた部品(プログラム)を合体して動かしてみても、ちゃんと動くよね?」という疎通(そつう)確認をします。

一つ一つの部品(プログラム)を合体させて、「ホテル予約システム」なり「在庫管理システム」なり「会計システム」なり、誰かが使える「システム(製品)」が完成します。

言い換えると、実際に「システム(製品)」を試しに動かしてみて動くか?を見るのが結合テストです。

スポンサーリンク

結合テストとは、複数のプログラム(モジュール)をつなげて動作確認するテスト

結合テストとは、複数のプログラム(モジュール)をつなげて動作確認するテストです。

その前に、「モジュールってなんだ?」ってなってる人向けに、簡単に説明します。

モジュールとは?

単体テスト」の記事を見てくれている人は、「もういいよ」ってなると思うので適当に飛ばしてください。

モジュールとは、「プログラムの部品」のこと

例えば、ドラクエ。

実際のドラクエの作りはわからないけど、冒険の書を作ってオープニングムービーが流れるまでに、

  1. 冒険の書を作るプログラム
  2. オープニングムービーを流すプログラム

の2つのプログラム(モジュール)があると仮定します。

モジュールとは

「ドラクエ」というゲームをプレイするなら

冒険の書を作る→オープニングムービーを流す→・・・→魔王を倒してエンディング

みたいに、それぞれの部品(モジュール)を合体させて、ゲームとして動かないと意味がありません。

それぞれのモジュールが問題ない前提で、実際につなげて動くかが観点

ドラクエの例だと、「冒険の書を作る(勇者の名前を決める)」⇒「オープニングムービーを流す」ということを実際にやってみて正しく動作するか?を確認します。

結合試験とは

「冒険の書をつくるプログラム」と「オープニングムービーを流すプログラム」は、単体テストが終わったので、問題ない前提です。

問題ないプログラム(モジュール)同士をつなげて、通しでテスト。

たとえば、こんなことをテストします(あくまでイメージです)。

  • そもそも、フリーズせずに冒険の書を作ってムービーが正しく流れるか?
  • はじめに決めた勇者の名前がムービー内で正しく表示されるか?
  • プログラムの実行が終わったあとに、セーブデータは正しく保存されているか?

テストして不具合(バグ)が見つかれば、「冒険の書をつくるプログラム」と「オープニングムービーを流すプログラム」の仕様(考え方)がケンカをしています。

原因を特定。通しで動かしても問題ないように片方、あるいは両方の設計を修正します。

あれ、仕様がケンカしているとは限らないのでは?

結合テストでは、プログラム単体では悪さしない前提なので・・・

スポンサーリンク

結合テストで片方のモジュールがない場合はスタブとドライバで代用

結合テストでは、どちらか片方のモジュールがない場合もあります。

結合テストは「試しに動かしてみる」イメージ

え?実際につなげて動かすのに矛盾していない?

冒頭で「『システム(製品)』を試しに動かしてみて動くか?を見る」と、わざと回りくどい書き方をしました。

結合テストの段階では、「試しに動かしてみる」だけであって、まだまだ「練習」の段階です。

スポーツの世界で例えるなら、単体試験が個別トレーニングで、結合テストが「紅白戦」。

どちらか片方のモジュールがない場合は、紅白戦の人数が足りないイメージ!

夏の大会の本番に向けた「練習試合」は、さらに次の工程の、総合テストです。

開発中のモジュール(プログラム)があるなら、スタブとドライバで代用

というわけで、片方のモジュールがない可能性もあります(*´ω`)。

システム開発の話に戻ると、例えば「オープニングムービーを流すプログラム」は、全くの別会社に外注してて製作中のときとか。

そんなときは、「ドライバ」あるいは、「スタブ」という仮のプログラムを作って代用します。

  • 【ドライブ】別のモジュールを呼び出す仮のプログラム
  • 【スタブ】呼び出される側の仮のプログラム

「冒険の書をつくるプログラム」⇒「オープニングムービーを流すプログラム」の例の場合。

ドライブは「冒険の書をつくるプログラム」で、スタブは「オープニングムービーを流すプログラム」です。

スポンサーリンク

【余談】結合テストで単体テストレベルの不具合(バグ)が見つかるとめんどいよ

完全に余談だけど、結合テストで単体テストで見つかるべきレベルの不具合(バグ)が見つかるとめんどいです。だるいです。やるせないです。

早い話が、部品をつなげるうんぬん以前の問題で、1つのプログラム単体で自滅しちゃったってことなので(*´ω`)。

最悪は(あまりに単体レベルのバグが多いと)・・・「テストのやり直し」みたいな話になります。

大人の事情なので、あまり具体的なことは書けないけど・・・。察してください(-_-;)。

まとめ

結合テスト(結合試験)ときたら、「複数のプログラム(モジュール)をつなげて動作確認するテスト」のことです。

IT(Integration Test)と呼ばれたり、SI(System Integrationt Test)と呼ばたりするけど、なんて呼ぶかはお仕事をする場所次第。

単体テストをくぐりぬけた部品(プログラム)を合体して動かしてみても、ちゃんと動くよね?」という疎通(そつう)確認をするのが目的です。

合体して「うん。問題ないね」となれば、次の工程の「総合テスト」と呼ばれる、練習試合的な工程に進むと思ってくださいまし(-_-;)。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました