夏山登山 楽しみ方

登山のマットのR値って何?熱抵抗値のことで高いほど熱を遮断

どうも!ひよこSE(@PiyoOct)です。

登山のマットで、R値っていうのが出てきたけど何?

R値というのは熱抵抗値のことで、この値が高いほど熱を遮断できます。

※なかにはR値の表記がないメーカー(モンベルなど)もあるので、そこは注意です。

登山において、R値は

  • 夏の1シーズンなら1以上
  • 春・夏・秋の3シーズンなら2以上

が最低限必要ということになるのですが・・・。

冬山・雪山をやらない場合、「3シーズン対応」と書かれているマットを選ぶようにして、予備知識的に覚えておけばよしです。

スポンサーリンク

登山のマットのR値とは?

登山のマットに使われるR値というのは、熱抵抗値のことです。

当然ながら、寒くなるにつれて地面の熱がマットに極力、伝わらないようにしないといけません。

なので、登山のマットのR値は、夏~冬にかけて必要な値は高くなります。

じゃあ、R値はいくつ必要なの?

サーマレストの公式サイトより画像をお借りします。

サーマレストのR値の目安
サーマレスト”What is R-value?“より引用

VARIANCE ZONEというのが「差異のある箇所」なので、「境界線」と考えていいと思います。

すると、必要となるR値は

  • 夏の1シーズンなら1以上
  • 春・夏・秋の3シーズンなら2以上
  • オールシーズン(12月でも雪が降らない山とか)なら4以上
  • 雪山であれば6以上

です。

「登山用品の数値の表記を見たときは、過ごせる最低ライン」とひよこSEは、登山部の先輩に教わりました。

というのを踏まえると、個人差はあれど、それぞれ+0.1~0.5くらい多くR値を見積もっておいた方が快適に過ごせると思います!

R値の例:サーマレストのリッジレスト

ひよこSEが持っているサーマレストのリッジレスト。

気になったので確認しようとしましたが、マットに記載はなし。Amazonのサーマレストのページで確認してみることにしました。

ひよこSEは、3シーズンの登山をします!

登山のおすすめの銀マット

R値は2.1なので、春・夏・秋なら問題なし。テント泊も経験しています。

登山のマットは何がおすすめ?サーマレストかつ、最安値!」という記事でも紹介していますが、大学生のころに、登山用品店で購入。

「3シーズン対応」と記載があったので、何も考えずに購入した記憶があります。

・・・ぶっちゃけ、この記事を書くまでR値について聞いたことあるくらいの知識でしたが、基準を満たしていてよかった(´▽`*)。

まとめ:夏山だけならマットのR値は気にしなくてもいい

登山のマットに使われるR値にとは何かというと、熱抵抗値のことです。

R値が高いほど、多くの熱を遮断されて、

  • 夏山なら1~1.5
  • 3シーズンなら2~2.5

が目安になります。

登山用品店にいけば「3シーズン対応」みたいにマットの性能が書いてあるので、R値について深く意識しなくてもその通りに買えばよし。

ひよこSEは、サーマレストのリッジレストを持っていますが、R値は2.1。

3シーズンの基準の2より0.1多いだけですが、特に寒いと思ったことはないです。

というのを踏まえると、夏山を含む3シーズンの登山であれば、R値について予備知識として知っておけば十分。

それほど深く心配する必要はないというのが結論です。

R値については以上です。他の装備の記事についても読んでもらえると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました