アレンジ・豆知識 コーヒー

コーヒー豆をそのまま食べることってできるの?害はないけどパサパサするかも

コーヒー豆をそのまま食べることってできるの?

と思ったことがある人に朗報です!

結論から言うと、食べることは、できます!

チョコで豆がコーティングされたお菓子、スーパーで見たことありますよね。

▼この子

お菓子になるくらいだし、直接的な害はないので、大丈夫です。

ただ、口の中にパサパサと粉が残ると思うので、管理人はオススメしません、、、

今回は、コーヒー豆をそのまま食べてみたい!という方のために、チョコか牛乳と一緒に食べたらおいしいよねって話と、食べるときの注意点をお伝えします。

スポンサーリンク

コーヒー豆をそのまま食べてもいいけど、たぶん苦くてパサパサ

コーヒー豆をそのまま食べても、害はありません。

コーヒーチョコを食べたことがありますが、コーヒー豆そのものは味がしないですし、粉が口の中に残ってパサパサしてた記憶があります。

管理人もいつかやってみようと思いますが、期待はしないほうが無難です。

・・・やったら追記します(´▽`*)。

コーヒー豆を食べるなら、チョコか牛乳と一緒がおすすめ

コーヒー豆をそのまま食べる

というわけで、コーヒー豆をそのまま食べるなら、そのままではなく

  • チョコレート
  • 牛乳

とのどちらかと一緒に食べるのがおすすめ。

コーヒー豆を食べるときのお供①:チョコレート

まずは、チョコレートと一緒に食べるのがおすすめ。商品化もされてるし、安心。

たぶんですが、チョコレートと、かみ砕いたコーヒー豆の粉とがミックスされるのでいけると思います。

それじゃあ、今あるお菓子と変わらないじゃん!

たしかにそうかも・・・(;´Д`)

それだったら、カバヤのチョコを食べてもいいかもしれません(汗)。

コーヒー豆を食べるときのお供②:牛乳

コーヒー豆を食べるときのお供として、もう一つ合いそうなのが牛乳

コーヒー豆と牛乳って合いそうじゃないですか?絶対いけます!!

普通のコーヒーにも、ミルクを混ぜるのでいけます!!

コーヒー豆が口の中に残ってもあまり気分はよくないですし、洗い流す(?)という意味でも、個人的にはアリです!

コーヒー豆の食べすぎに注意!1日30gまでが上限

コーヒー豆を食べるということは、コーヒーを飲んでいるのと同じこと。

1日30gを目安に、食べすぎに注意しましょう。

コーヒー豆の量は1杯につき10~12g

コーヒー1杯当たりのコーヒー豆の量は、10~12g

コーヒー豆は、基本的には10gに対して130mlくらいでおいしくなるようになっているはずですが、銘柄・品種によってその量は微調整するべき。

コーヒー1杯あたり豆の量は10~12gが目安。微調整が必須」という記事でも説明しているのでぜひ読んでください。

コーヒーは1日3杯まで

コーヒーの飲みすぎに注意!1日3杯までが上限です」という記事でも解説していますが、カフェインの摂りすぎになるので、コーヒーは1日3杯までです。

※妊婦さんの場合は、1日1杯までとしておくのが無難です。

1杯につき10~12gを1日3杯まで。コーヒー豆は30~36gが上限

コーヒー豆の量と一日の上限である、

  • 1杯につきコーヒー豆は10~12g
  • 1日3杯まで

という情報を組み合わせると、コーヒー豆をそのまま食べていいのは、

  • 最小:10g×3杯=30g
  • 最大:12g×3杯=36g

となります。

なので、コーヒー豆を食べるのは、1日30gとしておくのが無難

まとめ:コーヒー豆をそのまま食べることはできるけど、お供にチョコか牛乳を

コーヒー豆は、そのまま食べることできるけど味は微妙だと思う」が結論です。

害はないと思いますが、口の中にパサパサと粉が残ると思うので、そのままはオススメしません。

そこで、コーヒー豆を食べるなら、チョコか牛乳と一緒に食べるのがおすすめ。

コーヒー豆をそのまま食べるという発想は、意外といけるのかもしれせん。

管理人もやってみたら追記します(´▽`*)。

1点だけ注意ですが、くれぐれも、コーヒー豆の食べすぎには注意しましょうね。1日30gまでです!

30gって結構あるから大丈夫だとは思います!

この記事が面白いと感じたら、他のコーヒーのコラムも、ぜひ読んでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました