コーヒー ハンドドリップ

コーヒー1杯あたり豆の量は10~12gが目安。微調整が必須

自宅でハンドドリップコーヒーを淹れる習慣がある人は、

  • コーヒー1杯に使う豆の量は何グラム(g)であるか?
  • コーヒー1杯は何ミリリットル(ml)なの?

と、迷ったことのある人も多いのではないでしょうか。

管理人は、チェーン店の喫茶店でアルバイトをした経験があり、そこでハンドドリップの基本を教わりました。そこで教わったことをそのまま書きます。

  • コーヒー豆の目分量は厳禁
  • コーヒー豆の量:1杯につき12g
  • コーヒーの抽出量:1につき130ml

※ただし、「〇〇ブレンド」(商品名)の場合

「1杯につき12gが結論」と言いたいところなのですが・・・。

わざわざ「※『〇〇ブレンド』(商品名)の場合」と書いてあるのが重要。

実は、豆の量を調整しながら試すということが、おいしくいただくコツです。

  • コーヒー豆の種類によって最適なグラム数は変わる
  • 10~12gの間で、計って試してみる

絶対にやってはいけないのが、目分量。目分量だと味が安定しないのでダメですよ。

本記事では、コーヒー豆の量は10~12gを目安して、測りましょうというお話をします。

スポンサーリンク

コーヒー1杯あたりの豆の量は、基本的には10~12g

コーヒー1杯あたりの豆の量は、基本的には10~12g

コーヒー豆の量は、「1杯=10~12g」と思っておけば、問題ありません。

冒頭に書いた通り、コーヒー豆の種類によって最適なグラム数は変わります。

個人的な感想になりますが、高級なコーヒー豆ほど、少なめにしたほうがおいしいので

  • 高級な豆(100gあたり500円以上):10g
  • 普通の豆(100gあたり300円~500円):12g
  • インスタントコーヒーなどの安い豆:記載通り

を目安に、調整するのがいいと思います。

コーヒー豆は、10~12gを目安に、高い豆ほど少なめに調整しましょう。

コーヒー豆が100gであれば、8~10杯分

コーヒー1杯あたりの豆の量は、基本的には10~12gが目安。

100gのコーヒー豆を買った際は、8~10杯分が抽出可能です。

  • 1杯当たり10gだとすると、100÷10=10杯
  • 1杯当たり12gだとすると、100÷12=8.33…≒8杯

コーヒー豆が200gであれば、16~20杯分

コーヒー豆が100gの場合と同様に計算すると、200gのコーヒー豆を買った際は、16~20杯分が抽出可能です。

  • 1杯当たり10gだとすると、200÷10=20杯
  • 1杯当たり12gだとすると、200÷12=16.667…≒16杯

コーヒー1杯あたりの豆の量は、10gスプーンを使って計量

コーヒー1杯あたりの豆の量は、10gスプーンを使って計量

コーヒー豆10~12gをはかるときは、10gのコーヒー用のメジャースプーンを使えばいいです。

繰り返しますが、目分量はダメです。( *`ω´)

1杯あたりの量はメジャースプーンごとに異なります(8g~12gまでいろいろあります)が、選ぶのは10gのスプーンでいいです。

コーヒー1杯当たりのグラム数の計量を10gのスプーンにする理由

10gのスプーンにする理由は、2つあります。

  • 8gは値段が高いものが多いから
  • 10~12gの微調整しやすいから

メジャースプーンは、グラム数が重要。あとは、デザインで決めればよいです。

■10gのメジャースプーン【グラム数はこれでよし】

HARIO (ハリオ) V60 計量スプーン シルバー M-12SV

■(参考)8gのメジャースプーン

【CoLoUR】ステンレス製コーヒー計量スプーン8g用 (8.8cm)

■(参考)12gのメジャースプーン

HARIO (ハリオ) V60 計量スプーン シルバー M-12SV

コーヒー1杯あたりの豆の量のおすすめのはかり方は微調整

コーヒー1杯あたりの豆の量のおすすめのはかり方

コーヒー豆の最適なグラム数について、コーヒー豆の種類によって異なります。

まずは「1杯分=10g」とし、そこから徐々に増やしていく

そこで、まずは「1杯分=10g」とし、そこから徐々に増やしていくようにします。

  1. コーヒースプーン1杯(10g)で抽出
  2. 薄いと感じたら、山盛り1杯

  • 「1杯分=10g」で抽出して
  • そこから豆の量を増やし
  • おいしいと思えるグラム数を探していく

ようなイメージで行くと、ベストなグラム数が見つかると思います。

高級な豆ほど、10gちょうどが適量だと個人的には思いますが、あとは好みに応じて調整してくださいね。

コーヒー1杯あたりの抽出量はコーヒーサーバーにお任せする

「ところで、1杯何ml(ミリリットル)なの?」と思った人は、コーヒーサーバーにある目印に沿って、抽出量を調整するだけでいいです。

管理人おすすめのコーヒーは、5杯分(650ml)まではかることができる、ハリオのコーヒーサーバーです。値段的にも1,000円を切っているのでリーズナブル。

持っていない方は、この機会に購入することをおすすめします。

<おすすめのコーヒーサーバー>

HARIO (ハリオ) V60 コーヒーサーバー 700ml VCS-02B

コーヒー1杯あたりの豆の量についてのまとめ

コーヒー1杯あたりの豆の量は、10~12gです。

10〜12gは、スプーンで必ず計りましょう。目分量は味にバラつきが出るのでダメです。

1杯あたりの1コーヒー豆の量
  • 高級な豆(100gあたり500円以上):10g
  • 普通の豆(100gあたり300円~500円):12g
  • インスタントコーヒーなどの安い豆:記載通り

コーヒー豆の量は、いったん「1杯分=10g」として、そこから微調整します。

  1. コーヒースプーン1杯(10g)で抽出
  2. 薄いと感じたら、山盛り1杯

あとは、サーバーの目印通りに130mlを抽出すればいいので、10~12gの中で自分好みの豆の量を探してくださいね。

コーヒー豆をはかって、おいしい1杯を楽しみましょう。

<おすすめのコーヒースプーン>

<おすすめのコーヒーサーバー>

HARIO (ハリオ) V60 コーヒーサーバー 700ml VCS-02B

コメント

タイトルとURLをコピーしました