アレンジ・豆知識 コーヒー

コーヒーの2050年問題で、コーヒーはどうなるのか予想してみた

「コーヒーの2050年問題」っていうのを、聞いたことあるけど。大丈夫かな?

管理人ひよこSE(@PiyoOct)も、2020年になって、この問題を知りました。

「コーヒーの2050年問題」っていうのは、早い話、「主要生産国のコーヒーの生産量が半減しちゃうかもしれないよ」というものらしい。

実際に主要生産国のコーヒーの生産量が半減したら、どうなってしまうのか、2050年の未来について考えてみたところ

  • コーヒー豆の価格が倍増
  • 主要生産国の貧困化が進む
  • “made in China”が、コーヒーにも進出

ということが起こると予想しています。

“made in China”が、個人的には一番いやだ・・・。

本記事では、「コーヒーの2050年問題」とはなにかを簡単に説明して、その後の未来・影響について考察します。

スポンサーリンク

「コーヒーの2050年問題」って何?

そもそも、「コーヒーの2050年問題」って何?

「コーヒーの2050年問題」とは何か、KEY COFFEEの説明を一部引用します。

現在と2050年の地図を比べると、「気温の上昇」のほか「湿度の上昇」や「降雨量の減少」などさまざまな変化が起こることが表れています。 しかも、このような現象はブラジルだけにとどまらず、中南米、アフリカなど世界中で起きると予想されており、このまま影響を受け続ければ2050年にはアラビカ種のコーヒー栽培に適した土地は現在の50%にまで縮小すると報告されているのです。これが「コーヒーの2050年問題」です。

KEY COFFEE「コーヒーの2050年問題」より引用

「コーヒーの2050年問題」とは何かについて、まとめると、

  • 「気温の上昇」とか地球温暖化で気候が変化する
  • ブラジル、中南米、アフリカなどでコーヒーが生産できなくなる
  • アラビカ種のコーヒー栽培に適した土地は現在の50%にまで縮小

というのが、「コーヒーの2050年問題」です。

コーヒーが地球温暖化で、飲めなくなるかも?と覚えておけばOKです!

【補足】アラビカ種とは、高級なコーヒー豆のこと

ところで、アラビカ種って何?

と思った人もいるかもしれないので簡単に説明しておきます。

コーヒー豆の種類は、「アラビカ種」と「ロブスタ種」の2種類が主なもの。

  • アラビカ種:高地で栽培されており、高価なストレートコーヒーとして販売
  • ロブスタ種:低地でも栽培可。安価な缶コーヒーや、インスタントコーヒーに使われる

そのうちの、「アラビカ種」は高級なコーヒー豆であるかわり、高地で栽培されているもので病気にも弱く、気候が超重要な種類。

反対に、「ロブスタ種」は、気候とかの融通が利きます。

気候が超重要な、「アラビカ種」の生産量が半減するのが、「コーヒーの2050年問題」というわけです。

コーヒー豆の種類はアラビカ種とロブスタ種の2つ。おすすめは8品種」という記事でも、説明しているので、ぜひ読んでくださいね。

「コーヒーの2050年問題」で起こりえること3つを予想

「コーヒーの2050年問題」で起こりえることは、

  • コーヒー豆の価格が倍増
  • 主要生産国の貧困化が進む
  • “made in China”が、コーヒーにも進出

の3つかなぁと思っています。

「コーヒーの2050年問題」の予想①:コーヒー豆の価格が倍増

「コーヒーの2050年問題」で、コーヒー豆の価格が倍増することが予想されます。

「2050年にはアラビカ種のコーヒー栽培に適した土地は現在の50%にまで縮小する」(KEY COFFEE)ので、その分だけ価格が倍増するのは予想できますよね。

「アラビカ種」は、100gあたり500円~1,000円が相場。

2050年には、1,000~2,000円くらいになってしまうかもしれません、

「コーヒーの2050年問題」の予想②:主要生産国の貧困化が進む

「コーヒーの2050年問題」によって、主要生産国(ブラジルや、コロンビアなどの熱帯付近の国)のさらなる貧困化が進む可能性大です。

別に、コーヒーの生産量が減ったくらいじゃ困らないんじゃ・・・

基本的には、コーヒーは発展途上国がメインで生産。発展途上国は、「モノカルチャー経済」であることも多いです、、、。

「モノカルチャー経済」って?

モノカルチャー経済」とは、

  • 一つの産業だけに頼っている状態
  • そこからさらに、経済を発展させることができない状態

のこと。

早い話、コーヒーの生産をメインの収入源としている国が、コーヒーで稼げなくなると、他に稼ぐ手段がないので困ってしまいます。

すると、「コーヒーの主要生産国のさらなる貧困化が進むこと」になってしまいますね。

ただでさえ、貧富の差が激しいのに、これ以上は考えたくないですね、、、。

「コーヒーの2050年問題」の予想③:”made in China”が、コーヒーにも進出

「コーヒーの2050年問題」で個人的には一番イヤなのが、“made in China”が増えること。

コーヒー豆の種類はアラビカ種とロブスタ種の2つ。おすすめは8品種」という記事でも書いていますが、コーヒーの生産国に中国、しっかりといます。

  • オセアニア・太平洋(2):オーストラリア、ハワイ
  • アジア(13):中国、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、インドネシア、フィリピン、東ティモール、パプア・ニューギニア、ネパール、インド
  • アフリカ・中東(25):イエメン、エチオピア、ケニア、タンザニア、ルワンダ、ブルンジ、ウガンダ、コンゴ、ザンビア、ジンバブエ、モザンビーク、マラウイ、マダガスカル、アンゴラ、中央アフリカ、ガボン、カメルーン、ナイジェリア、ベナン、トーゴ、ガーナ、コートジボワール、ギニア、リベリア、シエラレオネ
  • 中南米(18):メキシコ、グァテマラエルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ、パナマ、キューバ、ジャマイカ、ハイチ、ドミニカ共和国、ベネズエラ、コロンビア、エクアドル、ペルー、ボリビア、ブラジル、パラグアイ

インドネシア、タンザニア、グァテマラ、エルサルバドル、パナマ、ジャマイカ、コロンビア、ブラジルなどなど、赤線を引いている国が主要国。

これらの国は、すべて赤道付近なので、影響を一斉に受けます

赤道付近は、コーヒー生産国が多いので「コーヒーベルト」なんて呼ばれたりもします!

「コーヒーの2050年問題」で、「赤道付近のコーヒー生産国の生産量が減った」と仮定したとき、“made in China”コーヒーのシェアが拡大する可能性もあるかもしれません。

まとめ:「コーヒーの2050年問題」でコーヒーが飲めなくなるかも

「コーヒーの2050年問題」で、当たり前に飲んでいるコーヒーの生産量が半減。

飲めなくなるかもかもしれません。

具体的には、

  • コーヒー豆の価格が倍増
  • 主要生産国の貧困化が進む
  • “made in China”が、コーヒーにも進出

という問題が発生するかもしれません。

地球温暖化を食い止めるべく、エコを心がけるのはもちろんのこと・・・。

今のうちに、おいしいコーヒーをたくさん飲んじゃいましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました