SEフリーランスエンジニア

フリーランスエンジニアのエージェントは複数登録できる?2社目の注意点も解説

フリーランスエンジニアのエージェントは複数でも問題ないの?2社目を考えているだけど。

結論から書けば、複数登録しても問題ありません。ただ、案件が決まったら1社に必ず絞ってください。

エンジニアの立場からすれば、作業単価はそのまま、自分のふところに入ってくるお金になります。

「作業単価は、3,500円と4,000円のどちらがいいですか?」といわれれば、より高い単価の4,000円です。

マージンも同じように、高ければ高い分だけ損するので、営業代行してくれるのはありがたいけど、手数料は1円でも安い方がお得です。

となれば、「複数登録しようかな~。実は、大手より安いところあったりして」みたいに考えるのは普通のことなので、あまり気にしなくていいです。

そして、2社目に登録する(言い方が悪いなぁ 笑)フリーランスエンジニアのエージェントは、下記3社がおすすめです(個人的にはテックビズから)。

  1. 【テックビズフリーランス】案件継続率97%。「アジアの注目企業100」に選出。
  2. midworks】案件充足度と価格満足度が2年連続で1位
  3. フォスターフリーランス】「直請けで高単価」がウリ
スポンサーリンク

フリーランスエンジニアのエージェントは複数登録しても問題ない

フリーランスエンジニアのエージェントは、複数登録しても問題ありません。

※ただ、筆者のひよこSE(@PiyoOct)だったらあまり大きな声では言えないので、こそっとですよ・・・。

フリーランスが単価とマージンで、よりいい条件を求めるのは当然

フリーランスエンジニアになるには?まずは副業か独立かを決める」でも書いていますが、フリーランスは「フリーとして案件がとれるか?」と、「単価がいくらになるか?」が勝負

自分の持っているスキルに対して、「作業単価がいくらになるか?」の勝負。単価が命です。

そして、エージェント経由であるなら、マージンがかかります。

エージェントは人脈を持ってて営業代行をしてくれているから、かかる費用としては仕方ないけど、マージンが高いとそれだけ自分に入ってくるお金が減ります

となると、よりいい条件を提示してくれるエージェントを利用したくなるのは、エンジニアの立場からすれば当然のこと(似たような案件であればなおさら)。

内定キープしながら、就活を続けるようなもの

う~ん、でも罪悪感もあるし・・・。

わかります。ただ、エージェントに複数登録するのを例えるなら、内定キープしながら、就活を続けるようなものです。

内定を出した企業からしてみれば、

頼むよ。うちに決めてくれ・・・。

となりますよね。

でも、就活生であれば当たり前のように。

納得するまで(≒もっといい会社から内定出るかもしれないから)就活を続けます。

「いいか?悪いか?」だけで言えば、ダメだし。いざ内定を辞退したときは、文句のひとつや二つは言われるけど、理想論が通用しない世界もあるからこそ、企業側のオワハラ的なのがニュースになるわけです。

ひよこSEからしてみれば、お互い様の世界ですね!

スポンサーリンク

フリーランスエンジニアのエージェントに複数登録する注意点は?

フリーランスのエージェントに複数登録してもいいのですが、注意点は、かならず案件が決まったら1社に絞ることです。

※例外は、「副業的に案件を掛け持ちしたいけど、紹介してもらえなかった」的なときだけ。それでも、メインのエージェントさんに相談した上で、2社目を登録した方が無難です。

とある本でのエピソード

エンジニアがフリーランスで年収1000万円になるための稼ぎ方」(大和賢一郎 著)に書かれているエピソードがすべてを物語っています。

私も以前、2つのエージェントを競わせたことがありました。現在は1社に落ち着きましたが、エージェントからは電話で「大和さん、ひどいですよ(笑)」と怒られ、「うちだけに絞ってもらえませんか?」と懇願されました。

マージンは、1円でも安く。提示される単価は、1円でも高い方がいいですからね(笑)。

現実に出版されている本で堂々と、「以前、2つのエージェントを競わせた」と書いちゃってます。

分けたくなる気持ちはわかるけど、1社にする

ただ、もう一度だけ書くと。

今後お付き合いするエージェントは、かならず案件が決まったら1社に絞るようにしてください。

明らかに不当な単価を提示されたとかではない限りは!

下手に浮気(?)し続けると、最悪の場合はトラブルに発展します。

2社目に登録するべきフリーランスエンジニアのエージェントは?

「フリーランスエージェントに複数登録してもいいんだなぁ~」となっても、

それじゃあ2社目どうしたらいいの?

となりますよね。

2社目はニッチなところを攻める

1社目に有名どころを登録しているとしたら、2社目はニッチなところを攻めるべきです。

おそらくですが、この記事を読んでいるということは、

  • 1社目は、登録済みであり、ある程度の前提知識がある
  • ギー●ス・レ●テック・p●-b●nkあたりの大手は検討済み

ということが予測できるので(笑)。

その上で、2社目に登録するべきエージェント3社を書くと下記のようになります。

  1. 【テックビズフリーランス】案件継続率97%。「アジアの注目企業100」に選出。
  2. midworks】案件充足度と価格満足度が2年連続で1位
  3. フォスターフリーランス】「直請けで高単価」がウリ

1社目:テックビズ【個人的おすすめ】

テックビズの特徴は下記の通り。

運営会社株式会社NKC ASIA
対応地域東京・北海道・宮城・愛知・石川・大阪・岡山・広島・福岡
特徴平均年収720万円/案件継続率97%/案件登録数5,000件
案件非公開
マージン非公開

2015年に設立されたばかりですが、「アジアの注目企業100」に選出されているだけあって、対応地域も、そこそこ広い(石川とかあったりする)のが特徴です。

テックビズフリーランスの評判は?開始2年で1000人のエンジニアを持つエージェント」でも書いていますが、フリーランス事業開始2年で1,000人の登録者。事業の成長率・営業力がすごいです。

年収などの数字を見れば、「うんうん、良い案件紹介してくれそう」となりますね~

大手のエージェントにはない、ニッチな非公開案件を持ってそうな雰囲気がありますね!

2社目:Midworks

Midworksの特徴は下記の通り。

運営会社株式会社BrandingEngineer
対応地域東京・大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山・三重
特徴案件充足度と価格満足度が2年連続で1位
案件一部公開(80%程度が非公開)
マージン20%固定?

Midworksは、2019年・2020年と案件充足度と価格満足度が1位です(ゼネラルリサーチ)。

対応地域からして、関西に案件が偏っていることが考えられるので、関西にお住みの方におすすめです。

3社目:フォスターフリーランス

フォスターフリーランスの特徴は下記の通り。

運営会社株式会社フォスターネット
対応地域東京・千葉・神奈川・埼玉
特徴案件保有数5,000件以上、直請け案件
案件一部公開(90%程度が非公開)
マージン非公開

エンジニアの方であれば、「直請け」と言う言葉に、反応を示さない人はいないかと。

ただ、対応地域が首都圏に限られているので、そこだけ注意です。

3社ともリモート案件があり

3社ともリモートの案件を保有しているので、雰囲気に合いそうなところを登録してみてくださいね!

マージンとかも大切だけど、なんだかんだ「合う・合わない」のフィーリング大切です。

フリーランスエンジニアの複数案件掛け持ちはだめ?

フリーランスエンジニアで複数案件の掛け持ちってダメなの?複数登録するイメージで。

と言われれば、「ありだけど、高稼働になりすぎないように気を付けてね」の一言です。

稼働の交渉に対しては、Noを言うことになる

まぁ、システム開発は、良くも悪くもスケジュール通りに進むことは決して多くないわけで。

例えば、メインの案件に加えて、週3で参画している副業的な開発案件があったとして、「途中で炎上気味になりました」というときに。

○○さん、週3の契約だけど、週4で対応できたりする?

という交渉については、「No」と回答することになります。

高稼働になりがちなのがデメリット

うっかり「Yes」と言えば、高稼働となることは確実。これが複数案件掛け持ちのデメリットです。

押しに弱い人は、特に注意!

キッパリと「無理です」と言えるのなら、複数案件を掛け持ちしてもいいと思います。

まずはメインのエージェントに相談。ダメなら2社目を検討は変わらない

1つのエージェント経由で「副業的に案件を掛け持ちさせてくれるか?」相談するだけしてみてもいいと思います。

複数登録のくだりと一緒で「ない」と言われれば、2つ目のエージェントを探すとか。

ただ、エージェントを1つにしたほうが、掛け持ちするときの稼働まわりも交渉がスムーズなのは間違いないです。

最後は、話がそれましたが、この記事の本題についてもう一度言うと、フリーランスエージェントに複数登録しても問題ありません。ただ、案件が決まったら1社に必ず絞ってくださいというお話でした。

  1. 【テックビズフリーランス】案件継続率97%。「アジアの注目企業100」に選出。
  2. midworks】案件充足度と価格満足度が2年連続で1位
  3. フォスターフリーランス】「直請けで高単価」がウリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました