SE基本情報に出るIT用語

APIとは?異なるシステムの間に入る窓口的な存在

どうも!ひよこSE(@PiyoOct)です。

APIって何?

APIをひとことでわかりやすく言えば、「異なるシステムの間に入る窓口的な存在」です。

「異なるシステムの間に入る窓口」って言われても、ピンとこない・・・ですよね。

「よくわからんなぁ~」ってなった時は、具体例を見ながら覚えるのがよき。これからきちんと説明します。

スポンサーリンク

APIとは、異なるシステムの間に入る窓口的な存在

APIとは、「異なるシステムの間に入る窓口的な存在」とまずは、呪文のように唱えながら・・・。

レジとキャッシュレス決済の間みたいに、異なるシステムの窓口になる

例えば、レジでお金を払うときによく使う、キャッシュレス決済は、たぶんAPIが使われています(実際に開発した人間ではないので、「たぶん」になるけど、だいたい合ってると思う(*´ω`))。

レジのシステム⇔API(窓口)⇔キャッシュレス決済(Paypayとか)のシステム

  • レジの「金額を計算/レシート出す」的なシステム
  • キャッシュレス決済の「タッチしたら支払いがされるよ」的なシステム

のように、レジとキャッシュレス決済のシステムは、全くの別物

その証拠に、キャッシュレス決済を導入していない店舗もたくさんあるわけで・・・。

レジでキャッシュレス決済を使えるようにしたいなぁ~

とお店が思うからこそ、お客さんが使うことができきす。

そのときに、まさか、レジのプログラムを変えるのは面倒だし、お金かかるし・・・で。

そんなときは、APIが2つのシステムの間に入って、やりとりができるように窓口的な役割を果たします。

「アプリケーション」と「プログラム」の接点

ちなみに、APIは英語で書くとこんな感じ。

  • A:Application(アプリケーション)
  • P:Programming(プログラム。「元のプログラム」って思えばいいかも)
  • I:Interface(接点・コンセントの接続口)

なんとなく、くっつけると「アプリケーションとプログラムの接点」です。

ちょいと意訳して、「異なるシステムの間に入る窓口」とひよこSEは解釈しています(*´ω`)。

※P:Programmingからみたら、A:Applicationは全く別のシステム。その逆もしかり。この解釈で行くと、「A:キャッシュレス決済、P:レジのシステム」。AをPで使えるようにしたいからAPIみたいな感じで・・・。うまく説明できないや。ごめん 笑。

スポンサーリンク

APIの例

APIの例について、レジとキャッシュレス決済以外に、いくつかピックアップします。

  • Nintendo Switchと、スマホアプリ(ピカブイとPokemon GOでポケモンがやりとり可能)
  • ネットショップで、Amazonアカウント(異なるECサイト)で決済できる便利機能
  • OSの各種機能(=API)をアプリケーションが利用する(H20基本情報)

繰り返しになりますが、「たぶん」です。

ただ、Nintendo Switchと、スマホアプリ(ピカブイと、ポケモンGO)のように。

APIとは?異なるシステムの間に入る窓口的な存在

異なる世界であるはずのシステム同士が、つながっているように見えるのは、APIと呼ばれるプログラムが、窓口的な役割をしてくれている可能性が高いですね。

APIのメリットは?

APIのメリットは、「異なるシステムの窓口(=API)を使って、なんかしたら、おかしくなりました」ってなったときに、APIのプログラムだけを直せば修正が完了すること。

え?どういうこと?

そうですね。例えば、Nintendo Switchからスマホアプリに、なんかのデータを送ったときに。

スマホアプリ側のデータがおかしくなったとして、その原因が窓口役のAPIだったとします。

このときに「Switch側と、スマホアプリ側のプログラムの修正は必要か?」といえば、不要です。

APIがおかしいのならば、APIのプログラムだけを直せばいいわけで。

Switchとスマホアプリ側は、直した後のAPIのプログラムを読み込みなおして、再リリースし直すだけでいいわけです。

Switchのプログラムと、スマホアプリ、それぞれの本体のプログラムを触ると、何があるかわからないから、なるべく手を加えたくないわけです!

これを試験っぽく書くと、メリットは下の通りだったりします。

  • 開発が効率化される
  • 開発工数が削減される
    ⇒どこを直せばいいかがわかりやすいし、修正も少なく済む
  • セキュリティが向上する
    ⇒異なるシステム同士は、APIだけが接点なので、不具合も起きにくいし安全性が担保される
スポンサーリンク

まとめ

APIときたら、「異なるシステムの間に入る窓口的な存在」だと思ってください。

システム的には別の世界なのに、いろんな便利機能がつかえるとしたら、ほぼAPIのおかげです。

ふんわりとした言葉で、理解しづらいかもですが、そんなもんだと思ってくださいまし(-_-;)。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました