コーヒー 産地の紹介

おいしくて安いコーヒー豆を3品種紹介【100g500円以内】

100g600円以内の、おいしくて安いコーヒー豆は全部で3つあります。

通販で100g500円以内の安いコーヒー豆となると、管理人が知る限りではワルツ以外は、見つかりませんでした。

通販で味にこだわるとすると、100g700円前後が最安値です。(青海珈琲

この記事を読むのに向いている人
  • コーヒー豆の種類や値段の相場がよくわからない人
  • ハンドドリップを覚えたばかりで、初めに飲むコーヒーで悩んでいる人

ワルツ以外となると、「スーパーで買えるおすすめのコーヒー豆はただ一つ。小川珈琲のコーヒー豆」という記事で紹介している小川珈琲の豆をスーパーかアマゾンで買うのがおすすめです。

スポンサーリンク

おいしいくて安いコーヒー豆でも最低でも100gあたり400円以上

おいしいコーヒー豆を飲もうと思ったら最低でも、100gあたり400円以上の出費となります。

コーヒー1杯あたりのグラム数は10~12gを目安。微調整で増減させる」という記事でも紹介していますが、コーヒー1杯あたりに必要な豆は10g。

100gあたり400円のコーヒー豆の1杯当たりの値段は、40円となります。

喫茶店のコーヒーは、1杯400円前後であることを考えればそれほど高くないですよ~!

※スーパーやスタバ、カルディで買えるコーヒー豆は安いですが、正直それほど美味しくないです。専門店か通販推奨です。

関連記事>>スーパーで買えるおすすめのコーヒー豆はただ一つ。小川珈琲のコーヒー豆

▼唯一のおすすめ(小川珈琲)

おいしいくて安いコーヒー豆のおすすめの品種は3つ

100gあたり500円以内のおいしいくて安いコーヒー豆を3つ紹介します。

購入は、ワルツの通販サイトからできます。

紹介する3つのコーヒー豆は、コーヒー豆のランクで「プレミアムコーヒー」にランクづけられているので美味しいですよ。

おいしいくて安いコーヒー豆その1:キリマンジャロAA

1つ目は、キリマンジャロAAです。

キリマンジャロAAは、タンザニアのキリマンジャロ山で栽培されている豆です。

キリマンジャロといえば、セブンカフェ

キレのある酸味とははっきりとした苦みのコントラストに特徴があり、ケーキなどの甘い食べ物との相性が抜群。

セブンカフェでも取り扱っているので名前だけ知っている人も多いはず。

カフェオレにして飲むと、おいしく飲むことができます。

関連記事>>キリマンジャロコーヒーの特徴は、キレのある酸味【カフェオレがおすすめ】

価格:100gあたり464円(税込)

おいしいくて安いコーヒー豆その2:グァテマラ ビクトリー

2つ目に紹介するコーヒー豆は、グァテマラ ビクトリー。

グァテマラコーヒーは、チョコレートのような味わいと、柑橘系の香りが特徴的。

後味のほどよい苦いと、コクがしっかりしていて味わい深いコーヒーです。

価格:100gあたり468円(税込)

おいしいくて安いコーヒー豆その3:コロンビア

3つ目に紹介するコーヒー豆は、コロンビアです。

コロンビアは、力強くスッとした苦みが特徴。ナッツのような風味があります。

価格:100gあたり453円(税込)

コロンビアコーヒーといえば、エメラルドマウンテン

なお、コロンビアコーヒーで最も高級なのがエメラルドマウンテン。

ジョージアの缶コーヒー?

その通りです。実際には、「ロブスタ種」といって、安いコーヒー豆が混ぜれれていますが、エメラルドマウンテンは、すっきりとした感じのいい苦みが味わえます。

関連記事>>コーヒー豆の種類はアラビカ種とロブスタ種の2つ。おすすめは8品種

コロンビアといえば、エメラルドマウンテン。多少高いですがアマゾンで購入してみてください。

おいしいくて安いコーヒー豆についてまとめ

予算が、100gで500円以内のコーヒー豆をまとめます。

おいしいくて安いコーヒー豆のまとめ

今回紹介したコーヒー豆以外にも、価格帯が400円~700円のコーヒー豆をワルツの通販では扱っているので、ぜひのぞいみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました