コーヒー 豆選び

スペシャルティコーヒーとは、流通量が5%以下の最高級のコーヒー豆

スペシャルティコーヒーとは、コーヒー豆の中でも最高級の豆です。

コーヒーのランクには、

  • スペシャルティコーヒー
  • プレミアムコーヒー
  • コマーシャルコーヒー
  • ローグレードコーヒー

の4種類ありますが、その中でもトップの品質を誇るコーヒー豆が、スペシャルティコーヒーなのです。

おすすめは、3つです。

紹介した上記3つについて、これらはすべて名古屋のコーヒー豆屋さんで買ったことがあるので、通販で買わなくても格安で買えます!

スポンサーリンク

スペシャルティコーヒーとは、最高級のコーヒー豆

コーヒー豆のランクは、下図の通りです。

スペシャルティコーヒーとは

コーヒーのランクには

  • スペシャルティコーヒー
  • プレミアムコーヒー
  • コマーシャルコーヒー
  • ローグレードコーヒー

の4種類があります。

スペシャルティコーヒーは、4種類のランクの中でも、トップの品質を誇るコーヒー豆です。

希少性が高く、流通量が5%以下ともいわれているもの。

それだけ、値段も高いですが、味はこの上なく美味しいです。

▼管理人がコーヒー豆の知識をつけた本

スペシャルティーコーヒーとは、コーヒー豆の評価基準7つで高評価を得たもの

スペシャルティーコーヒーとなるコーヒー豆の評価基準は全部で7つあります。

  1. カップ・クォリティのきれいさ
  2. 甘さ
  3. 酸味の特徴評価
  4. 口に含んだ質感
  5. 風味特性・風味のプロフィール
  6. 後味の印象度
  7. バランス

SCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)が(外部サイトに移動)、7つの評価基準をもとに、「日本人がおいしいと感じるコーヒー」に点数をつけます。

スペシャルティーコーヒーとなることができるコーヒー豆は、「日本人がおいしいと感じるコーヒー」の点数で、80点以上の点数を獲得したコーヒー豆のみとなります。

スペシャルティーコーヒーのおすすめのコーヒー豆3選

スペシャルティコーヒーであるおすすめのコーヒー豆を3つ紹介します。

※コーヒー豆のランクは、収穫年度によって変化します。

1. ケニアマサイAA

スペシャルティコーヒーのケニア・マサイ

ケニアマサイAAは、酸味・甘み・苦みのバランスが取れているコーヒー豆です。

<口にした瞬間の味>

  • 酸味を感じさせる香りとチョコレートのような甘み

<後味>

  • ほのかな苦み

<原産国>

  • ケニア

<価格>

  • 1,300円(税込)/100g

ご購入はこちらから>>ケニアマサイ AA

2. パナマ・ゲイシャ

スペシャルティコーヒーのパナマ・ゲイシャ

パナマ・ラ・エスメラルダ・ダイヤモンドマウンテンは、さわやかな香りに特徴があるコーヒーです。

<口にした瞬間の味>

  • 花の香りが広がり、さわやかな味わい

<後味>

  • 苦味を感じさせない

<原産国>

  • パナマ

<値段>

  • 5,600円(税込)/200g

ご購入はこちらから>>パナマ ゲイシャ(冬~春限定のコーヒー豆です)

3.モカイルガチェフェ

モカイルガチェフェは、赤ワインの香りと、レモンの酸味が特徴です。

<口にした瞬間>

  • 赤ワインの香りとレモンの酸味が広がり、紅茶のような味わい

<後味>

  • 苦みを感じさせない

<原産国>

  • エチオピア

<価格>

  • 1,080円(税込)/100g

ご購入はこちらから>>モカ・イルガチェフェ

なお、紹介した3つのコーヒー豆は、名古屋市限定ですが安く購入できます。下記記事も、参考にしてください。

まとめ:スペシャルティコーヒーとは、最高級のコーヒー豆

スペシャルティコーヒーとは、コーヒー豆の中でも最高級の豆。

選ばれるコーヒー豆は、下記7つの基準で評価・点数化されたときに、80点以上の点数を獲得したもののみとなります。

<コーヒー豆の評価基準>

  1. カップ・クォリティのきれいさ
  2. 甘さ
  3. 酸味の特徴評価
  4. 口に含んだ質感
  5. 風味特性・風味のプロフィール
  6. 後味の印象度
  7. バランス

ブランドの例として、下記の3つと購入できるお店を紹介しました。

最高級なのでギフト用にも、おすすめですし、自宅で楽しんでもおいしさに感動すること間違いなしです。

スペシャルティコーヒーを飲んで、コーヒーの世界へと足を踏み出してみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました