コーヒー豆選び

コーヒー豆の種類はアラビカ種とロブスタ種。おすすめも紹介

どうも!ひよこSE(@PiyoOct)です。

コーヒー豆の種類ってどんなのがあるの?

コーヒー豆の種類は大きく分けて2つ。アラビカ種とロブスタ種です。

  • アラビカ種:高地で栽培されており、高価なストレートコーヒーとして販売
  • ロブスタ種:低地でも栽培可。安価な缶コーヒーや、インスタントコーヒーに使われる

「コーヒーの産地とか特徴」について、つまりは本格的なものにこだわるとなると、安価なロブスタ種ではなく、アラビカ種である前提です。

専門店で売られているのも、アラビカ種なので、アラビカ種だけ覚えておけばOKです!

そして、アラビカ種のコーヒー豆で個人的におすすめなのは、下記の5つの産地です。

スポンサーリンク

コーヒー豆の種類は大きく分けてアラビカ種とロブスタ種の2つ

コーヒー豆の種類は大きく分けてアラビカ種とロブスタ種の2つです。

リベリカ種っていうのも聞いたことがあるけど・・・

もし聞いたことがあるなら、なかなかのコーヒー通ですね(´▽`*)。

リベリカ種は、日本ではほとんど流通がありません。

日常的に飲むコーヒーは、アラビカ種とロブスタ種の2つがメイン!

本記事でも、アラビカ種とロブスタ種について説明します。

アラビカ種は、標高450~2,300mで栽培される高価な品種

アラビカ種って高価なんだよね?

アラビカ種は、標高450~2,300mで栽培される高価な豆です。

高温多湿に弱く、栽培の条件が限定的。

交配種や、突然変異種も含めて品種は無限にあります。

お米の品種がたくさんあるのによく似ています。

そして、それぞれが高品質なストレートコーヒーとして楽しまれます。

ロブスタ種は、低地で栽培される安価な品種

それじゃあ、ロブスタ種は?

ロブスタ種(≒カネフォラ種)は、低地で栽培される安価な品種です。

高温多湿にも強いですし、栽培の条件にも融通が利きますが、苦みが強いのが特徴。

  1. ブレンドコーヒー(様々な種類のコーヒー豆を混ぜたもの)
  2. インスタントコーヒー
  3. 缶コーヒー

によく使われます。

スーパーのコーヒー豆が苦めなのは、ロブスタ種がブレンドされているからです。

アラビカ種のコーヒー豆は、5種類がおすすめ

アラビカ種・ロブスタ種の生産国は、全部で60か国以上といわれています。品種となるとその数は無限。

品種は無限といってもいいくらいある

そんなにたくさんあるの?

安価なコーヒー豆を生産している国を含めると、こんな感じ。

ひよこSEが飲んだことのある主要な産地に赤線を引きました!

  • オセアニア・太平洋(2):オーストラリア、ハワイ
  • アジア(13):中国、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、インドネシア、フィリピン、東ティモール、パプア・ニューギニア、ネパール、インド
  • アフリカ・中東(25):イエメンエチオピアケニアタンザニア、ルワンダ、ブルンジ、ウガンダ、コンゴ、ザンビア、ジンバブエ、モザンビーク、マラウイ、マダガスカル、アンゴラ、中央アフリカ、ガボン、カメルーン、ナイジェリア、ベナン、トーゴ、ガーナ、コートジボワール、ギニア、リベリア、シエラレオネ
  • 中南米(18):メキシコ、グァテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ、パナマ、キューバ、ジャマイカ、ハイチ、ドミニカ共和国、ベネズエラ、コロンビア、エクアドル、ペルー、ボリビア、ブラジル、パラグアイ

こんないっぱいあったら、どの産地を選んだらいいかわからないよ。

「コーヒー豆の種類はどれ?」と言って紹介される豆のほとんどがアラビカ種のコーヒー豆

アラビカ種でメジャーな産地と品種のおすすめを5つ、紹介したいと思います。

ブラジル・コロンビア・グァテマラ・バリアラビカ・ブルーマウンテンの順!

その1:ブラジル

コーヒーといえば、ブラジルです。生産量は世界一です。

ブラジルコーヒーの特徴とは?

喫茶店の「ブレンドコーヒー」のベースにも最も使われており、まずはブラジルのコーヒーを試すのが一番。

喫茶店で最も使われているだけあって、クセも少ないです。

酸味も苦みもやや弱め。「ブルボン」と呼ばれるだと果物そのままを感じさせる甘い香りがします。

日本人好みのコーヒーといわれているので、本場のブラジルコーヒーを一度は試してみてください。

その2:グァテマラ

グァテマラコーヒーは、若干酸味が強くなって、ワインのようなベリー系の味わい。

グァテマラコーヒーの外袋

チョコレート風味の後味のビターさとワインのような風味が特徴!

ブラジルを飲んだ次は、グァテマラを飲んでみましょう!

その3:コロンビアのスプレモ

コロンビアのスプレモは、基本的な味はグァテラマに似ていますが、風味がナッツのようです。

コロンビアコーヒーの特徴

苦みは、コロンビアのほうがやや強めです。

ちなみにですが、ジョージアの「エメラルドマウンテン」は、コロンビア産の品種。すっきりとした苦みを後味に感じさせます。

他のコーヒー豆よりも、一回り大きい大粒豆の代表格としても知られている豆。力強い味わいを楽しんでみてください。

その4:インドネシアのバリアラビカ

インドネシアのバリアラビカは、とにかくビター。

それなのに後味はマイルドな、不思議な味わい!

バリコーヒー

「神山」といわれるところで、栽培されているだけあって、お茶のような味わいが心地よい品種です。

その5:ジャマイカのブルーマウンテン

ジャマイカのブルーマウンテンは、コーヒー豆の中でも最高級

ブルーマウンテンの特徴は、「香りを飲む」と比喩される香りとさっぱりとした酸味」という記事にもありますが、「香りを飲む」ともいわれるほどの花のような香りが強し。

酸味は、すっきりしていて、苦みは全くと言っていいほどありません。

コーヒーなのに苦くない。コクコクと飲めてしまいます!

値段はそれなりにしますが、一度は飲んでおきたいコーヒー豆です。

すっと。コクコクっと飲めてしまいます♪

まとめ:コーヒー豆の種類はアラビカ種とロブスタ種の2つ

コーヒー豆の種類はアラビカ種とロブスタ種の2つがメインです。それぞれの特徴についてまとめます。

  • アラビカ種:高地で栽培されており、高価なストレートコーヒーとして販売
  • ロブスタ種:低地でも栽培可。安価な缶コーヒーや、インスタントコーヒーに使われる

アラビカ種のコーヒー豆の種類で、おすすめは8種類です。

どれもどうせ100g500~1000円くらいするんでしょ?高いなぁ・・・

と思った人もいるかもしれません。

しかし、これまでに缶コーヒーやインスタントコーヒーしか飲んでいなかった方は、間違いなくコーヒーの世界が変わります。

それでも、1杯にしたら50円~100円。缶コーヒーより安め!

まずは、ブラジルコーヒーから試してみてくださいね!

スポンサーリンク

▼この記事がいいと思ったら、下の画像をクリックしてくれたら励みになります!

にほんブログ村 グルメブログ ドリップコーヒーへ
スポンサーリンク
ひよこSEのつぶやきブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました