コーヒー豆選び

コーヒー豆の選び方は?値段・味のバランス・焙煎度の3つがポイント

どうも!ひよこSE(@PiyoOct)です。

これからハンドドリップを存分に楽しもうとしている人の中には、

お店でのコーヒー豆の選び方がわからない

と感じていると思います。店頭や通販を問わず、多くのコーヒー豆があって迷いますよね。

大学生のころからコーヒーを飲み続けているひよこSEは、こんな感じでいつも、コーヒー豆を選んでいます。

  1. 値段:100gあたり400~800円以上する豆を選ぶ
  2. 味のバランス:酸味・苦味・風味・コクがどの程度か?
  3. 焙煎度 (ばいせんど):焙煎済みの豆は、中煎りか中深煎りのどちらか

逆に言えば、これらの3つの基準を満たしていない豆は買いません。

・・・値段に関しては、ぜいたくすることありますけどね(´▽`*)。

スポンサーリンク

コーヒー豆の選び方は、値段・味のバランス・焙煎度の3つがポイント

コーヒー豆の選び方には3つのポイントがあります。

コーヒー豆を選ぶ3つのポイント
  • 値段:100gあたり400~800円以上する豆を選ぶ
  • 味のバランス:酸味・苦味・風味・コクがどの程度か?
  • 焙煎度 (ばいせんど):焙煎済みの豆は、中煎りか深煎りか?

それぞれのチェックポイントについて、順に解説しますね。

コーヒー豆の選び方①:値段は100gあたり400~800円以上

まず初めに気にしたいポイントは、値段です。

産地・ブレンド・ストレートであるかで価格は異なる

コーヒー豆と一口に言っても

  • コーヒー豆の産地はどこか?
  • いろんな産地の豆が混ざっているブレンド豆か?
  • 一種類のコーヒー豆だけであるストレート豆か?(高級な豆)

によって、100gあたりの値段にバラツキがあります。

ブレンド豆は比較的安いし、ストレート豆であれば産地によって価格は全然違います。

ブレンド・ストレートの価格の相場

100g当たりの値段の相場は

  • 安いブレンド豆で、100g 200円~500円
  • 高いストレートの豆で、100g 500~2,000円

となります。

ブレンド・ストレート問わず言えるのは、100gあたり400~800円出せばコーヒー豆から喫茶店で飲むコーヒー以上の本格派の味が楽しめるということ。

それでも1杯あたり40~80円!

100g 400円より安い豆となると、安い豆が多く混ぜられているため、コーヒー特有のエグみが強い豆であることが大半です。 (例えば、ス●バのコーヒー豆とか、、、)

ほとんどのコーヒー屋さんでは、200g以上買うとお得なはず

う~ん。100g400円~800円って高い。

と感じた方もいるかもしれません。

そんな時は、大量買い(できれば、200g以上)がおすすめ。

ほとんどのお店では、大量買いによって安くなって、

  • コーヒーを200g以上買うとお得になって
  • さらにはポイントもついて割引

みたいに、結局は100g300円程度になることが多いです。

コーヒー豆は、まとめ買いがお得なお店が多いです!

ひよこSEが知っている名古屋のコーヒー豆屋さんについて別の記事で書いていますが、割引や増量も当たり前にやっているので、ぜひ読んでみてください!

通販だとやっぱちょいと高め

通販だと、正直に言って割高です。

100g1,000円以上するのが当たり前のところもたくさんあるので、ぶっちゃけ、「お試しセット」的なのを一度飲んで「ちょっと安く買えた!さよなら」みたいな感じで十分です。

100g800円以内で買える通販は、青海珈琲あたりしかひよこSEは知らないですね、、、。

コーヒー豆の選び方②:酸味・苦味・風味・コクのバランス

コーヒー豆を選ぶ2つ目のポイントは、酸味・苦味・風味・コクのバランスです。

産地や品種によって、味はいろいろ

酸味が強いコーヒー豆もあれば、苦みが強調されたコーヒー豆もあります。

産地や品種によって、味はいろいろ。

たくさん飲んで、感覚で特徴を覚えていく感じですね♪

コーヒー豆屋さんで、売られている豆を見てみると

  • 酸味
  • 苦味
  • 風味・香り
  • コク(後味の濃さ)

がどの程度なのか、わかりやすく明記されているので参考にするとよいです。

※こんな感じで5段階で書かれてたりすることが多いです。

コーヒー豆の味の店頭での説明

とりあえずは、ブラジル・コロンビア・グァテマラから!

ブラジルコロンビアグァテマラの3か国は、コーヒーの三大巨匠(きょしょう)といえるくらいメジャーな産地です!

くせもなく、飲みやすいのが特徴!

生産量が多いこともあって、わりと安いのでまずは、ブラジルコロンビアグァテマラの順です!

他には?

・・・(*´ω`)。

コーヒー豆の種類はアラビカ種とロブスタ種の2つ。おすすめは8品種」という記事に書いてますので、ぜひ読んでください!

コーヒー豆の選び方③:豆の焼き加減を表す焙煎度 (ばいせんど)

コーヒー豆の焼き加減を表す、焙煎度(ばいせんど)も、豆選びのポイントです。

焙煎とはコーヒー豆を煎(い)ることです。

  • 焙煎度が低いほど酸味が強く
  • 焙煎度が高いほど苦みが強く

が特徴。

ホットコーヒー、アイスコーヒー、エスプレッソのおすすめの焙煎度は次の通り。

  • 【ホットコーヒー】ハイロースト、シティロースト(中煎り、中深煎り)
  • 【アイスコーヒー】 フルシティロースト、フレンチロースト(深煎り)
  • 【エスプレッソ】イタリアンロースト(深煎り、最大の焙煎度)

が適しています。

「ホットコーヒーを飲むのに、エスプレッソ用の豆を買っていた( ;∀;)」

なんてことにならないように、買おうとしているコーヒー豆の焙煎度もチェックしてくださいね。

コーヒー豆の選び方についてポイントのまとめ

コーヒーの選び方として、3つのポイントを解説しました。

コーヒー豆を選ぶ3つのポイント
  • 値段:100gあたり400~800円以上する豆を選ぶ
  • 味のバランス:酸味・苦味・風味・コクがどの程度か?
  • 焙煎度 (ばいせんど):焙煎済みの豆は、中煎りか深煎りか?

100gあたり400~800円すると聞くと高く感じるかもしれませんが、近所にあるコーヒー屋さんなら、まとめ買いの割引・増量とかポイントを駆使すれば安くなります。

実質、100gあたり300円くらいで買えることも多いです!

焙煎度は、 コーヒー豆の焼き加減のことで、おすすめは下記の通り。

  • 【ホットコーヒー】ハイロースト、シティロースト (中煎り、中深煎り)
  • 【カフェオレ】フルシティロースト
  • 【アイスコーヒー】フレンチロースト(深煎り)
  • 【エスプレッソ】イタリアンロースト(深煎り、最大の焙煎度)

値段・味のバランス・焙煎度の3つのポイントから、自分に合ったコーヒー豆を選びましょう!

迷ったら、ブラジルコロンビアグァテマラの順!

スポンサーリンク

▼この記事がいいと思ったら、下の画像をクリックしてくれたら励みになります!

にほんブログ村 グルメブログ ドリップコーヒーへ
スポンサーリンク
ひよこSEのつぶやきブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました