コーヒー 豆選び

コーヒーの焙煎度(ばいせんど)とは?【おすすめは中煎り~中深煎り】

焙煎度ってなんだ?

「焙煎度」とは、「コーヒー豆の焼き加減」のことです。

ほとんどのコーヒー豆専門店で、コーヒーの味の特徴とともに、記載されていることが多いです。

例)「中煎り」、「中深煎り」、「深煎り」

コーヒー豆をどの程度、焼いたかによって酸味と苦みに、違いがあります。

<焙煎度による味の違い>

  • よく焼く(深煎りである)ほど苦みが強い
  • あまり焼かない(浅煎りである)ほど酸味が強い

焙煎度は、おおまかに5種類あります。

  • 浅煎り(あさいり):酸味が強い
  • 中浅煎り(なかあさいり、ちゅうあさいり):浅煎りと中煎りの中間
  • 中煎り(なかいり、ちゅういり):酸味と苦味が中間
  • 中深煎り(なかふかいり、ちゅうふかいり):中煎りと深煎りの中間
  • 深煎り(ふかいり):苦味が強い

※中浅煎りと中深煎りは、単に中煎りと呼ばれることも多い。

ホットコーヒーのおすすめは、中煎り~中深煎りです。

浅煎りは、試飲用。焙煎度については、中煎り、中深煎り、深煎りを覚えておけばいいです!

スポンサーリンク

コーヒーの焙煎度とは、豆の焼き加減のこと

コーヒーの焙煎度(ばいせんど)とは、豆の焼き加減のことを言います。

コーヒー豆を加熱する前の豆の色は白っぽい色となっています。

下の図を見ていただくとわかると思いますが、加熱するにつれて、徐々に黒っぽい色になります。

コーヒーの焙煎のイメージ

色が白っぽく、茶色に近いほど焙煎度は低く、黒っぽいほど焙煎度が高いということになります。

豆をどれだけ焼いたかによってよって、同じブランド・品種であっても

  • あまり焼かないほど酸味が強い
  • よく焼くほど苦みが強い

という特徴があります。

コーヒーの焙煎度は、大きく分けて5段階

5段階のコーヒーの焙煎度

上の絵を見ていただくとわかりますが、コーヒーの焙煎度は、大きく分けると5段階になります。

<コーヒーの焙煎度>

  • 浅煎り(あさいり):酸味が強い
  • 中浅煎り(なかあさいり):浅煎りと中煎りの中間
  • 中煎り(なかいり):酸味と苦味が中間
  • 中深煎り(なかふかいり):中煎りと深煎りの中間
  • 深煎り(ふかいり):苦味が強い

※中浅煎りと中深煎りは、単に中煎りと呼ばれることも多い。

浅煎りか、深煎りかでハンドドリップの難易度と豆の劣化速度が異なる

浅煎りと深煎りには、ハンドドリップの難易度や豆の鮮度について、次のような特徴があります。

<浅煎りの特徴>

  • 豆が膨らみにくく、ハンドドリップの難易度が高い
  • 豆の劣化が早い

<深煎りの特徴>

  • 豆が膨らみやすく、ハンドドリップの難易度が低い
  • 豆の劣化が遅い

5段階に分けましたが、さらに細かく分けると8段階あります。

コーヒーの焙煎度をさらに細分化すると8段階ある

8段階のコーヒーの焙煎度

上の絵を見ていただくと、先ほどは5つだった焙煎度が今度は、8つになっていることが分かると思います。

浅煎り・浅煎り・中浅煎り・中煎り・中深煎り・深煎りの5段階で分けたものを、さらに細分化すると8段階あります。

浅煎りをさらに細分化すると2段階

浅煎りをさらに細分化すると2段階あります。

<浅煎り>

  • ライトロースト:最も浅い焙煎度であり、豆の特徴を確かめる試飲用に使われる。
  • シナモンロースト:ブルーマウンテンなどの高級な豆であれば、普通に飲める。

浅煎りのコーヒー豆は、試飲用に飲まれることが多いです。

中煎りをさらに細分化すると3段階

中煎りをさらに細分化すると3段階あります。

<中浅煎り>

  • ミディアムロースト:香りが立ち始め。苦みが弱いため、アメリカンコーヒ向き。

<中煎り>

  • ハイロースト:最もスタンダードな焙煎度で酸味と苦みのバランスが良い。

<中深煎り>

  • シティロースト:酸味が控えめで、苦みやコクが目立ち始める。

中煎りの豆は、ホットコーヒーにもっとも向いています。

深煎りをさらに細分化すると3段階

深煎りをさらに細分化すると3段階あります。

<深煎り>

  • フルシティロースト:苦みが強調され、アイスコーヒーに向く。
  • フレンチロースト:酸味がほぼない。カフェオレ・カフェラテなどのミルクを加えて飲むに向いており、ブラックには向かない。
  • イタリアンロースト:最も深い焙煎度であり、エスプレッソに向く。

深煎りの豆は、総じてアイスコーヒーやラテ用、エスプレッソ用で、ブラックコーヒー向けではないです。

ホットコーヒーのおすすめの焙煎度は、中煎り~中深煎り

ホットコーヒーのおすすめは、中煎り~中深煎りです。(ハイロースト~シティロースト)

アメリカンコーヒーが好みの方は、中浅煎りの方がいいですが、味気が若干ないかもです。

深煎りは、アイスコーヒー・エスプレッソ向き

<深煎り>

深煎りとなると苦みが強いので、アイスコーヒー・ラテ・エスプレッソに向いています。

ホットコーヒーとして飲むなら、砂糖あった方が飲みやすいですが、そうするならば焙煎度を一つ下げたほうがいいですね。

<浅煎り>

なお、浅煎りは、味にクセがあるので、コーヒー初心者には向きません。

「いろんなコーヒーを試したい(*^^*)」という、コーヒー通向けの焙煎度です。

コーヒーの焙煎度を選べるお店もある

愛知県日進市赤池町にあるやなか珈琲店は、コーヒー豆を注文後にその場で焙煎を行います。

関東地区にもあるので、おすすめですよ。

<やなか珈琲店の基本情報>

  • 場所:プライムツリー赤池 1F
  • プライムツリー赤池の住所:〒470-0126 愛知県 日進市 赤池町 箕ノ手 1番
  • アクセス(車):車で東名高速道路「東名三好」ICから約17分(約8.5km)/名二環「植田」ICから約7分(約3.2km)
  • 駐車場/駐輪場:約2,900台/約900台
  • アクセス(交通機関):地下鉄鶴舞線・名鉄豊田線「赤池駅」から徒歩4分
  • 営業時間:平日10:00~21:00 / 土日祝日9:00~21:00
  • 電話番号:052-838-5256

やなか珈琲店さんの特徴は、コーヒー豆をその場で焙煎

やなか珈琲店さんは、コーヒー豆を注文後にその場で焙煎を行います。

フルシティローストとフレンチローストの深煎りをオススメとしている豆が多いですが、酸味がある方がいいと思えば、店員さんに言えば焙煎度を変更してくれます

やなか珈琲店さんのように焙煎度を選べるお店で、好みに合った焙煎度を選べば、コーヒーを自分好みの味で飲むことができるようになります。

コーヒーの焙煎度についてのまとめ

コーヒーの焙煎度とは、豆の焼き加減のことであり

  • 焙煎度が低いほど酸味が強くなり
  • 焙煎度が高いほど苦みが強い

という特徴を持ちます。

おおまかに分けると5段階あります。

  • 浅煎り(浅煎り(あさいり):酸味が強い
  • 中浅煎り(なかあさいり、ちゅうあさいり):浅煎りと中煎りの中間
  • 中煎り(なかいり、ちゅういり):酸味と苦味が中間
  • 中深煎り(なかふかいり、ちゅうふかいり):中煎りと深煎りの中間
  • 深煎り(ふかいり):苦味が強い

ホットコーヒーのおすすめは、中煎り~中深煎りです。
(8段階で言うと、ハイロースト~シティロースト)

また、やなか珈琲店さんのように、好みに合った焙煎度を選んでみると、コーヒーの楽しみの幅が広がります。

コーヒーを選ぶときは、焙煎度もみてくださいね。

浅煎りは、試飲用。焙煎度については、中煎り、中深煎り、深煎りを覚えておけばいいです!

他のコラムについても読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました