コーヒー豆選び

コーヒーの酸味が少ない5品種は?大人のビターな味わえる豆を厳選

どうも!ひよこSE(@PiyoOct)です。

酸味が少ないコーヒーってどれ?

あの何とも言えない酸っぱい感じ。「柑橘系」とか「ベリー系」とか、いい感じに書かれることもある酸味だけど、好みがわかれるし苦手なのわかります。

さて、コーヒーの酸味が少なめの産地は、5つあります。

  1. バリアラビカ(インドネシア産。マンデリントラジャもいける)
  2. コロンビア(できれば、エメラルドマウンテンのほうがいい)
  3. モカイルガチェフェ(エチオピア)
  4. ブラジル(一番無難で王道)
  5. ヨーロピアンブレンド(ブレンドの中では酸味は一番弱い)

特に、おすすめなのがバリアラビカ

苦味は大丈夫だよ

っていう人なら一番口に合います。

しっかりとしたビター感があって、酸味も少なめです!

これから紹介する5品種は、ぜひ飲み比べてみてくださいね。

スポンサーリンク

コーヒーの酸味が少ない品種は?全部で5つ

コーヒーの酸味が少ない品種は、次の5つです。

  1. バリアラビカ(インドネシア産。マンデリントラジャもいける)
  2. コロンビア(できれば、エメラルドマウンテンのほうがいい)
  3. モカイルガチェフェ(エチオピア)
  4. ブラジル(一番無難で王道)
  5. ヨーロピアンブレンド(ブレンドの中では酸味は一番弱い)

どれを選んだらわからない!

となったら、

バリ⇒コロンビア⇒モカ⇒ブラジル⇒ヨーロピアンブレンド

の順で楽しむのが、ひよこSE的なおすすめです!

スポンサーリンク

その1:バリアラビカは、酸味が少なく後味がビター

バリアラビカは、インドネシアのコーヒー豆です。

バリコーヒー

ゴールデンミルというお店で買った豆です。

インドネシアのコーヒー豆

バリアラビカは、インドネシアのバリ島で生産されており、酸味が少なく後味がビターな豆です。

バリ島といえば、リゾート地!

そうですね~。

バリのビーチ

こんな感じのリゾートは、癒されますね♪

上品な苦味とお茶のような味わい深いコクが特徴

ところで、バリアラビカは、どんな特徴なの?

上品な苦味と、お茶のようなコクが特徴!

結構、苦味が強いのですが、後味が意外とさっぱりしていてお茶のよう。

ブラック・カフェオレどれで飲んでも、大人になった気分が改めて味わえます♪

バリアラビカの特徴についての記事

その2:コロンビアは柔らかな苦味

コロンビアには、ナッツのような香りとほのかな柔らかい苦味があります。

コロンビアコーヒーの特徴

コロンビア産コーヒーといえばスプレモか、エメラルドマウンテン

コロンビア産コーヒーといえばスプレモか、エメラルドマウンテンが有名。

とくに「エメラルドマウンテン」は、ジョージアの缶コーヒーの名前にもなってるので、知っている人も多いかと。

エメラルドマウンテン

本音を言えば、「エメラルドマウンテン」のほうがすっきりした苦さがあっていいのですが、ひよこSEが探した限り、楽天やAmazonでも見つけられませんでした

▼あったよ!

もし、近所でみかけたら、ぜひ購入してみてください!名古屋ならハマヤコーヒーにあります!

コロンビアコーヒーの流通量の3%ほどしかない貴重な豆です。

コロンビア(スプレモ)の特徴

さて、話を戻してコロンビア産(スプレモがたぶん一番よく見る)のコーヒーの特徴は、

  • 酸味がほとんどない
  • すっきりとした感じのいい苦み
  • 柔らかな苦みとナッツのような香り

が特徴です。

コーヒーといえば、

  • コロンビア
  • グァテマラ
  • ブラジル

の3強。

グァテマラは、ちょいと酸味に特徴がありますが・・・(-_-;)。

コロンビアと、この後に説明するブラジルは外せないので、飲んでみてください!

コロンビアコーヒーの特徴についての記事

その3:モカイルガチェフェは、酸味が少なめで花のような香り

モカイルガチェフェの特徴

モカイルガチェフェは、酸味はやや弱め。

なによりも・・・。

花のような、甘い香りが引き立ちます♪

花のような香り?

一度飲んでみるべしです!本当に甘い!

ちなみに、愛知県西尾市のウィリアムジェラートで買いました。

その4:ブラジルコーヒーは酸味も苦みも少なめ。香りを楽しむ

ブラジルコーヒーの特徴とは?

ブラジルコーヒーといえば、喫茶店の「ブレンドコーヒー」の定番中の定番です。

酸味も苦みもやや弱め。ブルボン種だと果物そのままを感じさせる甘い香り。(品種によって結構、バラつきがあります)

クセのないコーヒーで、香りがいいので日本人好みのコーヒーと言えます。

今回紹介したのはブルボンピーベリーですが、ほかにも

  • サントス
  • サンノマリノ
  • ダテーラ農園

など。

さまざまな品種があるので、どのコーヒーがいいかを迷っている人は、まずはブラジルコーヒーを楽しんでみてください!

その5:ヨーロピアンブレンドは、上品でほのかな酸味と甘みが特徴

ヨーロピアンブレンドとは?特徴について

最後に紹介するのは、ヨーロピアンブレンド。

ヨーロッパのコーヒー豆?おいしそう!

というわけでは、ありません(汗)。

ヨーロピアンブレンドとは、焙煎度(ばいせんど)。つまりは、豆の焼き加減が「フレンチロースト」または「イタリアンロースト」といった、上から1・2番目の焼き加減の豆をブレンドしたもの。

焙煎度の呼び名がヨーロッパの国の名前だから!

焙煎度が高いということは、苦味が強く、酸味が少ないです。

ヨーロピアンブレンドの袋

「ブレンド」(いろんな豆を混ぜている)なので、買うお店によって味が全く異なりますが。

「焙煎度が高い=よく焼いている」ので、酸味が少ないという点は同じ。

一度、飲んでみるとビターなコクが味わえます♪

※「ちょいと苦いなぁ」と感じたら、ロイヤルブレンドが一番しっくりくるかも。こんな感じでケーキとともに。

ロイヤルブレンドとケーキ

コーヒーの酸味が少ないの5品種についてまとめ

コーヒーの酸味が少なめの5銘柄について、ひよこSEのおすすめ順にもう一度おさらいします。

  1. バリアラビカ(インドネシア産。マンデリントラジャもいける)
  2. コロンビア(できれば、エメラルドマウンテンのほうがいい)
  3. モカイルガチェフェ(エチオピア)
  4. ブラジル(一番無難で王道)
  5. ヨーロピアンブレンド(ブレンドの中では酸味は一番弱い)

お近くのコーヒー豆屋さんに行くか、通販で購入して、5種類の銘柄を飲み比べてみてくださいね!

いろんなコーヒー豆屋さんのを飲み比べていると・・・。

これまでに飲んだコーヒー

こんな感じで、飲んだことのある銘柄は、簡単に30。いや、50くらいは行きます。

生産国が同じでも、味や品種は本当にいろいろ。買うお店によっても全く違う味に感じるものなので、まずは試してみてほしいです。

いろんな品種を試して、コーヒー通になりましょう!

スポンサーリンク
コーヒー豆の産地

コメント

タイトルとURLをコピーしました