コーヒー 産地の紹介

ニカラグア産コーヒーの特徴は?オレンジのような甘酸っぱい香り

ニカラグア産コーヒーってどんなの?

ニカラグア産コーヒーの特徴は、オレンジのような甘酸っぱさが特徴です。

口当たりは、すっきりとしていて、感じのいい苦味が広まります。

次第に、オレンジのような香りがふわっと広まって、甘さすら感じる。結構強いです。

ペルー産のコーヒー豆とかなり似通っていて、よりストロングにした印象を受けました。

ペルー産のコーヒーは、皮のような味。ニカラグア産のコーヒーは、オレンジをそのまま食べているような味わいでした。

スポンサーリンク

ニカラグア産コーヒーの特徴

ニカラグア産コーヒー

ニカラグア産コーヒーの特徴について、簡単にまとめます。

  • 原産国:ニカラグア(首都:マナグア)
  • 栽培地区:マタガルパ(標高1,000~1,300M)
  • コーヒーのランク:スペシャルティコーヒー
  • 口あたり:すっきりしている
  • 苦み:やや苦め(4/5点)
  • 酸味:普通(2.5/5点)
  • 後味:苦さと甘さのバランスがとれている
  • 香り:オレンジのような甘酸っぱい香り
  • おすすめの焙煎度:中煎り
  • おすすめの飲み方:ブラックで無糖。チョコと相性がいい

栽培地区のマダガルパは、商業が盛ん。日本の春のような気候が続いて、観光地として有名らしいです!

全体の雰囲気は、ペルー産のコーヒー豆とかなり似通っています。

口当たりはすっきりとしていて、徐々に苦みが広まります。

苦みは、ニカラグア産のほうが少し強め。といっても、程よい苦みであまり気にならないレベル。

ペルー産のコーヒーにもあった、オレンジのような甘酸っぱい後味が特徴的ですが、まるでオレンジをそのまま食べているような香りと甘味がします。

対して、ペルー産のコーヒーは、オレンジの皮のような味が特徴的!

ペルー産のコーヒーをさらにストロングにしたような味で、個人的にはかなり好みです

チョコレートと相性が抜群のコーヒー

ニカラグア産のコーヒーとチョコレートの相性は抜群。

ボディとコクの苦みは、ペルー産のコーヒー豆より若干苦め。

ミルクチョコのような、甘さ強めのチョコレートと一緒に飲むのがおいしいです。

▼マーブルチョコが家にあったので一緒に飲みました。

ニカラグア産コーヒーとチョコ

そもそもニカラグアってどんな国?

そもそもニカラグアってどんな国なの?

ここからは、おまけのような話になります。

ニカラグアは、中米にある国で、アメリカから順番に南東に行くと

アメリカ⇒メキシコ⇒グァテラマ⇒ニカラグア⇒コロンビア

みたいな感じ。同じくコーヒーで有名な、グァテラマと地理的には近いです。

ニカラグアの気候は、基本的には、赤道に近いので熱帯です。

しかし、中央・北部の山岳地帯では、温帯に近い気候であり、そこでコーヒー豆は生産されています。

今回飲んだコーヒーの栽培地区の「マダガルパ」も、中西部に位置します。

ニカラグア産コーヒーの特徴についてまとめ

ニカラグア産コーヒーの特徴についてまとめます。

  • 原産国:ニカラグア(首都:マナグア)
  • 栽培地区:マタガルパ(標高1,000~1,300M)
  • コーヒーのランク:スペシャルティコーヒー
  • 口あたり:すっきりしている
  • 苦み:やや苦め(4/5点)
  • 酸味:普通(2.5/5点)
  • 後味:苦さと甘さのバランスがとれている
  • 香り:オレンジのような甘酸っぱい香り
  • おすすめの焙煎度:中煎り
  • おすすめの飲み方:ブラックで無糖。チョコと相性がいい

ニカラグア産コーヒーの特徴について、一言で言えば、「ペルー産のコーヒーをさらにストロングにした印象」です。

ニカラグアの観光地としても有名で、比較的過ごしやすい「マダガルパ」で栽培されたコーヒー豆。

甘めのチョコレートと一緒に味わってあげると、おいしく飲むことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました