コーヒー 産地の紹介

コロンビアコーヒーの特徴は?ベリー系の酸味と強めの苦味

コロンビアコーヒーの特徴は?

コロンビアといえば、ブラジル・ベトナムの次に生産量が多い国(第3位)。

コロンビアコーヒーには、「口当たりはベリー系の酸味で、若干強めの苦味。ナッツとチョコレートを混ぜたような香りが後味に来る」という特徴があります。

おすすめの食べ合わせはアーモンドチョコレート。

ぶっちゃけ、コーヒーの味ってどれも同じじゃない?

と思っている人に、だまされたと思って飲んでほしいのが、コロンビア産のコーヒーです。

スポンサーリンク

コロンビアコーヒーの特徴

コロンビア産コーヒーの特徴は、次の通りです。

  • 原産国:コロンビア(首都:ボゴタ)
  • 栽培地区:サンタンデール(標高1,000~2,000M)
  • コーヒーのランク:スペシャルティコーヒー
  • 口あたり:ベリー系の酸味がすぐに広まる
  • 苦み:苦め(4.5/5点)
  • 酸味:強め(4.5/5点)
  • 後味:苦さが少しのこる
  • 香り:チョコとナッツを混ぜたような香り
  • おすすめの焙煎度:中深煎り
  • おすすめの飲み方:ブラックか加糖。チョコと相性がいい

コロンビア産のコーヒーは、酸味も苦みも香りもストロング。

口に含んだ瞬間に、すぐにベリーのような味わいの酸味が口に広まります。

結構強めなので、すぐにわかると思います。

次に、強めの苦味が徐々にひろまって、ナッツを混ぜたような香りが後追いでやってきます。

まるで、ビターチョコを食べているような味わいです。

コロンビアってどんな国?

コロンビアってどんな国なの?

コロンビア(正確には、コロンビア共和国)は、中米にある国。サッカーのFIFAランキングが10位(日本は28位、2020/9/23現在)であり、強豪として知られています。

付近の国はブラジル・ペルー・ベネズエラ・エクアドルで、コロンビアは、赤道のやや北側に位置しています。

ブラジルペルーもコーヒー生産国として有名!

アンデス山脈のふもとは雨が降りやすく、乾季もしっかりとあってコーヒーの栽培に適しています。

アンデス山脈の北側の地区のサンタンデール(標高1,000~2,000M)で、コーヒーは栽培されています。

なお、コロンビアの世界遺産は、ロス・カティオス国立公園サン・アグスティン遺跡公園マルペロ島カルタヘナの港が有名らしいです。

コロンビアコーヒーを淹れてみる

さっそく、コロンビアコーヒーを淹れてみます。

コロンビアコーヒーの特徴

パッケージは単に、「コロンビア」となっていますが、「コロンビア スプレモ」という品種を買いました(今回は粉で購入)。

自宅で手で挽くのもいいですが、お店で挽いてもらうと粉の大きさが均一になるので、いつも悩みます(笑)。

早速開封してみると、焙煎度は、8段階あるうちの、上から4番目(シティロースト)のような色合いです。

コロンビアコーヒーの開封後

ペーパーを濡らして、いざ抽出。

見るからに、色も見た目もキレイでおいしそうです。

コロンビアコーヒーの豆

3杯分をドリッパー(下の写真の右側)で測って、きちんと抽出してやります。

コロンビアコーヒーを抽出

コロンビアコーヒーのおすすめの飲み方

コロンビアコーヒーの味

コロンビアコーヒーをいざ、飲んでみます。

味は、ベリー系の酸味が特徴的。しだいに、強めの苦味が広まって、ナッツとチョコレートを混ぜたような香りも後追いでやってきます。

というわけで、アーモンドチョコと一緒にいただきました。

コロンビアコーヒーとチョコレート

おすすめの飲み方は、加糖

コロンビア産のコーヒーを1杯飲んでみた率直な感想としては、ブラックでも当然おいしいです。

おすすめの飲み方は、加糖。

チョコの風味と、砂糖の相性がわりと素晴らしく、お砂糖を入れるとイヤな酸味が出てくることがありますが、それが割と気にならないと感じました。

コロンビアコーヒーの特徴についてまとめ

コロンビアコーヒーの特徴について、おさらいします。

  • 原産国:コロンビア(首都:ボゴタ)
  • 栽培地区:サンタンデール(標高1,000~2,000M)
  • コーヒーのランク:スペシャルティコーヒー
  • 口あたり:ベリー系の酸味がすぐに広まる
  • 苦み:苦め(4.5/5点)
  • 酸味:強め(4.5/5点)
  • 後味:苦さが少しのこる
  • 香り:チョコとナッツを混ぜたような香り
  • おすすめの焙煎度:中深煎り
  • おすすめの飲み方:ブラックか微糖。チョコと相性がいい

コロンビアコーヒーの特徴を一言でまとめると、「口当たりはベリー系の酸味で、若干強めの苦味。ナッツとチョコレートを混ぜたような香りが後味に来る」というもの。

わりと、ストロングな味わいのあるコーヒーです。

ブラジル・グァテマラをはじめに飲んだ人が、コロンビア産のコーヒー豆を飲んでみると、それぞれの味の違いがはっきり分かると思います。

ブラジル・グァテマラ・コロンビアの3つを飲めば、コーヒーの味の系統の違いがなんとなく、分かるようになります。ペルーも飲んでみると、完璧♪

ぜひ、コロンビアを一度飲んでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました