SE 仕事とキャリア

若手は必見!SEに必要なスキルは3つ。3年目SEが経験をもとに解説

どうも!ひよこSE(@PiyoOct)です。

SEに必要なスキルって何だろう?仕事上手くいかないなぁ・・・。

という現役SEの方に向けて、今回は、システムエンジニア(SE)に必要なスキルである

  1. 説明力
  2. スケジュール管理能力
  3. 質問力

の3つについて、3年目の現役のSE(執筆当時)が、解説します。

あれ?プログラミング能力がないけど・・・

プログラミング能力は過度の心配はいらないよ。

やってれば、自然と身につくから!

若手SE向けの記事ですが、この記事を読まれている方が就活生や、IT業界に転職を考えている方なら、これら3つとも上手くアピールできれば、内定にぐっと近づくことができますよ!

スポンサーリンク

SEに必要なスキルはおもに3つ

SEに必要なスキルは、主に3つです。

  1. 説明力
  2. スケジュール管理能力
  3. 質問力

個人的には、質問力が最も重要!

質問力について、軽く説明します。

SEの業務では、自己解決が大原則ですが、わからない場合は質問するしかありません。が、質問するまでの過程と質問の仕方次第で、仕事をうまく進められるかが決まります。

どこまでが理解できて、どこからがわからんのか」という点を伝えながら相手に質問する必要があります。

関連記事:SEに最重要なのは、質問の仕方。どんなスキルよりも先に身に付ける

スポンサーリンク

その1:SEに説明力がないと、コミュニケーションに困る

説明・プレゼン

SEに説明力というスキルは不可欠です。

「説明力」とは、管理人ひよこSEの造語ですが、下記のように定義します。

説明力とは、相手に主旨をわかりやすく伝える力である。

説明力がいかせる場面は2つ

説明力は、実際の業務では次のように活用できます。

説明力がいかせる場面
  • 現在の進捗や、問題点とその解決方針を上司に把握してもらうとき
  • 作成した資料を顧客に説明し、要点を理解してもらうとき

①現在の進捗や、問題点とその解決方針を上司に把握してもらうとき

SEだけではないですが、どんな仕事でも、上司に報告する場面はあると思います。

SEは開発過程で

  • 現在の進捗
  • 問題や課題となることはないか?
  • ある場合は、その内容と解決方針(リカバリ方法)

の3つを日々、上司に必ず報告します。

個人的には、進捗会議や朝会は、あまり好きじゃない・・・。

具体例を、悪い例と良い例の2つ書くので、それぞれ対応付けて考えてみましょう。

説明力の悪い例

「PG(プログラミング)が、20%程度完了しました。スケジュール通りに進んでいます。」

説明力の良い例

「PGが、ドキュメントの記載内容の5項目のうち1項目が完了しました。スケジュール通りに進んでいますが、誤字・脱字等の不備があるためドキュメントを修正しながらの作業になります。進捗が遅れるようでしたら修正は、内容にかかわるもの以外はPG完了後に行います。」

良い例と悪い例の現在の進捗の伝え方の違い

まずは、悪い例から。

  1. 悪い例では、現在の進捗のパーセンテージを、とりあえず伝えているけど
  2. 「何をもって『20%』としているのか」を読み取ることができない

何をもって20%?と聞かれて、「ウッ(´▽`*)」となるようなら要注意!

次に、良い例。

  1. ドキュメントの内容に基づいて進捗を報告している
  2. 記載内容の5項目のうち1項目という数字があるので
  3. 話を聞いた人は、「20%程度進んでいる」と直感的にわかる

つまり、悪い例には根拠がないですが、良い例は明確です。

進捗は、相手目線で話さないとダメですね!

良い例と悪い例の問題点と解決策の伝え方の違い

まずは、悪い例から

  1. スケジュール通りであるとしている
  2. 問題点を伝えていない

次に、良い例

  1. 進捗が遅れる要因(リスク)があることを伝えている
  2. 優先順位をつけて作業することを明確にしています。

悪い例の場合、聞く側からすれば

あっそう。(本当にいいのかな?)

で終わります。

もし、あとで何か問題・手戻りが起きると、「なんであの時言ってくれなかったの!!」と怒られちゃうパターンです

反対に、良い例に基づいた報告を意識すれば、上司も助言や指示をしやすくなる上に・・・。

もし何か起きても「上司にも責任あるよね?」という風になる可能性が高いです(あまり大きな声では言えないけど)。

②作成した資料を顧客に説明し、要点を理解してもらうこと

SEは、一日中パソコンに向かって作業しているとは限りません。

  1. SEから顧客に確認事項がある場合
  2. 顧客からSEに対して質問があった場合

に、資料を作成して説明・回答する場面は、経験を積めば積むほど増えていきます。

そのときに、資料に書いてある言葉を、そのまましゃべると、まず伝わりません

お客様側の人は、システム開発・保守について、それほど詳しくないケースが多いです。

日常的に使うような、わかりやすい言葉で言い換える「とっさの機転」が求められるのは想像に難くないと思います。

大学生でこれからSEになる方は、レポートや卒論等の発表の機会(資料を作成してプレゼンする機会)に恵まれているので、普段の授業の時間を大切にしてくださいね。

その2:SEのスケジュール管理能力は、根拠づけに必要なスキル

スケジュール管理能力

スケジュール管理能力とは?

スケジュール管理能力というのは、与えられた1つのタスクに対して

  1. どの作業が完了
  2. 残作業として何があるか
  3. あと何日かかるか

を、自分で理解する能力です。

お気づきの方もいるかもしれませんが、前項の「説明力」における、進捗や問題点を説明する際の根拠になります。

スケジュール管理の例

<タスクXが完了するまで>

  • 工程 A→完了(1.5日)
  • 工程 B→着手中(0.5日)
  • 工程 C→未着手

<タスクXの全体の進捗>

  • 工程Bの半分, C が残っており、50%程度
  • ここまで、2日かかっている
  • あと2日と バッファ時間を入れて、2.5~3日かかる

こんな感じで考えるの、言われてみれば当たり前だけど忘れがち!

意外と、作業中は「ただ作業しているだけ」となりがちなので、「あとどれくらいかかるのか」を意識すると、格段にスケジュール管理がしやすくなります。

その3:SEの「質問力」(質問の仕方)は、最重要スキル

質問する能力

SEの「質問力」(質問の仕方)は、最重要スキルです。

  1. 自分で調べて解決
  2. わからなければ質問する

という流れで、自己解決をベースに。わからなければ聞くみたいにして、様々な困難を乗り越えていきます。

SEの大前提は、自己解決だが・・・

例えばですが、開発や運用保守を問わずに、必ずと言っていいほどエラーの調査があります。

1に調査、2に調査、3・4が調査で・・・汗

その際に、自分が知っている内容であれば対処できるのですが、見たことないエラーを吐いている(わからない箇所がある)ということも、よくあります。

そんなときでも、自分で調べて解決が基本です。

ありがたいことに、エラーの解決方法が個人ブログやQuitaのようなエンジニアのコミュニティサイトに載っていることが多いです。

調べ方(google先生への聞き方)が悪いと、知りたいことにすぐにたどり着けませんが、みんな同じ経験をして成長しているので、やっているうちにコツをつかめるようになります。

わからない場合、質問するしかない

自分で調べて解決しようとしたが、わからない場合は、どこがわからないかを明確にして質問します。

ひよこSEが質問するときは、こんな感じ。

「△△までは検討がついたけど、そこから先の○○についてわからないので、アドバイスをください」

というスタンスで相手に質問するスキルを身につける必要があります。

・・・相手に丸投げだけは、NGですよ。。。

先輩に、めちゃくちゃ怒られます。

このあたりの話は、別の記事でもまとめているので、読んでみてください。

プログラミングスキルはSEに必要だが、意識しすぎなくてもいい

プログラミング能力

システムエンジニアに、プログラミングスキルはいらないの?

思った人もいるかもしれません。

・・・そりゃ、必要かと言われれば必要ですよ。SEだもの(´▽`*)。

プログラミングは、必要に決まっているけど過度の心配はいらん

しかし、過度の心配は不要だと個人的には思います。

真面目に仕事をしていれば、プログラミングの文法を読み解く力や、ロジックを組むのに必要な考え方(いわゆる「論理的思考能力」)は、3年程度で理解できるようになります。

ひよこSEも、軽い工数の見積もり、基本・詳細設計を3年で経験しているので、論理的思考能力がついてきたのかも・・・?

今はしんどいかもだけど、そのうち慣れる

プログラミングや設計の工程が、今はしんどいかもしれません。

が、たくさんソースを書いているうちに徐々に慣れる部分が大きいのも事実。

過度に恐れるのではなく、根本となる能力である

  1. 説明力
  2. スケジュール管理能力
  3. 質問力

を磨いてください。

もし心配なら、UdemyというE-ラーニング(だいたい1,500~2,000円前後)を活用して、足りないスキルや、新たな言語を補習授業のような感覚で、学習する感じで十分だと思います。

若手のSEにとって必要なスキルのまとめ

SEに必要なスキルをまとめます。

  1. 説明力
  2. スケジュール管理能力
  3. 質問力

の3つについて、解説しました。

プログラミングできるかなどが気になるあまり、本当に必要な能力を見落としがちです。

若手はプログラミングする機会も多いですが、今後のSEのキャリアを考えると、何度も言っている3つのスキルが大切。

  1. 説明力:相手に種子をわかりやすく伝える力
  2. スケジュール管理能力:どの作業が完了し、残作業として何が、どれくらいかかるのか
  3. 質問力:質問するまでの過程と質問の仕方が重要。わからないところをはっきりさせるべし!

これらをまずは、身に付けることが一人前になるのに必要だと、日々の業務で感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました