SE 仕事内容とキャリア

システムエンジニアのやりがいは?「わからない」が「わかった」瞬間

SE(システムエンジニア)のやりがいって?

どうも!ひよこSE(@PiyoOct)です。

システムエンジニアのやりがいは、よくわからなかったことが理解できた瞬間。

わからん。よくわからん、わからん・・・わかった!

という感じで、よくわからなかったことが理解できた瞬間が大好きです。

2020年現在、ひよこSEは、SEの4年目を迎えることができています。

数独みたいなパズルとか、知恵の輪に挑むのが好きな人は、SEとして間違いなく適性あり。

「パズルを解くみたいっていう人もいるんだなぁ」みたいな、ゆるい感じで見てくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

SEとしてやりがいを感じた瞬間は3つ

SEとしてやりがいを感じる場面は3つ。

SEのやりがい
  • プログラムが無事に動いたとき
  • 初めて見る仕様書が理解できたとき
  • トラブルの原因がわかったとき

共通するのは、パズルが解けたような感じがすること。

報酬系の物質が出ているような(?)感じがします。

▼イメージ

SEのやりがい

SEは「わからない」の連続なので、わからないを一個ずつひも解いていく、意外と地道なお仕事なのです。

やりがいその1:プログラムが無事に動いたとき

SEとしての一つ目のやりがいは、プログラムが無事に動いたとき。

そんなの当たり前じゃん。

いやいや、プログラム未経験だとして、初めて書いたプログラムが一発で無事に動いたら、ものすごい才能ですよ。

本やネットを見ながら、プログラムを練習で書いているのを想像してください。

プログラミングの研修は、間違いなくやるはず!

プログラミング未経験なら、ちゃんとしたものを書くのも一苦労

英文法と同様に、プログラムも一字一句、文法誤りがあってはだめです。

「コンパイルエラー」といって、そもそも動作すらしてくれません。

さて、調べながら頑張って書いて、コンパイルエラーを解決したとします。

※これだけでも、相当苦労しますからね(;´∀`)。

作ったプログラムをいざ動かしたとき、一発で思い通りの動作をすることは、まずありません(笑)

たいていは、「実行時エラー」といって、プログラムの文法は間違っていないけど、処理の途中でエラーで落ちます。

「書いてある通りに実行してみたけど、処理できませんでした(;´∀`)」みたいな状態。0で割るのが一番わかりやすいかと。

頭は使うけど、理解できて無事に動いたときの感動を忘れるな

さて、「実行時エラー」であれば、プログラムの文法は間違っていません。

なのに、エラーになりました。原因を一生懸命考えます。

それこそ、今持っている知識をフル活用して、必死に頭を使う。

難問のパズルを解いているのと同じ!

  1. 何回か修正を繰り返して
  2. なんとなく原因がわかって
  3. やっとこさ、動作したとき

その瞬間は、快感。SEとしてのやりがいを感じてやってください。

・・・プログラムの動作するしないは、SEのやりがい以前の問題だと思うかもしれませんが、「初心忘るべからず」ということでカンベンしてくれたらと思います(*^^)v。

やりがいその2:初めて見る仕様書が理解できたとき

プログラムに慣れてある程度のスピードで書けるようになると、「この通りにプログラムを書いてね」というのが書かれている、「仕様書」が渡されます。

初めて見る仕様書は、同じ日本語に思えないくらい複雑

仕様書に沿って、プログラムを書けばいいので、簡単かと思うかもしれません。

が、初めて見る人からすれば正直、意味不明ですよ。

ビジネスロジック?研修ではそんな言葉出てこなかったよ・・・(泣)

よくわからない用語ばかり。意味わかんない。

ビジネスロジックとは?
  • ビジネスロジック:一連の処理やデータの流れを記載するプログラム。簡単に言えば、旗振り役

そうです。同じ日本語かと思えるくらい、意味不明です。

SEなら、一個一個調べて乗り越える

SEなら、仕様書を読み解くのは、誰もが通る道。

意味不明でも、

  • 一個一個、用語の意味を調べて
  • わからなければ、先輩に聞いて

を繰り返して、乗り越えましょう。

そして、仕様書に書いてある内容が分かったとき、ドヤ顔できます。

プログラムが初めて動いたときに似たような、やりがいを感じますね。

っていうか、ドヤ顔してください。

関連記事:若手は必見!SEに必要なスキルは3つ。3年目のSEが経験をもとに解説

※ここで一つ余談。SEはお客様の業務フローを見て、プログラムの仕様書を作りますが、その業務で使われる用語を見たときも、同じようなことになります。やっぱお客様の業務が少しでも分かったときは、パズルが解けた感の、やりがい感じますね。

やりがいその3:トラブルの原因がわかったとき

あまり大声では言えないのですが、お客様から、

なんか、ここの金額おかしくない?

みたいに、実際にプログラムがお客様のもとで動き始めてから、問い合わせを受けることがあります。

その時は、そのトラブルに対応するべく、実際にどんなデータがやりとりされて処理結果がどうだったかを一個一個調査します。

やはり、地道な作業です。

膨大な処理の中から、原因を素早く探さないといけないし、ぱっと見では、原因がわからないことのほうが多いです。

ましてや、実際に運用されているシステムのトラブルは、笑えないです(当たり前だ)。

それでも、トラブルの原因が何かがわかると、

あっ!こいつが悪さしている♪

みたいに、やっぱ謎解きができたような、パズルが解けたような感じがします。

※相手に迷惑をかけているので、絶対に表に出しちゃダメです。それに、程度によっては、本当に笑えないです。

それで、

あぁ、そういうことなの。それじゃぁ、○○という作業が必要になってきますね。

みたいに、自分の力で話が進められること。

結構、やりがいがあって楽しいですよ。

システムエンジニアのやりがいについてまとめ

システムエンジニアのやりがいについてまとめます。

SEのやりがい
  • プログラムが無事に動いたとき
  • 初めて見る仕様書が理解できたとき
  • トラブルの原因がわかったとき

共通するのは、謎解きというかパズルの難問を解いている感覚がすること。

正直、わからないことだらけで、はじめは苦しいです。

しかし、

  • わかったときの快感が気持ちいいと思えて
  • わからないをむしろ楽しめるようになる

ようになれば、長続きするのがSEの仕事。

「わからない」が「わかった」瞬間が、やりがいだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました