SEフリーランス

SEのフリーランスはあり?楽するためならやめとけが結論

どうも!ひよこSE(@PiyoOct)です。

同じプログラマーの友人とよく口にするのが

フリーランスもありかも。なんだか楽そうだし!

的な話。

ひよこSEも、「どうなんだろう?」とよく話し合いますね~。なんだか、憧れる。

さて、「フリーランスはありか?」という問いに対して個人的な意見を書くと、「あり。ただ、楽に稼げると思っているならやめとけ」です。

フリーランスになるメリット・デメリットを踏まえて、ありなしを考えたので参考にしてください!

スポンサーリンク

SEがフリーランスを目指すのはあり。だけど、楽するためならやめとけ

フリーランスを考えている人の中には、

『週5で9時17時が嫌だから!』

と考えている人もいるかもしれませんね。

ただ、

そんなに簡単な世界なら、みんなフリーになってる!

というのが個人的な意見です。

たしかに案件によっては、週5で9~17時の縛りはなくなるかもしれません。

・・・が、フリーランスは、自営業。

カタカナで書かれているで、少しわかりにくいかもですが、立派な自営業です。

「自営業」を「働きたくない人向けのワークスタイル」として考えるのは、ちょっと乱暴だよなぁ(*´ω`)。

というのが、ひよこSEの率直な意見です。

でも、もちろん悪いところばかりでなく、フリーランスならではのメリットもあるんですよ。

フリーランスSEのメリットは3つ

フリーランスのメリット・デメリット

システムエンジニアがフリーランスになるメリットは次の3つです。

フリーランスのメリット
  • 働き方に幅が持てる
  • 現職の経験に応じて、単価が高くなる【最大のメリット】
  • 出勤・人間関係がなくなる

フリーランスは実力と経験さえあれば、会社員より稼げるイメージです。

フリーランスは「自営業」なので、実力主義。

とにかく稼ぐための経歴のある人が有利であることは間違いないです。

その1:働き方に幅が持てる

システムエンジニアがフリーランスになると時間に融通が利く

システムエンジニアがフリーランスになる1つ目のメリットは、時間に融通が利くため、働き方に幅が持てます。

育児や介護している人からすればメリットは大きい

  • 主婦の人で、保育園の送迎等をする人
  • 両親の介護の必要な人

もし、正社員としてキッカリと9時17時で働くのが無理な人からすれば、フリーランスのほうがいいです。

短時間勤務が導入されているとすれば、正社員でも行けますが、なかなかないですよね(´▽`*)。

準委任(SES)契約の場合は、時間数の調整

働いた分だけ、お金がもらえる「準委任(SES)契約」の場合は、働く時間を調整すればいいだけの話。

SESのざっくりイメージですが

  • 1か月20日×7.5時間 = 150時間×単価

みたいな感じ。

時間に融通を利かせようと思ったら、

  • 1か月10日×7.5時間=75時間
  • 1か月20日×4時間=80時間

みたいに、日数と時間数のどちらかを調整すればおっけいです。

請負契約の場合は、案件次第なのに注意

仕事を終えて成果物が納品さえできればいい「請負契約」の場合は、早く終わらせた分だけ、自由な時間が増えるのが特徴。

例えば、

○○を1か月で80万円でおねがいします

みたいな依頼を引き受けたとします。

仮に、1か月で終える作業を、3週間で終えたとしたら、あと1週間は自由の身

場合によっては、出社も不要。

ただし、逆もしかりなのをお忘れなく(´▽`*)。

場合によっては、仕事を完了させるために、長時間労働を強いられることも。

時間に融通が利くメリットでフリーになるかな個人的には、準委任(SES)契約一択です。

その2:現職の経験に応じて、単価が高くなる

単価が高いとフリーランスのメリットあり

スキルがある人からすれば、会社経由だった報酬が丸ごと自分のものになるのは、魅力的。

SEがフリーランスになる、最大のメリットは、現職の経験に比例して単価も年収も高くなります。

プロジェクトマネージャーとかの単価はビックリ!

SEのフリーランスに求められる経験。最低でも、数人規模のPM

フリーランスになるとまずは、「あなたは何ができますか?」ということが問われるのは想像できますよね。

SEに一般的に求められる経験を、下記の通りまとめました。

  1. PM(プロジェクトマネージャー)
  2. PL(プロジェクトリーダー)
  3. 要件定義・見積り
  4. 基本設計(外部設計)
  5. 詳細設計
  6. プログラミング(言語は何か?)
  7. 単体テスト
  8. 結合・総合テスト
  9. 運用・保守・ヘルプデスク

これらの経験があるほど、システム開発の現場では重宝されますし、年収も高くなります。

フリーランスになるなら、「おじさんになった時」を見据えて、最低でも「数人規模のPM経験」は欲しいところです。

PM経験があれば、年収1,000万円も夢じゃない!

PM(プロジェクトマネージャー)経験があれば、年収1,000万円も夢じゃありません。

【年収800万】フリーランスのSEにおすすめのエージェントは2つ。単価が命」という記事でも紹介していますが、エージェントの案件を検索してみてください。

  1. レバテックフリーランス
  2. ギークスジョブ

繰り返しますが、現職で経験している業務の幅が広いほど、フリーランスの年収も高くなります。

メリットその3:出勤・人間関係がなくなる

フリーランスのメリットの3つ目は、会社にあった、出勤・人間関係という概念がなくなることです。

  1. 出勤時間が9時17時に縛られる必要はない
  2. 嫌な人と無理して仕事する必要もない

いやな人と無理して仕事する必要は決してありません。けど・・・。

ひよこSE的には、「フリーランスこそ出勤時間や人間関係を大切にするべき」という気がしないこともないです。

フリーランスSEのデメリットも3つ

SEがフリーランスになるデメリットも3つあります。

フリーランスのデメリット
  • 本当に働き方に幅が持てるとは限らない【最大のデメリット】
  • 経験が浅いと年収ダウン
  • 出勤と人間関係に間接的に気を遣う

基本的には、メリットの裏返しの側面が強いです。

その1:本当に働き方に幅が持てるとは限らない

フリーランスのデメリットは本当に働き方に幅が持てるとは限らない

フリーランスの最大のデメリットは、本当に働き方に幅が持てるとは限らないこと。

どういうこと?

と思ったかもしれませんね。

仕事は、新規より継続のほうが簡単

当たり前の話をしますが、仕事を得る手段は、2つ。

  1. 新規契約
  2. 契約継続

そして、難易度を比較すると、

契約継続>>>>>>>新規契約

なのは想像できますよね。

案件を獲得したら、次の案件を考えるより、その案件を継続させることの方がはるかに楽!

楽する人と継続してフリーランス契約するところはない

契約を継続するために大切なのはスキルもそうですが、信用第一。

  1. (単に働きたくないから)「週3がいいや」
  2. (単に働きたくないから)「9時17時に縛られたくない」

こういう考えがバレなければ(あるいは有無を言わせない仕事の質があれば)いいのですが。

ひよこSEが発注者の立場なら、週3とか時短で働く人は、「週5で9時17時」ができない事情がある人を優先します。

楽するのが目的な人と継続してフリーランスの契約を交わすところは、果たしてあるか?

この点から考えると「楽するためにフリーランスになるなら、やめとけ」ですね(*´ω`)。

その2:経験が浅いと年収は思ったより低いかも

システムエンジニアに求められる経験を、少し前にも書きましたが、もう一度書きます。

  1. PM(プロジェクトマネージャー)の経験
  2. PL(プロジェクトリーダー)の経験
  3. 要件定義
  4. 基本設計(外部設計)
  5. 詳細設計
  6. プログラミング(言語は何か?)
  7. 単体テスト
  8. 結合・総合テスト
  9. 運用・保守

くどいようですが、これらのうち、できることが多ければ多いほど単価は高くなります!

フリーランスは、今あるスキルでの活躍が大前提【注意点】

フリーランスになると、「会社に教育される環境がなくなる」のは想像できますよね。

フリーの人は、自分で色々考えないといけないので、大変!

ということは、基本的には今あるスキルをベースに、個人で活躍していくことになるので。

自分で勉強できる部分ならまだしも、そうでないものもあるので(予算管理したりとか)。

現職でできるだけ多くのことを経験しておきたいものです。

スキル第一主義。ないと判断されると・・・

例えば、

プログラミングとテストしかできません

プログラムの設計や見積りもできます

という2人がいたら、見積もりもできる女性のほうが単価は高め。

スキルがモノをいう世界なので、「スキルがない」と判断されると、買いたたかれる可能性が高いです

SEがフリーランスになるなら、とにかく単価命

SEがフリーランスになるなら、とにかく単価命です。

契約の形態にもよりますが、「単価はいくらで仕事をしますか?」というのは必ず意識しましょう。

フリーランスSEの単価の相場はいくら?年収1000万円は可能なの?」でも書いたように、年収1,000万円なら、最低でも5,200円の単価が必要。

5,200円とまではいかなくても、最低限、これだけは欲しいなという目安を下記に書きました。

  • 準委任契約であれば、年収700万円(単価4,000円弱)
  • 請負契約であれば、年収800万円

これよりも低いなら、正直、フリーにならん方がいいですね(*´ω`)。

デメリットその3:出勤と人間関係に間接的に気を遣う

フリーランスの3つ目のデメリットは、出勤と人間関係に縛られない分、余計に気を遣うことになりやすいです。

フリーランスSEは一見、自由だが…

あれ?解放されるんじゃないの?

  1. 時間に縛られないし、出勤という概念がない
  2. 仕事したくない人には、「NO!」といえる

確かに、フリーランスにはこんなメリットがあるかもしれません。

システム開発は、基本的にはチーム戦

「周りと協力しながら作業できる人」は、多少仕事できなくても重宝されます。

  • チームが忙しそうなのに、自分は働かない
  • 仕事したくない人に対して、すぐにNOを突き付ける

よほど、できる人なら別ですが・・・(´▽`*)。

忘れちゃいけないのが、システムの開発プロジェクトはチーム戦であること!

それを避けるために、「結局は会社員時代と同じように仕事することになる」と勝手に想像しています。

繰り返しますが、フリーランスは、「あり。ただ、楽に稼げると思っているならやめとけ」です。

まとめ:SEのフリーランスはあり。楽が目的ならデメリットが大きい

SEがフリーランスになるメリットは3つあります。

フリーランスのメリット
  • 働き方に幅が持てる
  • 現職の経験に応じて、単価が高くなる【最大のメリット】
  • 出勤・人間関係がなくなる

デメリットも3つ。

フリーランスのデメリット
  • 本当に働き方に幅が持てるとは限らない【最大のデメリット】
  • 経験が浅いと年収ダウン
  • 出勤と人間関係に間接的に気を遣う

デメリットを考慮すると、結局のところは「フリーランスはあり。ただ、楽に稼げると思っているならやめとけ」が結論です。

逆に言えば、スキルもあってバリバリ働きたい人にはおすすめ!

メリットの部分が大きいと判断した人は、フリーランスを検討してみてくださいね!

【次の記事】【年収800万】フリーランスのSEにおすすめのエージェントは2つ。単価が命

コメント

タイトルとURLをコピーしました