SE 仕事内容とキャリア

SEのフリーランスはあり?メリット・デメリットを現役SEが考察

先輩・同僚・プログラマーの友人がよく口にするのが

フリーランスもありかも!

管理人も「どうなんだろう?」と話し合います。(笑)

個人的な見解ですが、「あり。ただ、楽に稼げると思っているならやめとけ」です。

これから、フリーランスになるメリット・デメリットを考えてみたので参考にしてください。

スポンサーリンク

SEがフリーランスになるメリットは、楽できることではない

フリーランスを考えている人の中には、

『週5で9時17時が嫌!』という人には、向かないの?

と疑問を持った人もいるかもしれません。

そういう方は、この記事の後半の「フリーランスのデメリット①:本当に働き方に幅が持てるとは限らない【最大のデメリット】」の項を真っ先に見てください。

フリーランスは、「働きたくない人向けのワークスタイル」ではありません。

SEがフリーランスになるメリットは3つ

フリーランスのメリット・デメリット

システムエンジニアがフリーランスになるメリットは次の3つです。

フリーランスのメリット
  • 働き方に幅が持てる
  • 現職の経験に応じて、単価が高くなる【最大のメリット】
  • 出勤・人間関係がなくなる

個人的には、フリーランスは実力と経験さえあれば、会社員より稼げるイメージです。

フリーランスは実力主義。とにかく稼ぐための経歴のある人が有利であることは間違いないでしょう。

フリーランスSEのメリット①:働き方に幅が持てる

システムエンジニアがフリーランスになると時間に融通が利く

システムエンジニアがフリーランスになる1つ目のメリットは、時間に融通が利くため、働き方に幅が持てます。

時間に融通が利くメリットを受けられる人

時間に融通が利くメリットは、特に下記の2パターンに当てはまる人にとって大きなものとなります。

  • 主婦の人で、保育園の送迎等をする人
  • 両親の介護の必要な人

もし、現職で短時間勤務が導入されているとすれば、時間に融通が利くというメリットはそれほど大きくないかもしれません。

準委任(SES)契約の場合は、時間数の調整

働いた分だけ、お金がもらえる「準委任(SES)契約」の場合は、働く時間を調整すればいいだけの話。

例えば、現在SES契約で正社員として働いている方は、

  • 1か月20日×7.5時間 = 150時間 ± α × 単価

が契約のベースだと思います。

時間に融通を利かせようと思ったら、

  • 1か月10日×7.5時間=75時間にしたり
  • 1か月20日×4時間=80時間にしたり

調整することが、案件によっては可能です。

働く時間が毎月コロコロ変わるのは、発注者目線からすれば、支払の予測ができなくなります。「平均して140~160時間働く。」というようにあらかじめ決められている場合がほとんどです。

請負契約の場合は、案件次第

仕事を終えて成果物が納品さえできればいい「請負契約」の場合は、早く終わらせた分だけ、自由な時間が増えます。

SEの

例えば、

○○を1か月で80万円でおねがいします

みたいな依頼を引き受けたとします。

仮に、1か月で終える作業を、3週間で終えたとしたら、あと1週間は自由の身

場合によっては、出社も不要。

ただし、逆もしかり。仕事が終わるかどうかは正直なところ、未知数です。

場合によっては、仕事を完了させるために、長時間労働を強いられることも。

時間に融通が利くメリットを受けようとするなら、準委任(SES)契約一択です。

フリーランスSEのメリット②:現職の経験に応じて、単価が高くなる【最大のメリット】

単価が高いとフリーランスのメリットあり

SEがフリーランスになる、最大のメリットは、現職の経験に比例して単価も年収も高くなります。

システム開発の報酬は、お勤めの会社経由で給料として支払われます。

スキルがある人からすれば、会社経由だった報酬が丸ごと自分のものになるのは、魅力的。

SEのフリーランスに求められる経験。最低でも、数人規模のPM

フリーランスになるとまずは、「あなたは何ができますか?」ということが問われるのは想像できますよね。

SEに一般的に求められる経験を、下記の通りまとめました。

  • PM(プロジェクトマネージャー)
  • PL(プロジェクトリーダー)
  • 要件定義
  • 基本設計
  • 詳細設計
  • プログラミング(言語は何か?)
  • 単体テスト
  • 結合テスト
  • 総合テスト
  • 運用
  • 保守

これらの経験があるほど、システム開発の現場では重宝されますし、年収も高くなります。

フリーランスになるなら、おじさんになった時を見据えて、最低でも「数人規模のPM経験」は欲しいところです。

PM経験があれば、年収1,000万円も夢じゃない!

PM経験があれば、年収1,000万円も夢じゃありません。

フリーランスSEにおすすめのエージェントはたった2つ。現役SEが厳選!」という記事でも紹介していますが、エージェントの案件を検索してみてください。

  1. ギークスジョブ
  2. レバテックフリーランス

繰り返しますが、現職で経験している業務の幅が広いほど、フリーランスの年収も高くなります。

フリーランスSEのメリット③:出勤・人間関係がなくなる

フリーランスのメリットは出勤・人間関係から解放される

フリーランスのメリットの3つ目は、会社にあった、出勤・人間関係という概念がなくなることです。

  • 出勤時間が9時17時に縛られる必要はない
  • 嫌な人と無理して仕事する必要もない

案件は、自分で選べます。無理する必要は決してありません。

まぁ、管理人からすれば、「フリーランスこそ出勤時間や人間関係を大切にするべき」という気がしないこともないです。

後述のデメリット>>フリーランスのデメリット③:出勤と人間関係に縛られない分、余計に気を遣う

SEがフリーランスになるデメリットも3つ

SEがフリーランスになるデメリットも3つあります。

フリーランスのデメリット
  • 本当に働き方に幅が持てるとは限らない【最大のデメリット】
  • 経験が浅いと年収ダウン
  • 出勤と人間関係に間接的に気を遣う

基本的には、メリットの裏返しの側面が強いです。

確定申告、国民年金などの制度上のデメリットもありますが、ここでは肌感覚で感じられるデメリットにフォーカスします。

フリーランスSEのデメリット①:本当に働き方に幅が持てるとは限らない【最大のデメリット】

フリーランスのデメリットは本当に働き方に幅が持てるとは限らない

フリーランスの最大のデメリットは、本当に働き方に幅が持てるとは限らないこと。

「どういうこと?」と思ったかもしれませんね。

仕事は、新規より継続のほうが簡単

当たり前の話をしますが、仕事を得る手段は、2つ。

  • 新規契約
  • 契約継続

そして、難易度を比較すると、契約継続のほうが新規契約をとるよりもはるかに簡単なのは想像できますよね。

なので、新規で案件を獲得したら、基本的には継続を考えるほうが楽です。

楽する人と継続してフリーランス契約するところはない

今ある契約を継続するためには、信用第一。

  • (単に働きたくないから)「週3がいいや」
  • (単に働きたくないから)「9時17時に縛られたくない」

なんて言っている人にも、短期的にはマッチした案件はあるかもしれません。

しかし、「常に」・「継続して」・「信用されて」・「別のところからも次の声がかかって」というのは、正直言って厳しいと常識的に思いませんか?

管理人が発注者の立場なら、週3とか時短で働く人は、「週5で9時17時」ができない事情がある人から、優先します。

さらに言えば、働かない時間の稼ぎはゼロ

楽するためなら、やめとけです。

フリーランスSEのデメリット②:経験が浅いと年収ダウン

フリーランスのデメリットは、実力不足

再度、システムエンジニアに一般的に求められる経験を、ご覧ください。

  • PM(プロジェクトマネージャー)の経験
  • PL(プロジェクトリーダー)の経験
  • 要件定義
  • 基本設計
  • 詳細設計
  • プログラミング(言語は何か?)
  • 単体テスト
  • 結合テスト
  • 総合テスト
  • 運用
  • 保守

くどいようですが、これらのうち、できることが多ければ多いほど単価は高くなります。

フリーランスは、今あるスキルでの活躍が大前提【注意点】

フリーランスになると、誰かに教育される環境がなくなるのは想像できますよね。

ということは、基本的には今あるスキルをベースに、個人で活躍していくことになるので、現職でできるだけ多くのことを経験しておきたいものです。例

信用を得ることで、新たな経験を積むこともあるとは思いますが、まずは今あるスキルで活躍するのが大前提です。

スキル第一主義。ないと判断されると単価は低い

例えば、「プログラミングとテストしかできません」という人より、「プログラムの設計もできます」という人のほうが単価は高め。

「プログラムの設計もできます」という人よりも、「モジュールレベルで設計ができます」という人。

さらには「20人規模ですがPMの経験があります」という人のほうが単価は高いです。

スキルがないと判断されると、買いたたかれます。そこから、単価を上げるのは困難です。

SEがフリーランスになるなら、とにかく単価命

SEがフリーランスになるなら、とにかく単価命です。契約の形態にもよりますが、「いくらで仕事をしますか?」というのは必ず意識しましょう。

※現在お勤めの会社のどこかに、自分がいるプロジェクトのお金の話は記載されていると思うので、「自分がいくら稼いでいるか」は必ず把握しましょう。

単価の目安を下記に書きました。

  • 準委任契約であれば、年収700万円
  • 請負契約であれば、年収800万円

これよりも安いようなら、現職で経験を積んだほうがいい気がします。

フリーランスSEのデメリット③:出勤と人間関係に間接的に気を遣う

フリーランスは余計に気を遣う

フリーランスの3つ目のデメリットは、出勤と人間関係に縛られない分、余計に気を遣うことになりやすいです。

フリーランスSEは一見、自由だが…

確かに、フリーランスには

  • 時間に縛られないし、出勤という概念がない
  • 仕事したくない人には、「NO!」といえる

みたいなメリットはあるかもしれません。

システム開発は、基本的にはチーム戦

忘れないでほしいのが、システムの開発プロジェクトはチーム戦です。

多少仕事ができない人でも、周りと協力しながら作業できる人のほうが重宝されます。

  • チームが忙しそうなのに、自分は働かない
  • 仕事したくない人に対して、すぐにNOを突き付ける

よほど、できる人なら別ですが、そんなことばっかやってたら孤立しますよ?

それを避けるために、結局は会社員時代と同じように仕事をしているんじゃないのかなぁと勝手に想像しています。

繰り返しますが、フリーランスは、「あり。ただ、楽に稼げると思っているならやめとけ」です。

SEがフリーランスになるメリット・デメリットのまとめ

SEがフリーランスになるメリットは3つあります。

フリーランスのメリット
  • 働き方に幅が持てる
  • 現職の経験に応じて、単価が高くなる【最大のメリット】
  • 出勤・人間関係がなくなる

デメリットも3つ。

フリーランスのデメリット
  • 本当に働き方に幅が持てるとは限らない【最大のデメリット】
  • 経験が浅いと年収ダウン
  • 出勤と人間関係に間接的に気を遣う

冒頭にも文中にも申し上げましたが、「フリーランスはあり。ただ、楽に稼げると思っているならやめとけ」が結論です。

どちらかと言えば、ネガティブなことを書きましたが、実力と経験がある人からすれば、稼げるイージーゲーム

メリットのほうが、デメリットより大きいと判断した人は、フリーランスを始めてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました