基本情報技術者試験

SE

基本情報技術者試験の午後問題のアルゴリズムはトレースが最重要。手を動かして完全に理解すること

基本情報技術者試験の午後問題のアルゴリズムは、1か月前からみっちりと時間を取るようにしてください。とにかくトレースに慣れることが重要です。実際に手を動かして、完全に理解できるまで福嶋先生の集中ゼミを読み込むようにしてください。
SE

【慣れが肝心】基本情報技術者試験の情報セキュリティと選択問題は過去問5年分を解いて知識を固める

基本情報技術者試験の午後問題の情報セキュリティと選択問題の勉強方法は過去問5年分を解くことです。午前問題の知識を固めながら、問題に慣れることを目的とします。時間を測る、得意分野を見つける、知識系の問題を間違えたら必ず復習を心がけましょう。
SE

基本情報技術者試験の午前問題の勉強方法は「問題の暗記」を過去問5年分繰り返す

基本情報技術者試験の午前問題の勉強方法は、問題ごと暗記を過去問5年分繰り返すことが正義です。過去問で出てきた箇所を、イラスト付きの参考書を読んで、ざっくりと理解する。を5年繰り返すだけで、基本情報技術者試験の午前問題は突破できます。
SE

基本情報技術者試験ってどんな試験?試験内容や合格点等を徹底解説

基本情報技術者試験はどのような試験であるか、試験内容について説明します。午前問題・午後問題ともに100点満点で60点を取れば合格。午前問題は過去問の暗記で突破できますが、午後問題は慣れが必要です。1か月程度の勉強が必要となる試験です。
SE

基本情報技術者試験の時間配分は?解答時間の目安を決めてスキップがコツ【新制度対応】

基本情報技術者試験の時間配分についての記事を、2020年度から始まる新制度に準拠した内容で記しています。過去問演習を重ねるにつれて「時間が全然足りない」となりますが、解答時間の目安を決めて時間が来たらスキップするようにします。
SE

基本情報技術者試験の勉強方法は?【文系でも過去問5年で合格】

基本情報技術者試験に文系でも合格できる勉強方法を解説します。過去問を最低5回分、演習することが最短の勉強方法です。午前問題は、過去問の暗記。午後問題は早めに着手し、過去問の演習で問題に慣れることで、基本情報技術者試験の合格を目指しましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました