SE基本情報に出るIT用語

フェールソフト(fail soft)とは?故障時に継続して稼働することを優先する

どうも!ひよこSE(@PiyoOct)です。

フェールソフトってなんだ?

一言でわかりやすく言えば、「故障したときに継続して稼働することを優先する」ってことです。

なにかトラブルが発生したときに「いちいち全部を止めてられるかっ!」みたいな考え方をします。

安全第一で全てストップさせてしまう「フェールセーフ」という考え方もあるのですが、それだとあまりにダメージが大きいときにこの方法を取ります。

スポンサーリンク

フェールソフト(fail soft)とは、故障時に継続して稼働することを優先する考え方

フェールソフト(fail soft)とは、故障時に継続して稼働することを優先する考え方です。

Maxの性能とまではいかないけど、何とか動かしつつ、復旧を待つイメージです。

フェールソフトは故障しても継続して稼働する

トラブルが発生したら、単に「すべてストップさせる」じゃ済まないことも

基本的には、システムにトラブルが発生したら、「安全第一で全てストップさせる(「フェールセーフ」って言ったりする)べき」という考え方は、わかりやすいですよね。

ここでいう「システム」は、パソコンや、冷蔵庫、銀行のATMのように「人間がプログラムを作ってコントロールするものすべて」と思ってください。

壊れているかもしれないのに、続けて動かすのって怖くない?

本当にそれ、大丈夫なの?

って考えるのが普通です。

ただ、なんでもかんでも、「トラブルが発生したら止めちゃえばいい」ってものでもないのです。

パソコンの電源がいきなりブチッと切れたら全員キレると思う

「トラブルが発生したら止めちゃえばいいじゃん」っていうのは確かにその通りです。

しかし、そうしないほうがいい例もあって、その一つがパソコン。

例えば、ある日、のんきにYouTubeで音楽を聴いているとします。

音楽に夢中になってると、パソコンのバッテリーの残量がどんどん減っていって、10%くらいになったとします。

※バッテリーの残量が少なくなること自体は、故障ではないけど、イメージを持つための例として考えてください

そしたら、パソコンは「残量減ってるで~」って教えてくれますよね。

そりゃそうです。

0%になって、電源がブチッと切れると、YouTubeならまだいいですが、仕事の資料を作成していたりしたら大変。目も当てられません。

それまでの作業が、水の泡になります。

なので、パソコン自体が(数字は適当です)

  • 10%から先は、省エネモードに自動で切り替える
  • 5%になったら、スリープモード(休止)にする
  • それでも、0%になったら、電源を落とす

みたいな感じで、0%になる前に、バッテリーが充電される前まで、色々とやってくれるわけです。

もし、事前に何もせずに、いきなりバッテリーが0%になって、電源がブチッと切れたら、

このパソコン、全然やさしくない・・・

みたいに、パソコンにキレたくなりますよね?(え?ならないですか?・・・まぁ、いいや)

フェールソフトの身近な例

フェールセーフの身近な例を書いておきます。

  1. エヴァンゲリオンのアンビリカンケーブルが断線したときの5分間の内臓電源
  2. 飛行機のエンジンは、最悪1つしか動かないとしても飛び続けることができる
  3. 体調が悪いけど、いまは仕事が大変なときだから、なんとか出社して定時に帰る

え?エヴァンゲリオンはわからないって?

それじゃあ、残りの2つで覚えておいてくださいまし(´▽`*)。

【おまけ】故障やトラブルに対する他の考え方

おまけの話になりますが、故障やトラブルに対する他の考え方も書いておきます。

  • フェールセーフ:故障したときに安全性を優先する考え方
  • フールプルーフ:人間がうっかりミスしても、誤作動を起こさないようにする考え方
  • フォールトトレラント:「故障が起きても大丈夫なようにしましょう」という全体的な考え方。フォールトトレラント=フェールセーフ+フェールソフト+フールプルーフ

なんか、混じりそうなんだけど・・・

フェールソフトは、英語で書くと

fail + soft です!

「fail(失敗・故障) + soft(やわらかい)」なので、「故障をやわらげる」=「継続して稼働する」みたいに、こじつけで覚えてしまいましょう。

まとめ:フェールソフトは、何とかして続けて動かす

まとめると、フェールソフトは「いきなり故障ですべて止まるのは乱暴だから、何とかして続けて動かす」と覚えておいてくれたらと思います。

なので、この考え方で作られたシステムは、障害発生時でも、部分的ではあっても動き続けます。

リカバリ(障害が治った後にどうやって復旧するかを考えること)は、動かしつつ考えると覚えておいてくださいまし(-_-;)。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

▼この記事がいいと思ったら、下の画像をクリックしてくれたら励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ
スポンサーリンク
ひよこSEのつぶやきブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました