SE就活生

就活の交通費がきついときの対処法は?固定費を減らすか収入を増やすしかない

就活の交通費が思った以上にきついなぁ・・・。説明会や一次面接のたびにかかるし。

ひよこSE(@PiyoOct)もSE(システムエンジニア)として、会社勤めしているので、就活当時を振り返ると交通費は悩みの種、きつかった記憶があります。

最終面接や内定後にしか、交通費は支給されないケースも多いし(業界大手なら1次面接から出るかもだけど)。

移動が市内であればマシだけど、市外、時には県外となると、1回の移動で2~3000円。志望度が高いなら、ホテルを取ったりもしますが、すると出費がすざまじいことに。

就活の交通費が、きついなぁと感じたときに、どうにかする方法は3つあります。

  1. そもそも説明会や面接の本数を減らす
  2. 固定費を減らす
  3. バイトして収入を増やす
スポンサーリンク

その1:説明会や面接の本数を減らせば交通費は抑えられる

それができたら苦労しないよ・・・

というツッコミをされそうではありますが(´▽`*)。

それでも、就活の交通費をどうにかするには、「説明会や面接の本数を減らすのが一番」なのです。

公務員を目指していたころの、ひよこSEの話

少しひよこSEの話をします。

※ほとんどの人は、大丈夫だと思います。不愉快に感じる人がいたら、許してくださいまし(´▽`*)。

今はシステムエンジニアとして働いてますが、なんとなんと公務員を目指していた時期があって。

結果は全敗でした。

【ひよこSEの公務員受験記】はじめはなんとなくで公務員志望だった
【公務員を受けた結果】公務員試験の筆記はパス。面接で全落ち

ひよこSEは、今だから言えるのですが、「どう考えても公務員になりたくない人間」でした。

ウン十万とかかる予備校にも通いました。もちろん、定期を買ってです。

※就活体験記内で触れる余裕がなかったので、この記事読んでる人限定の部分です(´▽`*)。

筆記試験はすべてパス♪・・・で終わりません。

国家公務員の場合、そのあとから面接対策です。

「官庁訪問」といって、各省庁(国土交通省の地方整備局とか)から個別に内定をもらうために、最低でも2~3回、希望する省庁のもとに行きます。

それも、民間と同様に、複数の省庁に行くのが普通。

同日ならその足で、別の省庁に行けば済みますが、それは運次第。

たまたま市内だったので、まだマシな方でしたが、交通費は控えめに言って、きつかったです。

でも、公務員になりたくは、なかったんでしょ?

なんとなく、安定してそうだったから・・・。もう、それしかなかったです。

公務員になりたくない(どちらかといえば、職人気質)と気づいていれば・・・

ウン十万かけて予備校に行く必要はありませんでした。

官庁訪問や説明会も行く必要も一切ありませんでした。

なんとなくで、説明会や面接をこなしているなら考え直すべし!

ひよこSEの場合は、さすがに極端だけど・・・。

業界大手だし、安定してそうだから面接受けてみる!

ぶっちゃけ、どこも同じでしょ?だから数こなして、内定をもらう確率を高める!

みたいに考えている人。「ギクっ」て来た人、いませんか?

公務員と民間は、畑は違えど、「安定してそう」みたいに考える人がいること、お見通しです。

ひよこSEがそうだったので(´▽`*)。

最初のうちは、就活自体がどんなもんか、わからないの部分もあるので、「数勝負」になりがちなのは仕方ないです。

序盤は、「数をこなす」的な考えでもいいけど・・・。

でも、進めていくうちに徐々に軸を定めて、「少数精鋭(必要なところだけ面接に行く)」的な考えをもってほしいと思っています。

一番やっちゃいけないのは、何も考えずに、思考停止状態で説明会や面接に行き続けること。

ムダ&ムダの極みです。

なんとなくで、説明会や面接をこなしているなら考え直すべし!

【ひよこSEの就活体験記】秋採用。大手の採用はほとんどが終了

交通費がきついなぁと感じたら、説明会と面接の本数を減らす。徐々に、少数精鋭に!

その2:固定費を減らして就活の交通費に使えるお金を増やす

さて、自分語りが長くなってしまったので、サクッと行きます(´▽`*)。

次に考えたいのは、固定費を減らすこと。

そもそもですが、「お金が足りない」(今回だと、「就活の交通費がきつい」)状態は

  • 固定費を減らす
  • 収入を増やす

のどちらかで解決するしかありません。

それじゃあ、固定費を減らす!

ってなったら、個人的に一番手っ取り早いと思っているのが、格安SIMにすること。

お店で手続きをしてもいいのですが、めちゃくちゃ待たされることもあるかと。

ワイモバイルでもどこでもいいので、ネットで手続きする方がベターですね!

その3:バイトして収入を増やす

  • 固定費を減らす
  • 収入を増やす

のうち、固定費を減らす以外。つまり、

収入を増やす!

となったらバイトです。

※短期間で30万とかは、手出しちゃだめだぞ( `ー´)ノ

とはいえ、

そんな、シフトに入れんよ。ひよこSEのボケっ!

と思った人も多いと思うので、提案です。

マッハバイトというサービスがあって、シフトインが決まった瞬間に、5000~1万円のお祝い金がもらえます。

なので、そこで短期のバイトを選択して、ちゃちゃっとお祝い金をもらっちゃう(特に何も書かれてないから判断できないけど、普通に考えて短期だと5000円だろうなって気がします)。

これで、説明会1日分はなんとかなるかと。

でも、5000円もらえても、1回分しか足しにならないよ!ひよこSEのボケっ!

あれっ・・・。忘れちゃいましたか(´▽`*)。

交通費がきついなぁと感じたら、説明会と面接の本数を減らす。徐々に、少数精鋭に!

就活の交通費がきつい場合の対処方法についてまとめ

就活の交通費がきつい場合の対処方法についてまとめます。

  1. そもそも説明会や面接の本数を減らす。1回の精度を高める
  2. 固定費を減らす(一番早いのは格安SIMにする。ワイモバイルでもどこでもよし)
  3. バイトして収入を増やす(マッハバイトみたいな祝い金サービスも活用しつつ)

色々とかきましたが、「そもそも説明会や面接の本数を減らす。1回の精度を高める」のが一番の対処法です。

固定費を減らすにしても、バイトで収入を増やすにしても、正直に言えば微々たるものなので、「少数精鋭」の考えを身に付けてください。

それと、もしSE志望だったら、せっかくのご縁ですので、SE関連の記事はどんどん読んでくださいね!

まず読んでほしいのは下の2つの記事です。

【システムエンジニア向け】SEの仕事内容は?わかりやすく4つに分類して大学生向けに現役SEが説明

【webエンジニア向け】新卒文系でwebエンジニアになるには?全5ステップを徹底解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました