SE 仕事内容とキャリア

「IT企業がかっこいい」かは会社次第。他の仕事と大差ないよって話

「IT企業」と聞くと

  • 華やか
  • かっこいい
  • 先進的
  • デキる人ばかり

ってイメージがある人も多いのではないでしょうか。

管理人も同じように考えていました。

いざ、管理人がシステムエンジニアになってみると、高校生くらいの時に持っていたイメージは「半分ウソ、半分ホント」だと思っています。

今回は、

  • IT業界って、かっこいいのか?
  • そもそも、どんな仕事をしているのか?

について、説明したいと思います。

スポンサーリンク

かっこいいIT企業と、サラリーマン的なIT企業の2つがある

かっこいいイメージの企業と、サラリーマン的な企業のどちらもあり得ます。

つまりは所属する会社によるのかなと思います。

  • サラリーマン的なIT企業:普通のサラリーマンと大差なし
  • かっこいいIT企業:Webサービスや人工知能系などの、市場が未成熟な分野のIT企業

SEの場合は、かっこいいIT企業のイメージとは違う

かっこいいとは言えない

管理人は現在、SIer(システムインテグレーター)の企業で、SE(システムエンジニア)として働いてますが、普通のサラリーマンと大差ないと思っています。

SIerは、システムの開発を受託する企業のこと。システムエンジニア≒SIerのエンジニアです。

ましてや、

  • 華やかで先進的
  • 時代の先駆者
  • かっこいい

ということを意識したことはないです。

研修でプログラムを勉強して、それを実際の業務で(お客様の要望通りのシステムを作るために)活用する感じです。

かっこいいどころか、ブラックくらいに考えている人も多い

就活の際に、システムエンジニアになることを友人に伝えたところ、「IT系は絶対キツイよ」と言われたこともあります。

きらびやかなイメージどころか、「IT=ブラック」と考えている人もいるくらいですね。

よく、

  • キツイ
  • 帰れない
  • 給料が安い

という、「3K」(頭文字が、みんな”K”だから。)にもたとえられているくらいです。

かっこいいか、3Kかどうかは会社次第。普通の職種と大差なし

気楽に仕事しよう

個人的な意見ではありますが、

  • キツイ
  • 帰れない
  • 給料が安い

はどの業界でも、そういう仕事な可能性はあるので、ふつうのサラリーマンとの差を感じた場面がありません。

会社によっては、上記の「3K」とか「デスマーチ」みたいなことはありますが、ほとんどの会社はそんなことないのかなと思います。

っていうか、そんなんばっかだったら、「日本のIT企業」がこの世からなくなります。

SIerは、かっこよくないかもしれないけど、いいところもある

3年間、SIerで働いた感想ですが、帰れないと思うほど残業はしていないです。

納期の1か月前とかは、確かに、夜遅くなったこともあります。

が、それも毎日じゃないので普通に仕事をこなす感じで作業をしていました。

納期にはシビアだけど、

  • 裏を返せば守りさえすれば何してもいい
  • 営業成績のように、誰かと競う必要性があまりない

という点を踏まえると、気楽に作業ができます。

「何してもいい」というのはあくまでも常識の範囲内。遅刻、無断欠勤は論外です。外出くらいなら、たぶん何も言われません。

システムエンジニアがかっこいいか?イメージのまとめ

というわけで、システムエンジニアは、

  • スーツをピシッと着て
  • お客様のオフィスに出向いて(常駐して)開発
  • 納期前は残業になりやすい

が正しいイメージです。

かっこいいイメージのIT企業はWebサービス・ベンチャー系の会社に多い

かっこいいIT企業

かっこいいイメージのある企業は、具体的な会社を挙げたほうが早いかもしれません。

企業例)

  • yahoo
  • google
  • Amazon
  • DeNa
  • サイバーエージェント
  • 日本IBM

今あげたIT企業に共通する特徴は、「伸びている分野を事業とする会社」なのかなと思います。

こういう会社は、確かにリモートワークができたりで、かっこいいところはあるかもしれませんね。

Webサービス系の会社の事業内容は、見るからにかっこいい

例えば、

  • web広告(yahooとかgoogle)
  • ネットショッピング(Amazon)
  • 無料ブログ(サイバーエージェントのアメブロ)
  • オンラインゲーム(DeNa)
  • 人工知能(たぶん、IBMとかの外資系はやってる)
  • ストリーミング配信(サイバーエージェントのAbemaTV)


といった分野です。

ほとんどは「アプリや、webブラウザを介してサービスを提供する」事業を行っている企業ですね。

※人工知能は、組込系(ロボット)のエンジニアのなのでweb系ではありません。

トレンドやこれからの事業で成功。かっこいいIT企業のイメージがある

明るいイメージ

webサービスや、人工知能といった、トレンドや市場規模が大きくなりつつある分野の事業に手掛け、知名度を高めることに成功した企業はいい環境・待遇で働くことができると思います。

その結果として、

  • かっこいい
  • 先進的
  • デキる人ばかり

という、イメージが持たれてるし、大体は合っているのかなと思います。

webサービスや、人工知能系の企業に勤めている人は、サラリーマンというよりは、「ビジネスマン」と言った方が正確かです。

webサービスや人工知能の分野は一見、かっこよく見えるけど…

争いのあるシビアな世界

華やかに見える企業の裏側は、

  • 成果に対して非常にシビア・競争が激しい
  • デキる人が優遇される(デキる人しか優遇されない)
  • 下手したら、まったく稼げずに撤退することもあり得る

とにかく、シビアな世界です。

管理人の主観ですが、これからの分野で稼ぐのは、すでに成熟した分野で稼ぐより夢はありますが大変です。

  • 0→100にする(Web系)
  • 50を維持し続ける(SIer、システムエンジニア)

どちらが大変か、言うまでもありません。

結果的に、

  • 残業時間が長くなったり
  • 思いのほか給料が少ない

ことも、起こりえるのではないのでしょうか。

IT企業がかっこいいか?についてまとめ:結局は企業次第

  • かっこいいイメージのあるIT企業
  • キツイとか言われてしまうIT企業

について説明しましたが、結局のところ会社次第なのかなと思います。

  • サラリーマン的なIT企業:普通のサラリーマンと大差なし
  • かっこいいIT企業:Webサービスや人工知能系などの、市場が未成熟な分野のIT企業

両者ではそもそも、求められるものが違います。

  • 前者:「最新技術を用いた開発や広告を行う」
  • 後者:「確実に動くシステムを期限までに作る」

IT業界といっても様々。

「あなたはどちらがのエンジニアがいいですか?」について、しっかり考えてください。

システムエンジニアになるなら、心構えについて書いた記事も、ぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました