SEフリーランスエンジニア

フリーランスエンジニアの時給単価の相場はいくら?年収1000万円は可能?

どうも!ひよこSE(@PiyoOct)です。

フリーランスエンジニアの単価はいくらなの?

ざっくりと結論
  • 【プロジェクトマネージャークラス】5,000円~(?)
    ⇒年収1,000万円目指すならここ
  • 【設計や要件をまとめられるSE】4,000円~4,500円
  • 【PGとテストができるエンジニア】3,000~4,000円
  • 【運用保守とオペレーター】「わりと悲惨」とだけ

エンジニアをある程度続けて、特に20代後半くらいになってくると、フリーランスになりたいと一度は考えますよね!

ひよこSEは今は、会社員ですが、将来は・・・!

と考えることもあるし、何よりもフリーランスエンジニアの方と常に仕事しているので、そこら辺の事情はそれとなく知っています(´▽`*)。

そもそも契約形態が

  • 請負契約:モノが完成したら支払われる契約
  • 準委任契約:働いた分だけ支払われる契約

のどちらかによりますが、3,000円~4,500円/時間が、フリーランスエンジニアの単価の目安ですね!

んじゃ、フリーランスエンジニアは1000万円は稼げるの?

1000万円稼げるかは完全にスキル次第だけど、マネージャークラスじゃないと厳しい!

※この記事は、2〜3年以上はエンジニアの経験があって設計くらいはできる。ぼんやりとフリーを考えている人向けの記事です。未経験の人にはちょいと難しめの話もします。

フリーランスエンジニアの単価の相場は3,000円~4,500円/時間

フリーランスエンジニアの単価の相場について、基本的には「会社員時代と大差なし」です。

会社員時代と大差ない。スキル次第

フリーランスの単価

ひよこSEの今いるプロジェクトに、フリーランスの人が3人いますが・・・。

会社員のひよこSEと同じか、年齢とスキルの分だけひよこSEより高い感じの額です。

・・・それとなく聞いたら、少しだけ教えてもらえちゃいました(´▽`*)。

具体的な金額については、守秘義務があるので言えないです!

すみません!

教えてもらったことを元に書くと、フリーランスの単価はいくらかと聞かれれば、下記の通り。

会社員時代の単価≒フリーランスの単価⇒ふつうにしていれば、3,000円~4,500円

会社員エンジニアの単価は3,000円以上はある

んじゃ、会社員エンジニアの単価はいくら?

「単価は、X,XXX円!」と書きたいところですが、会社員という身なので。

具体的な額を書いてしまうと・・・ごめんなさいm(_ _)m

この記事を書いたときで4年目システムエンジニア(SE)の、ひよこSEのスキルは下記の通り。

  • プログラムとテストは結構やった
  • 設計も簡単な機能ならやった
  • 見積りもたまにやる

これで時給換算で3,000円台に乗らなかったら、正直泣く」とだけ。(*´ω`*)

いくらかは、ごめんなさい!

  • 給料から逆算して予想してみたり
  • 同じプロジェクトの先輩に聞くなり
  • 管理簿のようなものを見るなり

・・・というより、ご自身の単価や稼いでいる額は、お勤めの会社の何かを見れば、わかるはずなので確認してみてください!

時給換算で3,000円以下の単価なら、未経験かテスターレベル

もし、時給換算で3,000円以下の単価でフリーランスになろうとするのは、正直早いです。

短期のテスター要因ならありえるかも。

う~ん。3,000円か。テスターか、運用保守がメインかな。フリーランスでなく、会社員の方がいいです。

フリーランスエンジニアになれば、稼いだ単価×時間だけ全部もらえる

フリーランスエンジニアになると、何がいいかというと「稼いだ分だけ全部もらえる」こと。

これが最大のメリットです。

稼いだ額の何割かは会社が持っていく

エンジニアに限った話ではないですが、基本的には営業だろうと技術系だろうと「売上げに貢献しても全部が給料としてもらえるわけではない」ですよね。

会社が何割か持ってって、さらに年金や税金とかが天引き。

残りが給料として支給されます。

フリーランスエンジニアになれば、見た目の年収は上がる

フリーランスエンジニアになれば、理屈の上では「会社が何割か持ってって」というのがなくなるので、見た目のお給料はめちゃくちゃ増えます

早い話、まるっと自分の懐に入ってくるってわけだ!

単価3,000円(会社員であれば、ご自身の現在の単価に置き換えてね)で1日8時間労働。

1か月20日働くと仮定してそれを1年(12か月)続けるので年収(年商)は・・・。

3000×8×20×12=576万円が丸ごと!

単純計算で、単価が3,646円であれば年収700万円です。

ただし、会社という後ろ盾がなくなる

え?フリーランスエンジニアの単価の相場が時給3,000~4000円。

丸ごともらえるなら、フリーランスになっちゃえよ!

と思った人。というよりこの記事を読む前から、すでにそう考えている人もいるかもしれません。

少し考えてみてください。

現職のエンジニアの仕事の対価として頂いている単価は、あくまでも「会社の営業力」があって、稼ぐことができています。

少し古いドラマですが、「恋のチカラ」というドラマがたまたま再放送されていて。

広告代理店を辞めた主人公(貫井さん、俳優は堤真一さん)が、「会社という後ろ盾」がなくなって、案件の獲得に苦労しているシーンがありましたね〜。

なので、「安定して」というのはなくなります!

スキルと人脈が命!

「人脈」をすでに持っているのがフリーランスエンジニアのエージェント。なので、エージェントに登録するというのは、合理的と言えるかと。登録するなら、大手二社です。

ただ、エージェント経由だとしても、「その人自身に人脈がある(例えば、面接の場で過去に仕事していたプロマネと再会するみたいな場合の)ほうが有利」と筆者は考えます。

ここら辺の話は、メリット・デメリットの話になるので「SEのフリーランスはあり?楽が目的ならやめとけ」をご覧ください。

フリーランスエンジニアが年収1,000万円を目指すのに必要な単価

フリーで1,000万円みたいな話もたまに聞く!単価はいくら必要なんだろう?

年収1,000万円は大台だし、まさに夢。フリーランスエンジニアをやってる感(?)があります。

「フリーでもらっている人はもらってる」みたいな話もどっかで見聞きしたことある人もいますよね!

ただ、甘くないです。かなりのスキルが必要かも。

正直、「設計できます」だと、まだまだ厳しい印象!

最低でも5,200円は必要

1000万円稼ぐ

年収1,000万円を目指すには、

  • 働いて時間数を稼ぐ
  • 単価を高める
  • そのために色んなポジションを経験する

いずれか、あるいは複数の戦略が必要があります。

個人的にはコスパよく(?)働きたい。

ということで、「1日8時間・1か月20日を1年」を固定とすると、

10,000,000=(単価)×8×20×12=単価×1,920
(単価)=5,208.33333・・・円

年収1,000万円を達成するには最低でも、5,208円は必要な計算です。

プロジェクトの重要な位置の人間でないとたぶん無理

5,200円は、結構大きな額。これは責任が重そうです。

プロジェクトマネージャー。

最低でもリーダークラスは経験してないと無理なレベル!

というのが率直な感想です。

う~ん・・・すぐに1,000万円は厳しそう!

「1,000万円」にこだわりがあるなら、それなりの努力と運の両方が必要ですね(*´ω`)。

フリーランスエンジニアの時間単価の相場についてまとめ

ざっくりと結論
  • 【プロジェクトマネージャークラス】5,000円~(?)
    ⇒年収1,000万円目指すならここ
  • 【設計や要件をまとめられるSE】4,000円~4,500円
  • 【PGとテストができるエンジニア】3,000~4,000円
  • 【運用保守とオペレーター】「わりと悲惨」とだけ

フリーランスエンジニアの単価についてはこんなところです。

多くの人は、年収500~800万円くらいに落ち着く感じだと思います!

とにかく、いろんな経験を積むように。人脈とスキルを身に付けないとですね!

個人的には、要件定義は最低経験するのと、お世話になったプロマネが複数人できるまでは、会社員のまま。しっかり準備したまま、フリーランスエンジニアは考えてみたいと思うのでした。

【有名どころのエージェント】【年収800万】フリーランスエンジニア向けのエージェントは2つ

「人脈」をすでに持っているのがフリーランスエンジニアのエージェント。なので、エージェントに登録するというのは、合理的と言えるかと。登録するなら、大手二社です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました