SE 仕事内容とキャリア

SEの仕事がつまらないなら、原因分析・改善・異動・副業・転職・フリーランスの順番に解決を目指す

システムエンジニア(SE)の仕事ってつまらない

って思っている人は、結構多いです。

管理人は、開発・運用保守の両方を経験。SEの友人も、口グセのように言っています。

開発のSEの方であれば、つまらない原因は、4つ。

  1. スケジュールがタイトだから
  2. 設計書の修正みたいな、時間を食う作業が多いから
  3. 定時後に会議するみたいな、なぞの無駄が多いから
  4. PGは基本的に、コピペで済む(ように思える)から

運用保守のSEの方であれば、つまらない原因は、4つ。

  1. 障害や問い合わせ対応がなければヒマだから
  2. 定例作業は手順化されていて単純作業だから
  3. 作業よりも申請書類のほうが時間かかるから
  4. 少し出世すると、休日でも呼び出されるから

解決策としては、5つの段階を踏みながら考えていきましょう。

  1. 改善【まずはここ】
  2. 異動
  3. 副業
  4. 転職
  5. フリーランス

今回は、SEの仕事がつまらないと感じている人向けに、原因と解決策を一緒に考えていけたらと思います。

スポンサーリンク

開発のSEの仕事がつまらない原因は4つ

開発のSEの仕事がつまらない

開発のSEの仕事が、つまらない原因は4つあります。

  1. スケジュールがタイトだから
  2. 設計書の修正みたいな、時間を食う作業が多いから
  3. 定時後に会議するみたいな、なぞの無駄が多いから
  4. PGは基本的に、コピペで済む(ように思える)から

「スケジュールギリギリだし、無駄な作業・会議多いし、PGはコピペだからおもしろくないし、、、あぁぁぁぁもぅ!」

みたいな感じで、ちょっとした事の積み重ねなんですよね。

1.スケジュールがタイトだから。つまらないと感じるトリガーに

開発SEで最も多いのが、スケジュールがタイトな点。

設計~テスト完了までをどうやって1週間で終わらせるの?

みたいな「どう考えても無理だろ」的なことが、たまにあります。

残業地獄の始まり。管理人も経験していますが、よくわかんなくなります

まぁ、仕事がつまらないというより、単に大変なだけなのかもしれません。

ただ、他の要因とあわせて、負の感情が徐々に高まるトリガーになるのは間違いなしです。

2.設計書の修正みたいな、時間を食う作業が多いからつまらない

設計書は、SEにとって命。システム開発においては必須です。

必要性はわかるのですが、作成後のメンテナンス(手作業で修正)がとにかく面倒。

ただでさえ、PGとテストでスケジュールが一杯

さらには途中で仕様変更が来て、「設計からやり直します」みたいになると、もう面倒。

そんなこと、やってらんないよ!

という話になってきます。

・・・でも、やらないわけにはいかない作業なんですよねぇ。

3.定時後に会議するみたいな、なぞの作業が多いからつまらない

今から会議します~

会議が定時後だったら、がっくり来ませんか?

そしてこの手の会議の結果でありがちなのが、管理ドキュメント類の追加。

  • レビュー結果の記録
  • テストで発生した障害の記録
  • ステップ数をはかる作業

本来の仕事以外にやることをドンドン増やしてくれます。

設計とコーディングに集中させてくれ!

定時後の会議でムダな作業が発生すると、萎(な)えるし、つまらない。

4.PGは基本的に、コピペで済む(ように思える)からつまらない

ソースをコピるだけだからつまらない・・・

というのは、気持ちとしてはすごくわかります。

でも、これは違います。

単純に、自分のPGレベルが上がったんです。

研修時代を思い出してみてください。

  • そもそもの文法。ループとか何やねん。
  • 実行時エラー。なんとかExceptionって何!?
  • デバッグのやり方。エラーの原因探し

すべてにおいて、わかんなかったですよね(´▽`*)。

コーディングという作業の難易度そのものは、そのまま

自分がレベルアップして、ドラキーレベルの弱い魔物なら一撃で退治できるみたいに、正しいコピペが一撃でできるようになりました。

ためしに今、新人研修の課題を再度取り組んでみてください。絶対、余裕です。

それを繰り返していて、もっと難しいことができる段階にあるから、「つまらない」と思えるのかもしれません。

運用保守のSEの仕事がつまらない原因は4つ

運用保守のSEの仕事がつまらない

運用保守のSEの仕事が、つまらない原因は4つあります。

  1. 障害や問い合わせ対応がなければヒマだから
  2. 定例作業は手順化されていて単純作業だから
  3. 作業よりも申請書類のほうが時間かかるから
  4. 少し出世すると、休日でも呼び出されるから

基本的には、何もなければヒマなのが根本にあります。

1.障害や問い合わせ対応がなければヒマだからつまらない

運用保守SEの最大のメリットにして、デメリットは、ヒマであること。

とにかく、ひまだぁぁっ

障害対応や急な問い合わせで、夜が遅くなることも年に数回ありますが、稀(まれ)。

開発のころと比べて定時帰りが増えたという点は、うれしいんだけど複雑な気分です。

2.定例作業は手順化されていて単純作業だからつまらない

運用保守で、一番多いのが定例作業

定例作業とは、お客様から、

これ、やっといてください

と依頼があったら、行う作業です。例えば、

  • IFファイルを所定のフォルダに格納する
  • データの登録・補正依頼

などなど。

しかし、やり方はすでに確立されているので、手順に沿って実行すれば作業完了。

似たような単純作業が多いのでつまらなく感じるかもですね。

3.作業よりも申請書類のほうが時間かかるからつまらない

個人的に一番面倒なのが、作業よりも申請書類のほうが時間かかること。

定例作業の「IFファイルを所定のフォルダに格納する」を例に説明しましょう。

「IFファイルを所定のフォルダに格納する」作業、普通に考えたら一瞬で終わりますよね?

しかし、本番環境に接続するため申請、承認待ちの時間、作業報告書、エビデンスの提出・・・。

作業は一瞬だけど、1~2時間かかる

システム監査があるので、大事っちゃ大事なのはわかるのですが、わりと変なことをやっている気分になります。

4.少し出世すると、休日でも呼び出されるからつまらない

運用保守SEは、ヒマだといいましたが、管理職は別の意味で大変。

お休みの時だろうと、なにか問題が発生すれば即、呼び出しです。

なんかおかしいんだけど!すぐに来て!!!

というのだけは、早いんですよねぇ。

これを書いている管理人も、数年後はきっと。。。

と思うと、つまらなく感じてしまうわけなのです。(笑)

SEの仕事がつまらない場合は、改善・異動・副業・転職・フリーランスの順で解決

SEの仕事がつまらない場合の解決方法

SEの仕事がつまらない場合は、次の5段階の考え方で解決しましょう。

  1. 改善【まずはここ】
  2. 異動
  3. 副業
  4. 転職
  5. フリーランス

改善提案はどんどん出して、それでもだめなら異動みたいな感じで、段階を踏んで考えていきます。

1.SEの仕事は改善が命。常に意識してSEとしても成長できる

SEの仕事は、改善が命です。

将来的には、開発側ではなく案件を獲得する側に回るので、考え方を変えてみましょう。

この作業の優先順位は?
本当に必要な作業なの?

自動化はできないのか?

常に、「なぜそうなのか?」、「どうすれば効率化できるか?」を意識しましょう。

開発とか運用保守とか関係なしに、

  • 「○○して、××だと二度手間です。△△でもいいですか?」
  • 「作業Aと作業Bは、どちらが優先度高めですか?」

みたいなことが言えるようにならないと、SEとして今後が厳しいですよ。

現状に文句を言うだけなら、誰にでもできます。

特に、運用保守だったら、自動化・手順化できる作業は、たくさんあるはずですよ。

【補足】SEのつまらなさは、時間が解決することもある

補足になりますが、個人的に一番多いと思うのが時間が解決するパターン。

  • 激務
  • 仕事内容
  • 単純に下っ端

みたいなやつは、実は次のプロジェクトでは改善されたりするかもしれません。

2.改善してもつまらない場合は異動を考える

例えばですが、2つの場合。

  • 改善提案を出し尽くした
  • これまでのプロジェクトすべてがつまらなかった

改善提案や、時間で解決するわけではなさそうなときは、異動を考えます。

自社に申し出て、

  • 開発SE⇒運用保守SE
  • 運用保守SE⇒開発SE

のようにSEとしてのキャリアの鞍替えをするのもありだと思います。

3.副業でつまらないと感じるエネルギーを変換するのもあり

本業のSEの仕事がつまらないなら、副業をがんばるのも一つの手。

管理人は、ブログが書きたくて定時退社を目指しています!

他にも、ココナラという趣味と得意をいかして収入を手にするのも手軽。

副業については別の記事でまとめているので、ぜひ読んでくださいね。

4.改善提案や異動でもつまらない場合は、転職を検討する

改善提案、異動願いもして、問題が解決しなかったらそこで初めて転職を検討します。

もう、この会社は嫌だ!

と言って、転職するのはいいのですが、「転職しても、本当に問題が解決するとは限らない」という問題点があります。

というのも、SEの業務は、プロジェクトによってつまらない云々が決まります。

転職した会社で新たに配属されるプロジェクトが面白いとは限りません

管理人が検討するとすれば、次の3つのことは必ず意識して転職を決めます。

  • 同じ「つまらない」でも、給料が高くなればいいか?
  • 上流工程を担当する会社に転職したいのか?
  • それとも思い切って、web系やベンチャーに行きたいか?

転職エージェントには、非常識な担当者もいる。迷っているなら転職サイト

一つだけ、体験談を。

管理人は、2社転職エージェントに登録していた時期がありました。(D●●A、ワーク●●ト)

その時に、信じられないと思ったのが、「仕事中(それも昼の3時くらい)に電話してくる担当者がいた」こと。

周りに不審がられるし、やめてほしいんだけど、、、

ってなりました。

まぁ、エージェント云々よりも、担当者によるのでしょうけど、休憩の時間も伝えていたし、その時間以外で事前アポもなしに連絡するのは非常識

まだ決めていたわけでなく、転職を迷っていた時期なので、「この中の求人からとっとと決めろ」と言われている気分になりました。

明確に、「転職する!」と決めてるならエージェントでもよしですが、この記事を読んでいる方は、まだ迷っている段階だと思います。

個人的にはリクナビNEXT・ミイダスのような気長に活動ができる転職サイトに登録してみて様子見がいいと思います。

スカウトをもらった会社の口コミチェックも必須です。

5.誰にも負けない経験、スキルがあるならフリーランスでつまらないのを打破

フリーランスは、実力主義の世界。

誰にも負けない経験、スキルがあるなら年収アップ間違いなしだし、仕事も選べると思います。

メリット、デメリットについては別の記事でまとめているので、迷っている方はぜひ読んでくださいね。

SEの仕事がつまらない原因と、解決策のまとめ

開発SEの仕事がつまらない原因は、4つ。

  1. スケジュールがタイトだから
  2. 設計書の修正みたいな、時間を食う作業が多いから
  3. 定時後に会議するみたいな、なぞの無駄が多いから
  4. PGは基本的に、コピペで済む(ように思える)から

運法保守SEの仕事がつまらない原因は、4つ。

  1. 障害や問い合わせ対応がなければヒマだから
  2. 定例作業は手順化されていて単純作業だから
  3. 作業よりも申請書類のほうが時間かかるから
  4. 少し出世すると、休日でも呼び出されるから

解決策は、5つの段階。

  1. 改善【まずはここ】
  2. 異動
  3. 副業
  4. 転職
  5. フリーランス

まずは、今いるプロジェクトで改善提案をどんどん出していきましょう(時間が解決する場合も)。

それでもだめなら、部署異動(開発⇔運用保守)を考えます。

管理人のように、副業を楽しみに定時で帰れるように仕事を頑張るのもあり。

転職は、本当に問題が解決するか限らないので、なにを改善したいかを必ず意識。迷っている段階であれば、まずは転職サイトです。

SEがつまらない問題が解決できて、最善の選択ができることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました