SESEのキャリア

SEがつまらないのはなぜ?全6ステップで解決を目指す【改善がカギ】

どうも!ひよこSE(@PiyoOct)です。

システムエンジニア(SE)の仕事ってつまらない

って思っている人は、結構多いです。

ひよこSEは、開発・運用保守の両方を経験。SEの友人も、口グセのように言っています(苦笑)。

「つまんないよね・・・。う~ん。まっいっか!」

みたいな、とりとめのない感じになりますよね!

仕事がつまらないと感じている人向けに、同じSEとして解決策を一緒に考えていけたらと思います。

※少し長めの記事なので、目次をみて必要な箇所を拾い読みしてくださいましm(__)m。

スポンサーリンク

SEの仕事がつまらないのはなぜ?6ステップで解決をめざす!

SEの仕事がつまらないと感じたら、6ステップで解決をめざしましょう。

その6ステップって?

  1. 原因分析【重要】
  2. 改善【まずはここ】
  3. 異動
  4. 副業
  5. 転職
  6. フリーランス

ひとまずは、原因分析から!

まずは「どうしてつまらないのか」を掘り下げないことには、話が始まりません。

SEといっても、開発・運用保守でつまらないと感じる原因は、違うので、説明していきます。

【その1-1】開発のSEの仕事がつまらない原因は4つ

開発のSEの仕事がつまらない

開発のSEの仕事が、つまらない原因は4つあります。

  1. スケジュールがタイトだから
  2. 設計書の修正みたいな、時間を食う作業が多いから
  3. 定時後に会議するみたいな、なぞの無駄が多いから
  4. PGはコピペで済む(ように思える)から

スケジュールギリギリだし、無駄な作業・会議多いし、PGはコピペだからおもしろくないし、、、あぁぁぁぁもぅ!

みたいな感じで、ちょっとした事の積み重ねなんですよね。

1.スケジュールがタイトだから

開発SEで最も多いのが、スケジュールがタイトな点。

設計~テスト完了までをどうやって1週間で終わらせるの?

みたいな「どう考えても無理だろ」的なことが、たまにあります。

残業地獄の始まり

ひよこSEも経験していますが、よくわかんなくなります

仕事がつまらないというより、単に大変なだけなのかもしれません。

残業は、負の感情が徐々に高まるトリガーになるのは間違いなしです。

2.設計書の修正みたいな、時間を食う作業が多いから

設計書は、SEにとって命。システム開発においては必須です。

必要性はわかるのですが、作成後のメンテナンスがとにかく面倒。

ただでさえ、PGとテストでスケジュールが一杯。

印刷レイアウトを整えたり、pdfにしたり、そんなこと、やってらんないよ!

・・・でも、納品物である以上は、やらないわけにはいかない作業なんですよねぇ(´▽`*)。

3.定時後に会議するみたいな、なぞの作業が多いから

今から会議します~

え・・・?

・・・会議が定時後だったら、がっくり来ませんか?

そしてこの手の会議の結果でありがちなのが、管理ドキュメント類の追加

  1. レビュー結果の記録
  2. テストで発生した障害の記録
  3. ステップ数をはかる作業

本来の仕事以外にやることをドンドン増やしてくれます(泣けてくる、ほんと)。

設計とコーディングに集中させてくれ!

そもそもが定時後の会議だし、ムダな作業が増えると、萎(な)えるし、つまらない・・・。

4.PGはコピペで済む(ように思える)から

ソースをコピるだけだからつまらない・・・

というのは、気持ちとしてはすごくわかります。

でも・・・。

これは違います。

単純に、自分のPGレベルが上がったんです。

研修時代を思い出してみてください。

  • そもそもの文法。ループとか何やねん。
  • 実行時エラー。なんとかExceptionって何!?
  • デバッグのやり方。エラーの原因探し

すべてにおいて、わかんなかったですよね(´▽`*)。

コーディングの難易度そのものは、そのまま

自分がレベルアップして、ドラキーレベルの弱い魔物なら一撃で退治できるみたいに。

正しいコピペ(参考にできる部分とできない部分の判断)が一撃でできるようになりました。

ためしに今、新人研修の課題を、再度取り組んでみたとしたら・・・。

絶対、余裕。つまりは、知らず知らずのうちにレベルアップしています。

【その1-2】運用保守のSEの仕事がつまらない原因は4つ

運用保守のSEの仕事がつまらない

運用保守のSEの仕事が、つまらない原因は4つあります。

  1. 障害や問い合わせ対応がなければヒマだから
  2. 定例作業は手順化されていて単純作業だから
  3. 作業よりも申請書類のほうが時間かかるから
  4. 少し出世すると、休日でも呼び出されるから

基本的には、何もなければヒマなのが根本にあります。

1.障害や問い合わせ対応がなければヒマだから

運用保守SEの最大のメリットかつ、最大のデメリットは、ヒマであること。

とにかく、ひまだぁぁっ

障害対応や急な問い合わせで、夜が遅くなることも年に数回ありますが、稀(まれ)。

開発のころと比べて定時帰りが増えたという点は、うれしいんだけど複雑な気分です。

2.定例作業は手順化されていて単純作業だから

運用保守で、一番多いのが定例作業

定例作業とは、お客様から、

これ、やっといてください

と依頼があったら、行う作業です。例えば、

  1. IFファイルを所定のフォルダに格納する
  2. 本番環境のDBへの補正依頼

などなど。

しかし、やり方はすでに確立されているので、手順に沿って実行すれば作業完了。

似たような単純作業が多いのでつまらなく感じるかもですね。

3.作業よりも申請書類のほうが時間かかるから

個人的に一番面倒なのが、作業よりも申請書類のほうが時間かかること。

定例作業の「IFファイルを所定のフォルダに格納する」をイメージしてください。

※IFは、念のために言っておくと、interfaceの略で、他システム連携につかったりするやつ。

「IFファイルを所定のフォルダに格納する」作業って。

普通に考えたら一瞬で終わりますよね?

しかし、本番環境に接続するため申請、承認待ちの時間、作業報告書、エビデンスの提出・・・。

作業は一瞬だけど、1~2時間かかる・・・

システム監査があるので、大事っちゃ大事なのはわかるのですが、わりと変なことをやっている気分になります。

4.少し出世すると、休日でも呼び出されるから

運用保守SEは、ヒマだといいましたが、管理職は別の意味で大変。

お休みの時だろうと、なにか問題が発生すれば即、呼び出しです。

なんかおかしいんだけど!すぐ直して!

というのだけは、早いんですよねぇ。

これを書いているひよこSEも、数年後はきっと。。。

と思うと、つまらなく感じてしまうわけなのです。(笑)

【その1-番外】システム監査の仕事がつまらない

番外的な話として、システム監査のお仕事について簡単に書きます。

  1. 申請書とか納品書などの書類のやりとりが適切か?
  2. レビューや品質評価が適切に行われたか?
  3. 余計なデータのやりとりがされていないか?

これらのチェックは、地味だけど重要なお仕事!

「正しくて当たり前」なので、感謝されないし、地味ですよね(´▽`*)。

システム監査とはどんなお仕事?地味でつまらないけど重要なことやってる」にも書いていますが、もし監査がなければ、開発や運用保守についてルールなしの無法地帯になりかねません。

開発SEと比較したら、クリエイティブとはいいがたいですが、正義感をもって、割り切ってやるしかないかなぁと思います。

【その2】改善は積極的に

改善提案はどんどん出してみましょう!

1.SEの仕事は改善が命。常に意識してSEとしても成長できる

・・・というのも、SEの仕事は、改善が命です。

将来的には、開発側ではなく案件を獲得する側に回るので、単に言われた作業をするだけでなく、考え方を変えてみましょう。

この作業の優先順位は?
本当に必要な作業なの?

自動化はできないのか?

みたいなことが言えて、解決する側として手を挙げるようになるべし。

現状に文句を言うだけなら、誰にでもできます・・・。もっと改善できるところはどんどん提案して、SEとしても成長していかないと!

【その3】改善してもダメなら、異動を考える

例えばですが、2つの場合。

  1. 改善提案を出し尽くした
  2. それでもつまらんもんは、つまらん

改善提案するだけじゃ解決しそうになければ、異動を考えます。

自社に申し出て、

  • 開発SE⇒運用保守SE
  • 運用保守SE⇒開発SE

のようにSEとしてのキャリアの鞍替えをするのもありだと思います。

【その4】副業をがんばるのもあり

本業のSEの仕事がつまらないなら、副業をがんばるのも一つの手。

ひよこSEは、ブログが書きたくて定時退社を目指しています!

仕事を終わらせるために、どんどん提案はする!

つまらないってことは、きっとヒマ・・・ですよね。

SEにおすすめの副業は3つ。休日に1万円稼ぐ方法を現役SEが解説」という記事でも書いていますが、ココナラという、プライベートの趣味と得意をいかして収入を手にするのもあり。

SEのスキルを活かすなら、クラウドテックみたいなところでガッツリ稼ぐのもあり。

どちらも、CMでもちょくちょく見かけるし、会員登録は無料です。

あ、ブログを始めるなら「【ロリポップ】WordPressを使ったブログの始め方を初心者に解説。開設から10記事まで!」という記事を見てくださいまし。戦いましょう(´▽`*)。

【その5】色々やってもつまらない場合は、転職を検討する

ここまでで、問題が解決しなかったらそこで初めて転職を検討します。

転職するなら、何を解決したいのかを明確に!

もう、この会社は嫌だ!

と言って、転職するのはいいのですが、「転職しても、本当に問題が解決するとは限らない」という問題点があります。

というのも、SEの業務は、プロジェクトによってつまらない云々が決まります。

ひよこSEが検討するとすれば、次の3つのことは必ず意識して転職を決めます。

  1. 同じ「つまらない」でも、給料が高くなればいいか?
  2. 上流工程を担当する会社に転職したいのか?
  3. それとも思い切って、web系やベンチャーに行きたいか?

【体験談】転職エージェントには、非常識な担当者もいる。

一つだけ、体験談を。

転職エージェントに2社登録していた時期がありました。

(D●●A・ワーク●●トの2つ。むしろ転職せずに、現職にとどまる結果に・・・苦笑)

その時に、信じられないと思ったのが。

仕事中(昼の3時くらい)に電話してくる担当者がいたこと。

えっ?そんな担当者いるの?

周りに不審がられるし、やめてほしいんだけどって、思っちゃいましたね。

まぁ、エージェント云々よりも、担当者によるのでしょうけど、休憩の時間も伝えていたし、その時間以外で事前アポもなしに連絡は非常識

まだ、転職すると決めていなかったので、

この中の求人からとっとと決めろ!

と言われている気分になりました。

転職する気がそれほどないなら、転職サイトでじっくり求人を眺める

転職する!

と、はっきり決めてるならエージェントでもいいのですが・・・。

この記事を読んでいる方は、「なんとなく、つまらん」と不満があるだけで、転職するかなんて、まったく決めていないと思います。

個人的には、オファー型のMIIDAS(ミイダス)だったり、リクナビネクストで登録して放置。

転職「サイト」なので、メール(特に、エージェントからのオファーがバンバン来る)のがうざいだけで、電話は基本的にかかってこないです!

「いい求人があったら応募しようかな~」くらいのスタンスで十分だと思っています(*´ω`)。

【その6】スキルがあるならフリーランスも選択肢の一つ

フリーランスは、実力主義の世界。

誰にも負けない経験、スキルがあるなら年収アップ間違いなしだし、仕事も選べると思います。

イメージとしては、ER図が書けるとか、システム方式(OSを選んだりDB構成だったり)の設計ができるくらい。最低でも、基本設計(外部設計)くらいはできたほうが良きかと。

【年収800万】フリーランスのSEにおすすめのエージェントは2つ。単価が命」で書いていますが、スキルさえあれば高年収(正確に言えば年商)が狙えるので、単純に今の仕事が物足りないなら、ありですね。

SEの仕事がつまらない原因と、解決策についてまとめ

SEの仕事がつまらない原因と、解決策についてまとめると、次の6ステップです。

  1. 原因分析【重要】
  2. 改善【まずはここ】
  3. 異動
  4. 副業
  5. 転職
  6. フリーランス

まずは、原因分析が重要!開発、運用保守によっても違う!

開発SEの仕事がつまらない原因は、4つ。

  1. スケジュールがタイトだから
  2. 設計書の修正みたいな、時間を食う作業が多いから
  3. 定時後に会議するみたいな、なぞの無駄が多いから
  4. PGは基本的に、コピペで済む(ように思える)から

本当に一言でいうなら、仕事には慣れてきたけど作業量多くてつまらない!

運法保守SEの仕事がつまらない原因は、4つ。

  1. 障害や問い合わせ対応がなければヒマだから
  2. 定例作業は手順化されていて単純作業だから
  3. 作業よりも申請書類のほうが時間かかるから
  4. 少し出世すると、休日でも呼び出されるから

原因分析をしたら、今いるプロジェクトで改善提案をどんどん出していきましょう!

それでもだめなら、部署異動(開発⇔運用保守)を考えます。

ひよこSEのように、副業を楽しみに定時で帰れるように仕事を頑張るのもあり。

改善提案を出しつつ「うまいこと乗り切ろう」としか言えないですが・・・。

この記事が、少しでも助けになれば幸いです。

スポンサーリンク

▼この記事がいいと思ったら、下の画像をクリックしてくれたら励みになります!

にほんブログ村 IT技術ブログ システムエンジニアへ
スポンサーリンク
ひよこSEのつぶやきブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました